もしかして発達グレー研究所~凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

【質問箱16】親は開成を勧めたのに共学志望で日比谷高校を選んで後悔している息子をどうしたらよいですか


ごめんなさい、ナンバリング間違えました、質問箱14ではなく16です。

【ご質問】
はじめまして。先週日比谷と開成に関するブログ記事を読み、ハマりました。
息子(理系)が共学希望で、開成の補欠を蹴りました。
ところが日比谷は楽しくない開成にすればよかった母さんの言う通りにすべきだったと毎日後悔してます。
私はあなたには開成が合うと何度も言って経済面も何不自由ないのに、今更後悔後悔と言われても腸が煮えくり返っています。
塾の先生は本人の希望の高校に合格させてはくれましたが、学校生活の向き不向きは言ってくれませんでした。
子供の判断力を過信して私にも責任があり、どうにかしたいです。
学校選びに失敗した我が子。どうしたら良いでしょうか。


【お答え】

ご、ごめん、なんもできない…そもそもね、選択肢をピッと選んだときに正解か不正解か決まるみたいな代物じゃないと思うよ。

学校って有機体だよ。

複雑にいろんなものが絡み合ってて、予定調和も起きるけど、偶然の反応も起きる。

その偶然の産物を愛する懐の深さが、まだ作れていない、っていうことなんだと思う。
そして、日比谷高校でゆっくりと、その懐の深さってやつを作っていくんだと思う。


開成行ったらパラダイス、なんて幻想だよ。日比谷に行けば共学キラキラライフ!って幻想と同じ。

幻想追いかけてる間は、すぐそばにいる青い鳥に気付けないよ。



親御さんもね、子供の進路について良かれと思って
「開成が正解」
って上から宣告しちゃったんだろな…親心はわかるよ、っていうかわかるつもりよ、理系が日比谷…ってまあまあの逆境というかマイノリティライフになりがち。自分が一番トロい/ポンコツ/話し下手、みたいな屈辱がすぐそばにある感覚で疲れるかもしれないなって、親御さんは懸念するよね、幼い子はそこがわかんないんだな、外から見た憧れ高校と、実際中に身を置いたときの、見える世界の違いが。

憧れの日比谷高校での生活にキラキラ幻想抱いてたら、そりゃショックだよね、中にいたら日比谷すごいすごいと言われることもなくなるなんて、ちびっこにはわからんのですよ。


一時的にお子さんが腐って見えた時点で、親御さんは
「だから言ったじゃん!」
ってグチグチ言ったりワタワタしたりして、お子さんの心を閉ざさせてしまうんだよ。

だからたぶん開成行ってても、最初の、そうね、
「越えられない壁に対する抗体」
がつく前の副反応で大騒ぎしてると思うよ、おたくの親子さん。


厳しいこと言ってごめん。


今、進学先で、嫌だな、って思うことがあるんだと思う。

文系の爽やかさんたちがキャッキャウフフしてるとか、もっと、男女仲良くしてるかと思ったらほぼ接点ないとか、ハイブリッドパワーエリートたくさんで勉強自慢ができなくなったとか、なんとなくクラスに馴染めないとか。なんだかわかんないけど。

思うようにいかなくて、悔しかったり、モヤモヤしたり、してる。


ここからどうなるか、っていうより、どうして行くかなんだと思うよね、だから親御さんイライラなさるんだと思う…クサクサしてる場合かよ(怒)って。


学校のこと(今行事や部活が微妙だけどね…)に打ち込むこと、
「これってa blessing in disguise 変装した祝福…あとになって、あーよい経験だったんだなーってなるやつかもしれないな」
って思いながら踏ん張れるかどうかが分かれ目だもんね…。

強い精神的ストレスがあったり不安があったりすると、どうしても
「今しか見えない」
「過去の選択失敗が気になってしまう」
「予期不安」
みたいに、視野が固まっちゃうのだけれど、ぜひ視点を調節して見てほしい。


たとえ3年間つまらなくても、高校生活友達いなかったからパソコン強くなったとか、趣味に没頭できてよかったなとか、
嫌な奴ばっかり出会ってきたからちょっとやそっとで動じなくなったぞとか、優秀すぎる人に出会ったから学力イキリの恥ずかしさに気付けて謙虚になれたぞとか…

ネガティブな出来事は、
「時間と気の持ちよう」
を触媒として、ポジティブ経験の壮大な前フリに変えることができるのよ。

…なんて言っても、今は伝わらないと思いつつ。


不満はあるだろうけど、なんだかんだやっていこ。




…と書いてみたけど………深刻なケースだとすぐ学校から引き剥がさないといけないんでご相談ください。

多分元記事はこれ!大人気?クレーム続出?
www.asdadhd.jp


発達障害・グレーゾーンランキング にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村