「もしかして発達グレー研究所」 凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

明日へのエネルギーをください。2月3日19時。豊島岡第2回合格者、繰り上がり候補者(補欠)発表。とっちらかり受験2020年

【とっちらかり受験21】
20はこちら
www.asdadhd.jp
1はこちらから
www.asdadhd.jp


豊島岡第2回の手応えはぬめぬめしていた。

「まぁまぁできたけど、

明らかに受かってない。

私の手応えはわりとあたる」

母に言った。これは本音だった。


「そーなんだ、まぁね、手応えまあまあ当たるタイプよね。」

母は平然と言った。

ちょっとムカついたけど、少しほっとした。


普通の親なら、

そんなことないよ!きっと受かってるよ!大丈夫!

とか慰めるんだろう。


でも、

私はそういうありきたりの気休めが苦手。

言われても困ってしまう。

内心全力で突っ込みを入れてしまう。


私がこんなだから、

親がこんなリアクションをするのか、

親がこんなだから私がこんななのか

わからないけど、

母の言葉のセレクトや間合いの取り方は嫌いじゃない。



ひょっとしたらって気もあった。

得意な国語が難しめな気がしたから。

国語の平均点が低いなら、

もしかしたら、って思った。



今それ考えてもメリットがないでしょ、

明日に気持ちを向けよう、って

趣旨の正論が垂れ流されてはたまらない。

私は身を守るために、

母に悪態をつきまくった。



母は、黙って家出をした。

正確には、何時間か留守にした。


静かになった家で、

私は、サピックスのテキストを漁り、

空欄を埋めた。



あっそうか、悪態をつく相手がいなければ

今の私ならさすがに、勉強するんだ。



決して効率的とは言えない勉強だったけど、

母のいない数時間、

自分なりにやれたな、と思えた。

最初から、こんな風にやっていけばいいんだ、

中学からは。大学受験は。



だいぶたって母が平然と帰ってきた。

平然とお風呂を洗い、

平然と食事の支度をし、

ちっとも受験前夜っぽくない、

いつもの夕方みたいな流れが戻った。



2月2日、19時、

母はお風呂に入りながら

スマホで合格発表を見ようとしていた。


「つながったよー、番号、いくつだっけ」

お風呂のエコーがかかって、

テキトーさ1.5倍。

それぐらいチェックしとくべきでしょ!

と突っ込もうとしたが、

うっかり別の番号覚えてるよりはマシか……

と思って正しく答えた。



「あー、無いね、繰り上がり候補者のとこにもない」

「あ、そっか」

「明日だね」

「うん」

「報告電話しようね」

「うん。

あのさ、待ってて。次お風呂入る。

私がお風呂の間は、かけないで、待ってて。」

不合格の報告をする電話なんて、

前までの私なら嫌がってたに違いない。


でも今は、

きっと先生が

この気持ちをどうにかしてくれるって思う。


先生、助けて。

竹槍が、折れそうです。

言わなくても、先生はわかってくれてる。


今の私に必要なエネルギーを、

明日受験会場に向かうためのエネルギーを 必ずくれる。



お風呂のエコーがかかった口笛で

聴覚を塞ぐ。

これが私の、気持ちの落ち着かせ方。

                                • -

読んで下さり、ありがとうございました!

もしかして発達グレー研究所でした!


広告

www.asdadhd.jp
お礼はお金やクオカードまたは飲み物がいいと思います、お菓子はいっぱいあるのでね……
激励のための早朝到着、先生たち、自腹でホテルとってるそーです……
どうかお金を。