もしかして発達グレー研究所~凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

木下優樹菜さんとブレインクリニックQEEG検査からの発達障害グレーゾーンへのTMS療法効果とデメリットは〜HSP,HSCのための精神科医療?何を期待してるの?

木下優樹菜さんがADHD診断を受けに行ったクリニックってどんなところ?

芸能人の木下優樹菜さんがADHD?

ご自身によるYou Tubeでの発表後、メディアに取り上げられ話題です。何件かお問い合わせ頂いてます。

木下優樹菜さんはQEEG検査を受けたそうですが、本当にADHDなのですか?
検査を受けたとされるブレインクリニックはどんなクリニックなのですか?
TMS治療で、発達障害の治療ができるんですか?
 
…とかね。こちとらただのおばちゃんだからなんにも知らないよ!知らないからね!全部フィクションよ!放言書き散らかしますね。
暇な方だけついといで!行ったことある方は情報下さったら情報量に応じておばちゃんトークカウンセリング1時間以上無料!

QEEGって何?TMS療法って何?ブレインクリニックは本当に悪徳なの?!当所の顧問弁護士にも相談し、訴訟ギリギリを攻めていきます!

QEEG診断は胡散臭い?

  
木下優樹菜さんが受けてYou Tubeで画像を示していたのは、QEEG検査という手法です。
Quantitative:定量的
Electroencephalography:脳波
直訳すると定量的脳波検査。脳波を測って、客観的な違いを見出そうというもの。

ブレインクリニックは悪徳悪徳と言われています。

twitter.com
twitter.com
今ホームページを確認しますと、ところどころ絶妙に誠実な書き方に変わってます。
具体的には、QEEG検査について、診断の【補助】に使っている旨が明記されてます(前はなかったよーな…ま、おばちゃんだから忘れたんだと思うわ、あ、わざわざ見に行くなよ!炎上であっても検索順位は上がるよ。まあちゃんと納税してるクリニックなら、儲かるのは経済が回るわけだし目くじら立てなくていいかもだけど、そんなヒマならうちのブログ読んでよね!)。


QEEG検査だけだと全額自費。15000円弱。初診料3300円。これを高いと思うなら去れ、という強い意志を感じるね。
医療脱毛クリニック初回格安のレジーナみたいにしたらもっと客から金引っ張れるのに。案外良心的?と思ったら別にそこに良心も悪意もないようだ。無料だからと来る客はクレーマー率がめちゃくちゃ高く、職員の離職が深刻だかららしい。あーなるほど、わかるわかる。


脳波をとり、サーモグラフィみたいに鮮やかな色分け。偏りが直感的に見える化され、自分を理解したような気になれる…という触れ込みだ。他者にアピールするのに使えそうと思う人はいるだろうね。

しかし、これをもって発達障害を診断可能とする医学的共通認識はぶっちゃけないんだよね今のところ。だから自費なんす。

え、でもフツーの人の脳として示されるものと明らかに違いますよ、って?あのねぇ、そもそも比較対象が、アイドル級に整った脳のなんだわさ。

広瀬すずちゃんや永野芽郁ちゃんとおばちゃんの顔比べたら全然違いますわよ?でも、違うからって「異常」と言わないでしょ?…言わないでよぉ。

カスタマーが求めているのは占いではなく診断なはずなので、論点は、正常との線引きはどうなってるのかってところなはず。
だが、線引きあまりしない。その日のバイト医師によってはできないわけじゃないと思うけど、方向性が違うからねーだからこその自費なわけで。薬物療法しない場合は線引き不要論者のおばちゃんと変わらない。

ADHD疑って、大都心のキラキラクリニック行って、ヴァンクリとジョーマローン纏った美魔女医さんや見た目強い医師によって拍子抜けするほど簡単な問診を受け、若い女性スタッフに頭預けて、変な…いや、殊更な電極付けられてみ?

