もしかして発達グレー研究所~凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

共通テストご乱心!鉄緑会勢からも数学IA、IIBやばすぎるの声続出の件

今日は、灘中入試2日目でもありますが、共通テスト2日目でもあります。
2日目、理系科目の日に寄せて、大学受験に向けての記事です。


はい、ごめんなさい、タイトル煽りました!
大丈夫?こんな情報量少ない与太記事開いちゃだめよ…。

なにこれ?数IBでも、数IIBでも、爆死者続出?

共通テストの数IA、続く数IIBも、難度がかなり高かったみたい。文字通り阿鼻叫喚で、問題用紙を破く人やら、泣き出す声やら確認されている模様。
twitter.com

twitter.com
twitter.com
twitter.com
twitter.com


でもって、ここでおばちゃんネットワーク情報です。

鉄緑会のスーパートップ勢SAクラスの子が、教えてくれました。
「(前年比、模試比で)ものすごく難しかった。理IIIを確実に狙いたい子以外は、思ったより解けてなくても大丈夫、平均点低い(※補足、正規分布から程遠いので正確には平均点を語ってもしょうがないけど、統計わかんないおばちゃんにもわかりやすく言ってくれてる感)」


鉄緑会SAというのはサービスエリアではなくて、サピックスでいうアルファよりも濃い、神々がしのぎを削るクラス。一般人は立ち入れない、頭脳的過激派集団の学び場。


彼らが
「やばい、むずすぎ」
って言うときは、センターごときで満点逃すとは!!みたいな自戒も含まれてしまうのが常。庶民の感覚とはかけ離れていることもある。

なので、ちぇっ、どうせSAの難しかった〜1つだけ落としちゃったぁ〜みたいなやつやろ(怒)と思う共通テスト受験生もいるかもしれない。


うん、実際そういうときはある気がするけど、今回のはほんとに皆様出来が悪いと思ってよさげ。


とりあえずSA勢のことは、敵と思わないほうがいい。

どうかどうか立派になって日本をリードしてくんろ。たくさん納税してくんろ。
素晴らしくクレイジーな遺伝子をたくさんの子供に伝えてくんろ。
そんなかんじでリスペクトしよう。心理的距離置きつつ、必要な情報だけもろとけばええんや。そのためには、親御さんやまわりが
「SAに入れ」
「トップゾーンをひた走れ」
などと煽らないこと、成績の良いことを手放しで褒めないことが大事だと思う(ほめるなって言ってるわけじゃないよ)。

案ずる親御さんたちへ

高校生大学生というのは、ヒリヒリしたり、ぬるま湯浸かったりしながら、自分のがんばり✕能力の上値/底値的にちょうどよい生き方を模索していくとき。

オトン、オカンからしたら、生きる知恵浅く、物知らぬ若者に、苦言を呈せざるを得ないこともありましょう。

ただ、通じない言葉は、いくら浴びせても、届きません。お互い疲弊するだけ。

たとえそれが愛と慰めの言葉であっても、必要性がなければ逆効果、大切に受け取る気がない相手に心砕くのは、損です。
どうかご自愛ください、逆効果なのにめんどくさいことすんのやめとこ。

おーおつかれー、それでいいんじゃない。


受験生諸君!

思ってた点が取れなくても、それは予想問題パックや模試と難度が違うんだから、当然よ。

お気を確かに。あなただけじゃないわ。こういうのって、ひょっとしたら、追い風になるかもわかりませんからね。意気消沈なさってる方を励ましたくて書いたでござる。 
*1

中学受験、進学校希望組へ!

中学受験を必須とは思ってないおばちゃんだけど、中学受験を適切に経験してると、こういうときのメンタルの立て直し方を親子マンツーマンで学んできてるのよね。

「自分と競うぐらいの他の人にとっても、難しかったろうな」
っていう発想がしやすいの。だから落ち着いて次に行ける。

親子で模試の手応えと結果を体感する経験が少なかったとか、なにより、親御さんが結果しか見てないなど観点ズレてると、受験生のメンタルは簡単に崩壊する。

おばちゃんが、バランスバランスとうるさく言うのは、アクシデントに対するバッファを作るためでもあるんだよ。


ただし!
「ぜんぜん出来なくて寝ちゃった〜~〜~てへぺろ〜~~~~~~」
って子たちは、自分でほっぺたひっぱたいて気合入れてよねーーーっ(笑)。


アクシデントには、笑いでメンタルをサポート!

共通テストがうまくいかなかった、という気持ちを引きずると、
「足切りされるかも、出願できないかも、出願先を変えた方がいいかな」
という思考が働いて、二次試験に向けて勉強する意味がわからなくなる、というのは界隈あるあるです。

そんな中、親御さん的には心がダンプカーとぶつかるぐらいの衝撃的な出来事こそが、ぼんやりほんわかとっちらかりっ子たちにとっては、必要な行動変容促すいい体験だったりします。


ヒヤヒヤ、ヒリヒリ、ひどい目に遭いながらゆっくり成長するというのは、界隈あるあるのソーシャルスキルトレーニングでもあるのです。

だからね、もうねぇ、親御さん、しゃーない、おばちゃんと一緒に、笑いのネタ探そう!


おばちゃんは、おもしろ画像、面白動画、ほのぼの動物動画をストックして、よく我が子に送りつけています。
親子喧嘩したとき、
「さっきはごめんね」
の仲直りのきっかけなんかにも、面白動画やほのぼの動画、いいんじゃないかな〜。

笑いって、おトクですよ。和むには、美味しいものもいいけど、お高いんですもの…(作れる腕もないし笑)


危機にあるときこそ、マスクの中、口角上げて生きましょう♪笑う門には福来る!

危機と笑顔をたくさん経験することで、人はしなやかに成長するんじゃないかなー。なんちゃって。

頑張る人も頑張れない人も、ささやかな幸せ感じられますように!


読んだくださりありがとうございます。
関連記事
www.asdadhd.jp
www.asdadhd.jp
www.asdadhd.jp


発達凸凹?成績凸凹?それともメンタル凸凹?
いい子過ぎる、アホすぎる、幼すぎる、達観しすぎる、スタンダードを外れたお子さんの育成戦略を、本音で考えるおばちゃんです。

ちょっと変わった子の親御さん専用、教育相談承ります。有料ママ友として、中学受験フェチとして、あなたのお子さんのためだけのアナライズを行います。

お問い合わせは
doctorqolt@gmail.com

www.asdadhd.jp


よその子の様子を追いかけてもしょうがないと思うんだけど、ここを押してくださると、おばちゃんのブログ知名度が少ーしだけ上がります。
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

ご訪問下さった方の利便性向上のため、広告減らした赤字ブログです、応援、感謝です!


*1:てかさ、数学の問題作ってる人って数学者でしょ…だいたい社会性低…いやなんでもない。どんな問題出すとどうなるかとかの想像力期待したらだめだわ…(爆)


発達障害・グレーゾーンランキング にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村