「もしかして発達グレー研究所」 凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

不合格の連絡~謎の自信は取り戻せるのか

f:id:correct-me:20200204104747j:plain
消えた自信
【とっちらかり受験19】とっちらかり受験前回はこちらから
www.asdadhd.jp
食事を終え、不合格報告のための電話を手に嬉しそうな母親。

2月2日14時15分からずっと青い顔、浅い呼吸をしている父。


シュールすぎる。

もしかしたら、そう見えるだけかもしれないけど、

わたしにはそうとしか見えなかった。


受話器の横に無理矢理耳を押し付けると、

聞きなれた声がする。

「はい、サピックス○○校、Oです。」

「お世話になっております~

6年生○コース、只野サピコの母でございます、

結果報告です、

はい、

只野サピコ、豊島岡第1回不合格でした!

ま、本人、先ほど先生方に励まして頂いて。

怖い、とかはあると思うんですけど、

あの試験問題では仕方ないかな、

ってところもあるみたいで」


広告


その通りすぎて気持ち悪い、という気持ちと、

わかってもらえてる安心感とが交錯して、

……なぜかムカつく。


大好きな先生がすぐに電話に出てくれた。

「さっきは来てくれてありがとう、

会ってお話しできて、よかった。

話してるうちにいい表情みせてくれて。


さっきも話したけど、1回目、2回目、もしかしたら3回目、

1回1回本気で、他のこと考えずに、最後の1秒まで、本気でね。

前のことに引きずられず、

切り替えた子に幸せが訪れると先生は思ってます」

先生はいつもわたしに優しい。


2月3日こそ行けるんじゃないかな、って気がしてきて、

電話が終わった。


パパと先生はほとんど接点がないのに、

本気で、本気で、って

異口同音に言う。

受験を知ってる人たちの総意ってことなんだろう。


でもパパからは、切り替えて、という言葉は一度も聞かないな。

なんでだろう、

あ、そうか、パパは落ちたことないから…

落ちた子には、切り替えが必要、ってことね。

うわぁ納得。


広告


切り替え、かぁ……

受からない気がしてたとこから、

受かる気がして出願するまですぐだった。

そして、

受かる気から、受からない気に切り替わるのはすぐだった。

今度はまた、

受からない気がしてるとこから、

受かる気に切り替えるって。

できるのかな。

受からなさそうってほうが、根拠があるけどな。


今日160人に入れなかったのに、

明日2月3日豊島岡第2回は、たったの40人、

明後日2月4日豊島岡第3回も40人、

そんな狭い枠、入れる気がしない。

頑張ってきた人たち一杯いるもん。

私なんか、私なんか。


でも、

パパとか先生とか、

あんな凄い人たちが

やたら応援しまくってくれてるんだから、

捨てたもんじゃないのかな。


自分を信じられないけど、

自分以外を信じたい。


ダメでも、ほら、大好きな1月校があるしぃ。

あっ、ダメだ、それは前を引きずってるということだよ、

今できることだけ全力で、って言われたじゃない。

自分に苦いツッコミをする。


ぐるぐる、行ったり来たりを繰り返して

パパに寝かしつけてもらって、寝た。

心に万歩計があったら

10万歩くらい迷子してた気がする。


2月2日夜

                    • -

読んで下さり、ありがとうございます!

とっちらかり受験byもしかして発達グレー研究所です!


悩める親子を本気で応援するブログです。

どー見ても応援してる場合じゃないんですけど、

ガチで応援してます。


頑張ってきた子が報われて然るべきですからね、

短期的にも長期的にも。


皆様からの応援ぽちりで

受験後鳥むね肉を補給します。

読者登録、四角いところぽちり、星、

どうぞ宜しくお願い致します。


広告

www.asdadhd.jp