私だったら安静なんて無理。交感神経優位にバーンと傾いて、脳は過活動、変な汗かくに決まってる。

別に問題なんもない人でも、訪れたらグレーゾーンと名付けられる可能性はけっこうある。薬物療法でない自費診療に誘われるかもね。
そもそもこんだけ多くの精神科始め医師たちが注意喚起し、それを誹謗中傷だとして裁判沙汰になっているような自費診療の発達クリニック行く時点で、おばちゃん判定では多動だね。それか、考えすぎのASD、既存の概念を信用できないASD。


おばちゃんの素人意見だけど、QEEG検査自体がてんで嘘っぱちでダメって思わない。ポテンシャルはある。まだまだ練れてないがね。
問診取るのが高級白衣クラシコ着た綺麗な女医さんと、おばちゃんみたいなほっこりマダムとで結果は同じなのか。広瀬アリスちゃんみたいな検査スタッフとおばちゃんスタッフとで結果は同じなのか。
全く同じ条件で無作為にやらないと、交絡因子を取り除けない気がする。

また、機械がね。普及するかねぇ。高いし、スタンダードになるとしても当分先。今、精神科専攻が大人気だけど、精神科になると何がいいって、設備投資が要らなくて開業しても高額借金背負わなくてよかったから医師家系でなくても一国一城の主になりやすかったという事情があるんだよね。メンタルクリニック文化圏に高い機械はあまり馴染まない。

だから、現状、発達障害の診断の基準となるような、たとえばDSM-4 DSM-5にはおりこまれていないし、それゆえに医療者の間でコンセンサスが取れていない。
多くの専門家たちの激怒原因は、この世界的基準から外れていてけしからん(本当に効くなら論文出して!)ということかと思います。まあ彼ら、科学アカデミア文化圏の正しさにこだわる民だからね。お気持ち文化圏やフロンティアはまた別の正義で動いてるわね。


おばちゃんも、所長も、激怒とかない。今では当たり前となっている医療も、始まりは、こういう貴重な人体実験…じゃなかった、人柱…じゃなかった、ええと、まあそういう風当たりの中で始まったケースあるし。

今後、環境とか電極取り付けお姉さんのバストの大きさなど、交絡因子の問題がクリアにできて、きちんと論文にできたら、診断の要となっていく可能性は、ないわけではない気がする。

QEEG検査やTMS治療 TMS療法そのものは、発展途上ではある。けど騙していなければ詐欺ではないし、それを言うなら美容皮膚科も美容形成もホストクラブもアウトになるというのがおばちゃんの認識。自分の金で何を買ったっていいじゃない、みつを。

ことさらに叩くのは、盲信するのと同じぐらい危ういというか、「今」しか見てないなと思う。


所長とおばちゃんそれぞれの知り合いは、筑波大で発達障害を客観診断できるようにと日夜研究してる。けどまだまだ。

おばちゃんも記事で、
「いつか非侵襲的な方法で脳の中でどんな物質がどんな挙動を示しているか客観的に見られるようになったら一気に進むんだけど、当分実用化は無理だろうね」
みたいなことを書いたことがある。この時おばちゃんが想定していたのは、脳内の分泌物の移動の様子をリアルタイムで見る方法であって、QEEGではないんだけど、QEEGでも、データが集まればそれなりの意味を持つようになるかもしれない。少なくとも今の診断方法は客観性の担保が難しすぎなのよね。

QEEGの結果のみをもって診断確定しているわけではないとしながら、グレーゾーン判定を多発しているクリニックは、ブレインクリニック以外にもたくさんありますし。ブレインクリニックばかり叩くのは筋違いだと思います。

QEEG検査なんてしょうもない検査に目くじら立てなくていいよ…デパート入り口にあるサーモグラフィーみたいなもんだよ(意味深)、15000円、駅前の個別指導行かせたらウトウトしてるうちに飛ぶ金額じゃん(おい)。

その先のほうがおばちゃんは気になる。

QEEGは撒き餌で詐欺?TMS治療(TMS療法)

