もしかして発達グレー研究所~凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

中学受験とマリオカート

中学受験は様々な受け取り方ができます。
それぞれの方が、様々なものに例えることができます。それだけ、多様で、見る角度によって異なって見えるものだということでしょう。


さっきUSJの話してて思い出したのが、
【中学受験はマリオカート】という名言です。
お子さんから教わったものの見方、捉え方のひとつです。(おばちゃん自身の考え方とは違いますが、おばちゃんは異文化フェチでもあり、価値観カードを集めるのが大好きなのです!)

この言葉、いろんな解釈ができます。マリオカートのキャラクターも、マリオとルイージ除くとなにかと凸凹。走るコースも多様です。そして様々な障害物があります。

「遺伝的にクッパ(操作しにくいが最高速度大)じゃないから勝てない」
とか
「うちの子がヨッシー(最高速度にやや難ありだが素直で操作性が高い)ならよかったのに」
などと考える必要はなくて、ただ楽しめばいいのに…という言葉としてもとらえることができます。 


私立中学に入学したら今度はお子さん自身がプレイヤーになって、私立中学生活という凸凹キャラを操縦する側になる…という捉え方も、興味深かったです。
私立中学もまた、マリオカートのキャラクター同様、どこにもいいところと「もう少し」な部分はありますね。

クッパならクッパで、ヨッシーならヨッシーで、プレイを楽しもうと思えるなら、マリオカートはもっと楽しくなる。中学受験も、人生もそうなんじゃないか、という考え方、すごい面白いし、深そうだな…って思いました。


話していくうちに、
「中学受験とその後の人生は、何位が勝ちか、全員完走後にくじで決めるマリオカートなのかも」
って話になってました(圧倒的に強い子がいるとそういうローカルルールが生まれるんだよね笑)。

バナナ落ちてるし、カメの甲羅が飛んでくるし、毒キノコ落ちてるし、コースアウトでロスもします。

けど、そのたびにプレイヤーの経験は増してます。

スピンしたり逆走したり、ちっさくなっちゃうときもあるでしょう。

仲間だと思ってた子たちに障害物を投げつけられて、あえなく失速、ビリになることだって当然あります。 

でも、マリオカートの楽しさは、1位入線することのみにてあらず。1位だけが楽しいなら、つまらなくて辞めちゃう子、もっとたくさんいるはずよ。

仲間とワイワイしたり、自分のベストにチャレンジしたり。得意なコースでタイムが自己記録更新できなくなってクッソーってなったら気持ち切り替えて苦手なコースで、低レベルだけど自己ベスト出して満足してみたり。


なんだかんだある、そのナンダカンダを面白がるために、わざわざ時間つかってるんです。

さあ!人生にマリオカートを!(いや違う!)



口角上げて行きましょう!


ランキング上げやお買い物でブログ運営ご協力してくださってる方々〜いつもありがとうございます!
よその子の成績とかインターエデュなんか見てないでいいから…おばちゃんブログ読んで幸せになって(笑)!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

www.asdadhd.jp
www.asdadhd.jp
www.asdadhd.jp
www.asdadhd.jp


発達障害・グレーゾーンランキング にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村