もしかして発達グレー研究所~凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

合格可能性80%なのに20%に陥るタイプのプロファイリングと対処法〜学校と偏差値の不都合な真実7

f:id:correct-me:20210221143335j:plain
まさかの不合格をくらうのはどんな条件下?!

前回はこちら!
www.asdadhd.jp

合格率80%で不合格になる学校と子どものプロファイル


何度も何度も合格可能性80%を叩き出したとしても、合格するとは限りません。

学校については、その「ハズレ」の頻度から、学校側の厳然たる個性と好みが垣間見られる…と言われています。


合格可能性80%偏差値を持った子が何人受けて、何人受かって、何人不合格だったかの情報までは、わりと手に入ります。過去の個々人の偏差値の内訳、つまり単元ごとの得点力ギャップや、問題用紙俯瞰の能力等まで把握するのは、各ご家庭ではまず無理です。塾はデータとしては持ってますが、見せてくれるかは別ね。*1



また、お子さんについては、1人につきトライアル回数が少ないのでデータとして信用に足るものはないです。
しかし「偏差値足りてるのになんか弾かれそうな子」「偏差値足りてないのになんかかいくぐっちゃいそうな子」「読めない子」というのは、塾の先生の本音の奥の、うっすらした予感(時として嫌な予感)みたいなものの中に、プロファイルされていることがあるよーです。こっそり覗いてみましょー。


我が子の個性を認めろとおっしゃるなら、本校の個性も認めますよね?

親子側に、個性と好みと戦略があるように、学校側にも個性と好みと戦略があります。

学校、というのは経営者であったり現場の先生であったり複雑なもので、一枚岩ではないです。家庭も、お子さんやら小学校やらママやらパパやらそのお仕事やらの因子により同じご家庭でも常にゆらぎがあるのと同様です。

好みのウルサイ学校でも、好みの子しか採らないわけではないです。好みの子を多めに採る(学校好みの子が多数派を形成している)というニュアンスが近いかなと思います。年により、好みが変わったように見えることもあります。

戦略的採用についても、必ずしもうまく行っているわけではないです。一部の学校では入試はラブレターではなく魚釣りのエサみたいなもので
「大物狙いに行ったのに、大物には全部逃げられた。雑魚しか釣れなかった…ショボン」
みたいなニュアンスの説明会トークショーをしてくれる学校幹部もいるぐらいですからね。


いずれにしても、入試は、選抜であり、○点超えたら合格のタイプの検定とは違う、ここは忘れないでください。

そんなの当たり前じゃん、わかっているよ、と思いつつ、おばちゃんも実際落とされるまでは、腹落ちしてなかったところです。

たとえば、文化祭が自由で楽しい、勉強面の縛りがゆるい、こういうところは自由でないとダメな子、楽しくないとやらない子をウェルカムしてくれる…これは大きな誤解ですよ。

入試で「自由にのびのび過ごす資格のある子限定の自由です。メリハリつけられない子は本校では扱えませんので入り口で弾きます」と突き付けられて呆然としますよ。


塾の先生達は、人気校についてはそれはもう、よく把握されてます。それでも、最初から子どもの熱望!って言って来られると、冷水浴びせるわけにもいかなかったんでしょうなー。


人間万事塞翁が馬。惚れた学校にはふられても、ウェルカムしてくれた学校と仲間たちに感謝し貢献する方向に切り替えたからおばちゃんちはいいんだけど、切り替えスキルがないと、想いを持ち越してしまって、かわいそうな6年間になっちゃうこともあるだろうなと思うのよね。


志望校合格偏差値に届かせるための中学受験のお勉強を否定するわけではないですが、家庭教師探して月うん十万ぶっこむ気合いと手間暇お金のうち数割でも、切り替えスキル強化、人から無駄に嫌われず無駄に期待かけられず失望もされず飄々と生きるための工夫、体力作りにもポートフォリオ投資なさっては…と思います(ご相談お待ちしてます、営業)。


当たる子と当たらない子の境界線

ハズレが出やすい学校については、以前の記事でも老婆の繰り言のよーに書きましたのでそちらに譲ります。


ハズレが出にくい学校であっても、ハズレを引く子はいます。

偏差値的に相応だし、学校は、好みうるさくない、ハズレを濫発するタイプではない。
このときお子さんが100人中の80人になるのか、20人になるのかの境目は、何なのでしょうか。

たしかなことは分かりません。20人フルで落としてるわけでもないです。ただ、感覚的に、多数派と少数派というキーワードがチラつきます。


不得手であけた大穴を埋められない少数派

単元ごとの能力の凸凹が、プラスに働くこともありますが、マイナスに働くことも多いと思います。

苦手な単元が「とらなければディスアドバンテージとなる問題(とれて当たり前な問題)」として出題されたら、得意な単元でアドバンテージを取らないと、偏差値足りてる受験生の内、受からない方の2割に入りやすくなります。