保険診断名、保険病名、レセプト病名、といった保険診療と投薬が前提の病名は付けず、疑い病名的な、グレーゾーンという言葉を好む傾向があるクリニックはあります。
グレーゾーンという意味も曖昧なんだけど、この場合は薬は保険診療としては処方できないですよという意味かな。

発達障害は治らない!!!!!!!というパワーフレーズを真に受けてる人はたくさんいますが、グレーゾーンなので〜みなさん治られてますよ〜と優しいお姉さんに言われるとあーそうなんですね!わぁよかった!ってなるのも人のサガ。

そう、QEEGのあと、別室で、お姉さんの勧誘タイムがあるらしい!お薬無しでできる、最新の治療がありますよ!とね。

最新の治療というと聞こえはよいけど、この場合人柱要素もあるね。当然のように全額自費ね。夢は自費。言い値をふっかけ…じゃなかった、ハイコストですね。

金額は、処置回数にもよる。最初にたくさん契約したほうがかえって安く上がる設定。クリニックによるけど10-20万から60万前後くらいの契約すすめられ契約したケースがあるらすぃ。クレジットカード支払いも割賦もできます!ってね。

そんな高額でもその場で契約できちゃうんだね…ADHDかどうかはともかくそこにいる時点でまあまあ判断軽くてカモにしやすいのは間違いないんだし(おい)、ハンコとかで気持ち落ち着かせてからにしてほしすぎるんだが。
まぁADHDの経済効果は凄い。可処分所得の範囲でやっとくれよ。あと医療費控除は条件が合えば使えるみたいだね。

クーリングオフは可能なのか

ブレインクリニックについてはおばちゃん知らないけど、ブレインと言うのは表の看板で、経営サイドは美容クリニック経営のノウハウを用いているのが定説。
病院というよりは美容文化圏。つまり営業かけてなんぼです。武士は食わねど高楊枝の極み児童精神科とは世界線全く違う。

美容医療など自費診療のクリニックには裏社会の顔役がついているところがあって(羨ましい)、契約しなかったりクーリングオフしたりすると嫌がらせされるケースも過去にはあった。やっちゃだめなんだけど。裏社会には表の法律は通用しにくいのよ。
だから制度上クーリングオフがあっても、一筋縄で行かないケースもあるということ、頭の片隅に。


クーニングオフしたことないので間違ってたらごめんね、消費者庁のHPで確認してね。レジーナクリニックの脱毛とかの美容医療だと8日以内、5万以上、1ヶ月以上の契約期間なら店舗契約でもできるし、8日過ぎても残りを精算してもらう手続きが可能らしい。けど、自費TMSはもめてる例が出てくる。
最近の自費TMSは期間を短くして1ヶ月に満たないことが増えている。
そもそも代替医療はまあまあ争わないとクーリングオフ対象にならないなんて説もあり、ここには書けないので消費者センターとかに相談してね。*1


まあなんだ、頭に電極みたいなの付けて電荷流してみる的なことするわけじゃん。TMS治療の機械を使ってね。TMSとは、Transcranial Magnetic Stimulation経頭蓋磁気刺激のこと。
電磁誘導の法則を用いて、頭に置いたコイルから瞬間的に脳組織に電流を流す…と書いてあるものもあれば、コイルを通して磁場を作って、磁気で脳を刺激すると書いてあるものもあって、よーわからん。と思ったら機械が複数あるらしいな。もうええわ(脳みそバーン!)。

 
電流が流れてから脳組織が刺激される過程は

1コイルに電流が流れる
2コイル平面と垂直方向に磁場が生じ、頭蓋骨を透過する
3大脳皮質に渦電流が生じる(コイルを流れる電流と反対方向)
4渦電流が介在ニューロンを刺激する
5皮質脊髄ニューロンなどが刺激される

