もしかして発達グレー研究所~凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

あらすじ【地方公立出身エリートと中学受験】

これまでのあらすじ

主人公もしおパパは、地方公立から東大卒、丸の内のエリート。
東京は不自然な街だと常々思っている。一粒種の息子もしおには、自由にのびのび育ってほしいという思いが強い。
アンチ中学受験、アンチ私立中高一貫である。
4地方公立エリートの追憶【地方公立卒エリートと中学受験】 - もしかして発達グレー研究所~凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

生物的強者が覇権を握るド田舎、農家の次男。
子供時代から友達らしい友達がいなかった,テレビとKを除けば。
6友達ファンタジー【地方公立卒エリートと中学受験】 - もしかして発達グレー研究所~凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT
8東大文III フランス語選択オリ合宿での出会い - もしかして発達グレー研究所~凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT


テレビを見るために空気を読み、家事もこなした。
2ちっちゃな頃からエリートで【地方公立卒エリートと中学受験2】 - もしかして発達グレー研究所~凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

県立一高に合格する力がありながら、家庭の事情で家から自転車で通えるNo.2へ。
13地方出身エリートの人権と優越感と劣等感 - もしかして発達グレー研究所~凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

絶対に浪人できない背水の陣、切磋琢磨する相手もない環境で学び、東大文III現役合格。
逃げるように実家を出た。

1992年入学時は、バブルの余韻がまだあった。卒業はバブル崩壊後。
10 バブルは崩壊しているか1992 - もしかして発達グレー研究所~凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT


夏休みwithコロナをゲーム漬けにさせたくないという消極的理由ではあったが、もしおに、勉強漬けの同級生受験生を眺めて、自分は幸せだ、いい親で良かったと感じてほしいという願いもひそかにあり、サピックス夏期講習へ。もしおは、SAPIXにはよくなじんでいる。

f:id:correct-me:20200906134042j:plain
嫉妬か誤解かそれとも正論か?地方公立サバイバーパパが東京の私立中高一貫教育の世界を知る日は来るのか

子供時代の自分と比して、自由に育つもしおの姿を誇らしく思うもしおパパ。
学校嫌い、塾楽しい、そんなもしおを案じるもしおママ。

もしおパパは、私立中高一貫は金の無駄、というのは夫婦の共通見解だと思っていた。
しかし、元来アンチ私立だったはずのもしおママは2020年コロナ対応夏期講習中の朝、ついに言ってしまう。
「中学受験させよう」。


自分の育ちを否定されたと感じて凍りついたもしおパパは、傷付きながらセミの音に誘われ、
記憶の玉手箱をほどいていく。
3夏期講習と裏切り【地方公立卒エリートと中学受験3】 - もしかして発達グレー研究所~凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT
4地方公立エリートの追憶【地方公立卒エリートと中学受験】 - もしかして発達グレー研究所~凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT


空気を読み合い、話し合いを避ける夫婦。いつのまにか深まった価値観のマリアナ海溝。

夏期講習はもうすぐ終わる。

アンチ中学受験夫婦の一人息子の進路は?
アンチ中学受験、アンチ私立中高一貫の呪縛は解けるのか?

www.asdadhd.jpこれまでの【地方公立卒エリートと中学受験】シリーズ - もしかして発達グレー研究所~凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT


発達障害・グレーゾーンランキング にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村