苦手な単元で「とって当たり前、とらなければディスアドバンテージとなる問題」を落としても、得意な単元で「ライバルがとれない問題」をとってアドバンテージを取れれば合格の方の8割に入ります。


しかしねー、挽回するのに役立つ「他者と比較して得意な単元」が出題されるとは、限らないんですよね。

苦手な問題を落とした時の埋め合わせが、まるっきり作問頼みになっちゃうんだよね。


経営的に、医学部志望の子を採りたい学校に、ド文系の子が挑むと、同じ偏差値でも、落ちる方の2割になりやすいでしょうね。算数理科を落とした埋め合わせは、かんたんな国語社会ではできないです。


難問頼み

難問が解けることによって偏差値が高めに出ている凸凹っ子は、難問が解けなくて時間を浪費してしまったり基礎問しか出なかったりした場合、伝家の宝刀が抜けず、不完全燃焼となります。

安心、と思える位置の学校であっても、その学校が偏差値を上げようとしている時ですと、高い解法力思考力がハンデにさえなりえます。

安全校不合格の理由として、油断した、と考える方は多いですが、問題と真剣に向き合い過ぎてしまったと言うケースもあるのです。


対策に限界はないが

勉強面の対策は、ある程度まで進むと、労力含む費用対効果が著しく下がってきます。こうなると精神的ストレスが強化スパイラルにはまります。

「ここから先は今は伸びないから割り切りましょう、メンタルに軸足移しましょう」と言ってくれる塾、家庭教師はなかなかいないですね。ご両親のどちらかや祖父母が気付いて言い出したとしても、しばしばかえってストレス強まる流れになるんだよな。おばちゃんが言うとストンと落ちてくださるんだけど(リピーターさんにはご夫婦ZOOM相談などもご提供しています)。


基本的に、子育て、教育のストレスは言語化と分析・改善、あるいは共感によって緩和できるとされてますが、思考をどう言語化するかでも、大きく変わります。

・運が悪ければ不合格
・運が良ければ合格
・運が悪くなければ合格
・運が良くなければ不合格
これ、だいたい同じことなのに語感がすごく違いますよね。真面目に考えを突き詰めていくと、こういう言葉選び1つで心が猛烈に揺さぶられてしまいますね。本当に大切なものを大切にできなくなっちゃったら本末転倒。中学受験は面白がってナンボ〜っておばちゃんもありだし、「本気で頑張って勝つことの喜びを知る経験」にするご家庭もあります。

考え方は無限にあるし、どれが間違いというわけではないんです。それがまたしんどいんだよね。

中学受験でのモヤモヤは、してもしなくても構わないオプショナルツアーでのモヤモヤ。舵を握った人の自己責任で、誰かのせいにしようにもできない性質のもの。だからこそやきもきし、迷い、揺れ、疑い、苦しいんだと思います。


「不運」と呼ばれる現象

・偏差値X未満の子達を各レンジ20%以上落とす
・偏差値X以上の子のうち、20%未満までは落とす(=8割合格)

こういう学校を志望していると仮定してみましょう。これで学校偏差値Xがつくんじゃないかと思う、違ってたらごめん。

合格者最低偏差値はどのぐらいかなと思って合判資料を見ます。おや、偏差値高ければ当然青信号だし、偏差値X-10とかX-15あたりにもちらほら受かって桃色信号。
そこに希望を持つのも好き好きです。しかし、偏差値Xって、偏差値Xを10,20超えてる子でも2割までは落とせるんですよ。


このあたりのお話、塾では基本的にはしませんよね。聞かれてもいないのに説明しても訳が分からなくなり塾不信になるからね。あー、正直おばちゃんもよくわかってないで書いてるかもしれない、ごめん。

塾経営としては、生徒親子に、塾の偏差値を信じ、偏差値を上げる、偏差値を軸に学校を選んで受ける、ということを徹底してもらいたいハズ。そうすると塾の偏差値や塾の持つ情報の精度と信頼度と価値が上がり、ひいては塾の価値が上がる…だから「偏差値」に疑念を抱かせかねないこと、わざわざ言いたくないよねー。


ですから、その2割の「不運な親子」がどのようなキャラクターだったのか、サピックス側から言及することは滅多にない気がする。

「あなたのお子さんそっくりなタイプは落とされがち」とまではたとえ思っていても、滅多なことでは言ってくれない。容赦ない系の学校も、気まぐれというか、落とさないこともあるから。


サピックスの先生が、あなたのお子さんを、内心、不運な子になるかもなぁと判定しているかどうか…これはわかんない。ただ、

・本人または親の不動の第一志望
・偏差値は足りてる、合判SOや志望校別SOでも合格可能性80%出てる。SSの席次も、ふつーに考えたらまぁイケるだろうと思わせるあたり