ブレインクリニックによると、TMSによって磁気刺激を与えますが、実際に神経細胞に影響を及ぼしているのは生体内で生じた渦電流だよ!流した電気がそのまま脳みそビリビリやってるわけじゃないよ!とかなんとか(ホームページ書いてる人もあまり詳しくわかってないなんてことはまさかないよな。あ、よくわかんないけど効くってのはあるのよ、アセトアミノフェンとかもそうだから批判じゃないよ!人体は不思議なんだよ)

この装置、日本の保険診療では、薬物治療が一切効かないうつ病にだけ、使われる。コレがTMS治療。 

だけど、結果出そうとすると、発達障害向けの自由診療とは出力が全然違う。脳の特定部位にピンポイントで影響与えるガチな電流流す。吐き気とか頭痛とか、ありとあらゆる脳絡みの副作用ヤバくて入院必須、続けられる人が貴重らしい。えええ…すごい興味ある…まあなぁ…電気使ったロボトミー手術みたいなもんか?

発達障害へのTMS療法は、自費。
保険診療認められてない、っていうかもともと申請もしてなさそう(偏見、だって勉強とか嫌いそうじゃんここの医師)。

仮に論理的には有効でも、こういう「お気持ち文化圏」のクリニックだパワーと頻度と回数が足りなそう。

ブレインクリニックさんのホームページによると、そんじょそこらの機械じゃなくて最新式のノーベルシータバーストだからうんたらかんたらで安いんだそうだ、うわースーパーウルトラパーフェクトアタックみたいでかっこいいね
(Θburstとは、日本で間欠的シータバースト刺激と言われているiTBS治療Intermittent Theta Burst Stimulationのこと)

ちなみに、保険医療で最新式ってのはエグいほどたくさんの治験やった上での最新式なんだが、自費診療の最新式は実験台という意味です。ここテストに出します!


副作用軽く済む程度の出力で、発達障害に効くかどうかって?
は?イワシの頭も信心からだよ?

おばちゃん、効く人がいないとは思わない。でも
「こんなに効いた」
って判断もQEEGだから…ね。慣れたら変わるんだわ。
実感が伴わなくても、画像見せられて効きましたよって言われる可能性はあるね。

TMS受けるために何度も通ううちに、場所慣れして、脳波上、脳の過緊張が見られなくなる……なんて当たり前に起こりそうだもの。そのへんどうなんだろね。最近はさ、食べログとかでもいい口コミ書いてる人たちもなんていうか書き慣れてて、素人さん減ったよね、ここではないけど、おばちゃん、いい口コミ書くバイトやったことあるから素直に信じられないんだよね。

イワシにしちゃお高いよね。回数によるけど、効果なくても払うんだもんね。本当にどうにかなるなら出せるは出せる、でも、なんていうんだろう、アルジャーノンに花束を、の話を思い出すのは私だけか。

TMSはレーシックとか同様の扱いで、確定申告時の医療費控除対象なのも、納税者としては心穏やかではない。まあ高額納税世帯ならいいや、許す(何様)。))

結論、ブレインクリニックは悪徳か

困っている人をカモにした金儲け主義のクリニックだと専門家たちの告発多数。猛り狂わないまでも、モヤモヤしている専門家多数。
事実かどうか不明ですが、Twitterで問題点を厳しく指摘した医師が複数、このクリニックから訴えられかけているなんてお話もあり、センシティブなジャンルの話題なので、取り上げようか迷いました。

弱者をカモにしているとすれば、正義感強い人たちが怒るのは無理ないですが、ネット使って情報得て、クリニック選んで、予約して、その日時に毎回お金かクレジットカード持って訪れている時点で、弱者判定基準外れそうではある。

