「もしかして発達グレー研究所」 凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

ファンタジーの終わり【とっちらかり受験28】

【とっちらかり受験28】


私はよく前向きだと言われる。

前向きというより、

嫌なこと思い出すのがキライなだけなんだけど。



なのに、

努力しなかった後悔と、

先生たちとパパへのお詫びと嗚咽が

口から出てきて止まらない。

なにこれ。

口が勝手にしゃべるの?


泣きながら後悔して謝る私と、

なめてたら落ちるの当たり前でしょ、

わかってたでしょ、

って突っ込む私が、

私の中でおしくらまんじゅうしてる。


自分の落ち度を確認するような、

こんな苦しい振り返りをするつもりはなかった。

こんなことになるなんて思ってなかった。


自分の人生は自分のもの

っていうけど、

自分の思い通りになる

って意味ではなかった。


そもそも、私は

トップ校に行きたかったのかな?



消去法、消去法で、

漂って流れているのは

自主自律とは言わないな。



「学校見学行こう」と言われても断り続けて

テキトーにしてしまったのは

現実逃避だったのかも。



いろんな思いがpop-upしてこんがらがる。


頑張らなかったら、複数の学校からフラれた、

ただそれだけのことなのに、

こんなに苦しいなんて。

こんなに絶望的なことだなんて。

全然知らなかった。


私の人生、

今までなんだかんだ全部うまくいってきた。

学校行事も卓球も

もっと本気で練習しないとダメと言われてたけど

本番や試合はそれなりにうまくいってた。


観るドラマも読む本も、

全部ハッピーエンドなファンタジーだった。

自分もほとんどファンタジーの住民で、

きっとどこかで受かるんだ、

ハッピーエンドなんだ、って思い込んでた。


もしも第一志望第二志望に落ちたって、

どこででも友達は見つけられるし、

勉強は本人次第、なんでしょ?

それなら

今を楽しくすごせばいいじゃんって思ってた。


いろんな事犠牲にして

がむしゃらにやるなんて

カッコ悪い、って思ってた。


がむしゃらにやらずに落ちるほうが

よっぽどカッコ悪いんだって、

今初めて痛感した。



「頑張らない子は

ファンタジーを読みすぎてはいけない、

現実との折り合いがつかなくなる」

って言われた記憶がよみがえった。


都合が悪い記憶は全部消してたのに、

その記憶が、一気に脳にpop-upした。

また嗚咽がこみ上げてくる。


助けて。

息が吸えない。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
続きます。

読んでくださりありがとうございます!

もしかして発達グレー研究所でした!

recommended AD

いつも応援ありがとうございます。