「もしかして発達グレー研究所」 凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

もしかして発達グレー研究所のご紹介

~もしかして発達グレー研究所ご紹介~


当方は、子どもの言動を

集積、分析し、

後進に活かす活動を行っています。


最も得意としておりますのは、

世間一般には「贅沢な悩み」と言われがちな

知能の低くない方の謎言動

学校トラブルについてのご相談です


親御さま ご本人さまのお悩みを

伺いながら

問題の本質にアプローチし

単なる傾聴や愚痴聞きカウンセリングにあるような

一時の慰めではない、

「結果を出すための関わり」を行っています。


当所は、

トラブル相手や社会の変容に期待するのを諦め

自分達になにができるか

模索なさりたい方のためにあります。


ただし、

苦しく難しすぎる訓練や

お子さんをいわゆる擬似定型人に仕立てることは

持続可能な取り組みだとは思っていません。



適応力を上げる工夫を

親子の共通の学び 趣味として

マスターしていただくというスタンスです。



ご本人さまも、親御さまも、

苦しく、

悩みは深いです。



親御さまは、子育ての悩みを人に話すと、

でもあたまいいじゃん!だとか

贅沢だとか、

全然そんなことないよ!などと優しく否定され……

忌憚ない人からは、親の育て方が悪いと言われ……

単純なガス抜きさえしにくいです。



ただのおばちゃんは

「なんか変な子 不思議な子」 と

子育ての責任感があるがために

悩まずにいられない親御さんたちと

出会いたいです。

今までのクライアントさんたちのように、

笑い、泣き、そしてほのぼのしてほしいからです。



発達障害、発達凸凹、ギフテッド、2e、LD、

繊細すぎる子、鈍感すぎる子、

空気を読まない子、

生きる力が無さすぎる子、

逆にとっちらかり受験の主人公のように

生きる力しかない子、などについての記事、

東京通学圏の中学受験に関する記事、

学校生活の難しさ

不登校に関する記事、

450を超える記事があります。


文章よりしゃべり、なもので拙いですが、

ご興味ある方、おすすめ記事 等から

流し読みお願い致します。


目次の整理ができず申し訳ありません。

パソコン版のほうが目的の記事にアクセスしやすいかもしれません。


しみじみほのぼのとした幸せを

見つけてほしいと願っています。

https://www.asdadhd.jp/entry/2018/12/09/173441

https://www.asdadhd.jp/entry/2018/12/22/091226

https://www.asdadhd.jp/entry/2018/12/22/091309

https://www.asdadhd.jp/entry/2018/12/22/091328