っていうかTMS療法の予定時刻に毎回起きて行けてたらそれもはや…いやなんでもない。


不安を煽ってムリヤリお金を払わせているとかでもなければ、しょうがない。自己責任。

勝手に不安になったり、勝手にお姉さんに惚れ込んだりして勝手に財布の紐を緩めてることをとやかく言うのは、無粋だろう。

自費だから効果に統計的な担保はないけど、公費を直接的に無駄遣いしてるわけでもないし、TMSメインのクリニックはあまり薬出さないし、自費のとこには生活保護来ないから処方薬の転売ヤーも現れないし…つまり、もっとアコギなところはいくらでもあるのになんでここにだけ目くじら立てるのよって気もする。

保険医による医療サイドが軽視するのはまあ現段階では当然だけど、自腹で払える人が自己責任で気に入ったサービスを買うってだけの話で。

思うに、占いに近いんだろうな。占い師は悪徳業者だろうか。ここを駆逐するなら、占い師を駆逐しないといけなくなる。


保険診療は広義の公費だけど、ここは自由診療なんよ

この界隈に限らず、自由診療は実質野放し。いや、一応取り締まってくれてはいるんだろうけれど、信者やファンがお金遣うのは止められないのよ。話題の統一教会とか統一協会もそうだ。

PRADAだってハリー・ウィンストンだって、物理男子が科学的に見たらナイロン生地(-CO-NH-により次々に縮合した高分子を糸状にして織ったものと呼ぶべきか?)と炭素の塊なわけで…。

医学的な正しさという価値も、そんなに厳然としたものではなくてさ。保険診療上正しいかどうかという境目さえも曖昧なところはないわけじゃない。

科学系の高名な雑誌や保険制度みたいな、拠り所を同じく統計学とする者たちの間でのみ、正しさを共有してるみたいなとこある。


ブランド物とエセ医学をイッショクタにしたら多方面から怒られる気がするけど、なんていうか、自由診療も本人の可処分所得の範囲でやる分には苦笑いするのみ。
((美容は、ちゃんとした先生じゃないとすごいいろいろやらかしてて、豊胸手術して気胸になっちゃう若い子が増えてる。某大学病院で話題に。でも、来たら苦虫噛みつぶしながら治療に当たるしかない。自己責任とは言いながら、尻拭いは、こっちかよって。いつかデータが保険診療でも役立つかもしれないしと思うでもしないとやってらんない(高給ヘタクソ自由診療医の尻拭いさせられてる優秀低賃金病院勤務医は本当に尊い…絶滅しないように大事にしようね…)。


医学的根拠が不足しているとする意見はある。
海の物とも山の物ともつかぬのだとすれば、有名人やマスコミが撒き散らすのは遺憾とする医学の徒がたくさんいるのは、無理からぬこと。

でも少し視点を遠くに置くと、カモ…じゃなかった人柱があって医学発展です、世のため人のため私財を投じて人体実験に身を投じるなんて、なかなかできないことです。華岡青洲とその妻に近い心意気を感じるぜ。

そう、自費で治験を受けているんだよ。


一方、影響力煽動力持ちたいお騒がせ大好きかまってちゃん、だから芸能人になったような人に
「人々への影響に気をつけろ」
と言うのは余計なお世話というか、無理な話だよ。
インスタグラムのストーリーズで、交際中のJ2大宮アルディージャ・三幸秀稔(29)と思われる男性の寝相の悪さについて語る34歳YouTuber。傾向はバリバリあるやろね。まあでも同じような状態を示す他の疾患いくらでもあるから断定はしないけどね。
個人的には、かわいそうだな、と思われるタイプの芸能人に突如として発達障害カミングアウトしてもらって、イメージキャラクター化希望だけどね。木下優樹菜さんや坂口杏里さんだとなぁ…。好感度が予後不良………深田恭子さん、新垣結衣さん、浜辺美波さん、広瀬すずさん、吉沢亮さん、坂口健太郎さん、あたりイメージキャラクターになってくれないかな誤診でもいいから(無茶を言うな!無茶を!)。


クリニック選び

利用者が気をつけるべき点もあって。たとえば発達障害グレーゾーンの人や適応障害の人向けに自費のTMSを推してるクリニックでは、コンサータなどの薬を処方しない/できない可能性があります。