なのに先生に
・「○○(科目)を底上げできれば確実と申し上げていいと思うんですが…」
「ちょっと読み切れないところがあります」「この学校は難しいですからね」「受験は水物」みたいな言い方を頻繁にされている

かつ
・好みがウルサイ志望校、学校偏差値より高い個人偏差値を持ってる受験生を落とすことに罪悪感ない学校、「合わない子は入らないほうがよい」というドSな優しさが似合う学校を志望している


この組み合わせね。志望校変えるとスッキリ解決することもあるんだけどね…主流が、文化祭見て惚れた学校に行くっていうことだと、ミスマッチは減らないでしょうな。

まさかの不合格は、その子の点のとり方と、その志望校の現場と経営のことまで知っている塾の人なら、めっっっったにありません。不合格は合格より読みやすい。
しかしだね、家庭教師や個別指導、親ブーストのかけ方によっては、塾の先生には見極めきれないみたいね。短期記憶で実力テストを乗り切らせちゃってるとかね。

災い転じて福となす!

入試の合否で言えば、落ちたら残念だし、不運なんだけどさ。
人生ベースで言ったら、残念でも不運でもなく、できます。

フッてくれた学校や手を差し伸べてくれた学校に感謝できて、進学先やそこで出会う人々のいいところを見るようになったら、志望校不合格という挫折が、尊い糧になるよ。


そのためには、どうしたらいいんでしょうか?

人それぞれとは思いますが、ここに来たから出会えたんだなっていう誰か、何かとつながれたら、なんだかんだ来てよかったなーって思えるんじゃないかなってしみじみ感じてます。
おばちゃんは勝ちにこだわりまくるご家庭のサポートもしていますが、同時にこういうマインドセットのお手伝いもしています。

*2


いかに凸凹っ子扱いの歴史が長く、統計を駆使しているサピックスでも、凸凹っ子が統計で扱いにくい存在であることには変わりがありません。ましてや、サピックスの反対を押し切ってよその講習や模試を受けたり、ナイショにしてカテキョつけてたりしたら、サピックス側からは、あなたのお子さんの実力が測りかねてしまいます。
いずれにせよ、多数派、合格の方の8割に入るのかどうかなんて、蓋を開けて見なけりゃわかりません(なんとなく当たるけど)。

長期的なストラテジーと、まさかに備えたタクティクスを携えて、ご家族の幸せを確実なものと致しましょうぞ。



続きます!
www.asdadhd.jp

読んで下さりありがとうございました。

もしかして発達グレー研究所は、凸凹親子の幸せを本気で!願って活動しています♥

成績凸凹 発達凸凹 発達障害 ASD ADHD アスペルガー ギフテッド 2e……
凸凹ファミリーの持続可能な幸せを実現するブログ&コンサルです🍀リピーターさん、読者登録してくださっている方、応援して下さっている方いつもどうもありがとうございます。

資料請求やお買い物はリンクからお願いします!


広告

連続中受小説もぜひ♥
【地方公立卒エリートと中学受験】切ない親心とダークサイド!もしお編も完結済です。途中間延びしますがパパ編おすすめ…諦めないでほしい…
中学受験をなぜさせるのか迷ってましたがもしおパパから学びました!泣けました!とおたより頂いてます!
www.asdadhd.jp

身も蓋もない記事ばかり書いています、関連記事など流し読みお願い致します♥
www.asdadhd.jp
www.asdadhd.jp
www.asdadhd.jp



お帰りついでにポチりで合格祈願!よその子の受験見てもしょうがないかもだけどもおばちゃんの応援にはなる。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村
  

*1:四谷大塚はわりと過去データの開示に積極的なイメージあるけど、サピックスの現場は「今年の受験と来年の受験が違っても受かるように仕上げたい」ってポリシー貫いてるとこある気がする。他者とか前年比較での合否判断は飽くまでもふんわりに留めてる。

*2:どんなに根詰めて勉強させても、不運の女神にあざ笑われることはあります。でも、ゆる支援で叩き込まれたつながり方や受け取り方があれば、まさかの不運を幸福感受性upのきっかけに転用できます。対人スキルをデフォルトで持ってない子ほど、よく吸収します。方程式より先に教えてあげてほしいです。具体的には個別のご相談となってしまいます。ざっくりすぎて参考になるか分かりませんけれど、親子でゆるく信頼関係できててかつ素直なとこのある子には「ありがたいね、恩返ししたいね」、信頼関係はできてるけどアマノジャクな子なら、軽くdisってみて愛校心を煽ってあげるのも手です。もちろん個人差ものすごくアリ、誰にでも通用するスタンダードなんてありません。また、多少の侵襲性があることをご理解ください。


発達障害・グレーゾーンランキング にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村