あと障害者手帳や障害者年金のことを聞くと怒る先生もいるかもね。怒る怒らないはクリニックが悪いんじゃなくて、その医師個人の話だけどね。

自費のTMSやってるところには、精神保健指定医の資格を持っている医師はそう多くないかもね。

精神保健指定医を取るには最短で医師6年目。持ってなければヤブ精神科医かというと全然そんなことはないんだけど、法律上の権限が少ない)。あくまでも自由診療クリニックチェーンが進出した新領域。トラディショナルな精神科で学んだ正統派精神科医とは、文化が違いそう。

もちろん、たとえ、どんな名医に診断つけてもらっても、有効な合理的配慮が受けられるかとか、改善するかってのはまた別の問題。ブレインクリニックがいいとか悪いとかはおばちゃんはわかんない。行ってないし。

だいたいチェーン式やフランチャイズ式のクリニックだし、良いも悪いもないよ、医師とか看護師さん技師さんとか受付の方とか、ひとりひとりの力と、何よりお客さんの態度とが、複雑に絡み合っているからね。

もしおばちゃんがブレインクリニックの中の人だったら?

がんばってばかすか勧誘してTMSか当所の手法に関する論文書きたいね、自分からクリニックに時間通りやってくるADHD成人はお金稼ぐし(手持ちがあるとは限らないが…)。
偉くなって、積極的にグレーゾーンを付けて、症例報告にハク付けるのもいいわね〜。
早くたくさんのデータが集まって、いい研究ができれば、いろんな人がいきいき働けるようになるかもしれない。そうしたら国力upするよなぁ。愛国おばちゃんは発達障害傾向ある人たちが大好きだから、低コストで最高のパフォーマンス出せる一助となりたいと常々思っているよ。


自分からわざわざ人柱にはなりたくないけどね(笑)。

中の人に聞いてみたいことは、ユッキーナにTMS治療やらせようと思わなかったの?ってこととその理由!
下世話な話でごめんねさいね!下世話な話がお好きな方はぜひ他の芸能人についての記事も読んでいってね!
www.asdadhd.jp


アルジャーノンに花束を

アルジャーノンに花束をは1959年初出なんだけど。昔のほうが、才能引き出すのが果たして本当に幸せにつながるのかって議論になってたんだよね…。

今は、教育熱心な方々は、子供の才能は引き出すべきでそれが親の義務みたいな思い込みが激しくなりすぎてるよなぁ。
才能引き出しすぎると次の世代に引き継げなくなるってこともあると思うんだけどね。

あなたもおばちゃんトークで泣いたり笑ったりしてスッキリ解決しよう!

*1:国民生活センターによれば、 医療脱毛などを含む一部の美容医療サービスは期間が1カ月を超え、金額が5万円を超える場合は特定商取引法が適用され、契約書面を受け取った日を含む8日間はクーリング・オフができます。 またクーリング・オフ期間を過ぎても、契約期間内であれば決められた金額を支払うことで中途解約も可能です。2021/07/07 とある。 店舗契約の対面契約でも、オンラインでも、対象らしい。甘い…じゃなった、クーリングオフ制度、変化してるね。ネット販売でも条件満たせばクーリングオフ出来るってさ、2022年6月から。 https://www.kokusen.go.jp/soudan_now/data/coolingoff.html わかりやすいクーリングオフの仕方https://woman.mynavi.jp/datsumou/210611-3/ ところが札幌市の報告など、自費診療のうち代替医療はクーリングオフ対象外という解釈もあってだな。ここにはTMSで60万のローン組んだ女子が出てくるわけですが、消費者センターには手も足も出ないと判断したのか弁護士を紹介したと結ばれている。 https://www.city.sapporo.jp/shohi/01-shohi/01-soudan/details/documents/202112soudan.pdf https://woman.mynavi.jp/datsumou/210611-3/ 


発達障害・グレーゾーンランキング にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村