「もしかして発達グレー研究所」 凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

勝ちたい気持ち~2月2日豊島岡の後2020

f:id:correct-me:20200203084918j:plain閲覧注意
【とっちらかり受験16】
とっちらかり受験15はこちら
www.asdadhd.jp

とっちらかり受験1はこちらから
www.asdadhd.jp

2月2日午前、豊島岡。

すぐ確信した。

落ちた。

結構書けた、でもなんか手応えがぬるい。

こういうときは高得点勝負になってる。

ダメなパターン。

桜蔭だって、同じパターンだった。


私があんなに算数簡単に解けたらダメ、

それは平均点が高いってこと。

国語がゲロムズであれば勝てるのに、

桜蔭も豊島岡第1回も国語の問題が簡単すぎた。

問題のせい。

問題のせいなんだって。

そうよ、問題が悪いの。

頑張らなかった私が悪い?

違う違う、そんなんじゃない。

問題のせい。


広告


「中学受験は算数で決まる」

「国語一本柱では中学受験は戦えない」

ってずっとずっと

先生からも両親からも言われてたのに

基礎トレやらなかったし

理科確認テストもなんとなくで誤魔化してたし

平常の宿題もやったふりしてた。

そんなの、私自身が一番よく知ってるよ。

後悔しかない、後悔しかない、後悔しかない。

問題のせいにしたって仕方ない。


だからお願い、

過去を責めないで。

いい加減すぎた私の過去を振り切らなきゃ

戦えない。

前を向かせて、お願い。


広告


前を向かされて前を向けたら、

誰も苦労しない。

自分の力で前を向かなきゃいけない。

そんなことぐらい

保育園のときから知ってる。


でもやっぱり悪態をついてしまう。

悪態をつくから、父の正論が火を吹いて、

返り討ちに合う。


「問題は合わないことってあるよ、

だから努力するの。

人生を、運のせいにしないために努力するの。」

力強く言われた。

どうせ……

俺は国語一本柱で受験に成功すると思わない。

算数やれ、本気でやれって何年も言ってた。

本気で勉強するってこういうことだと

実際に見せ続けていた。

それでもお前は頑迷固陋だった。

苦しいか?怖いか?

それは素直にならなかった報い、

本気にならなかった報いだ。

……どうせこんなふうに思われてるんだ。

ひどい。ひどい。ひどい。

なにも、今言わなくったって良いじゃない。

正論なんて大嫌い。


広告


父に叱られると一番怖いけど一番嬉しかった。

今までは。

父に見込まれてるんだ!

って思い出せているときは。


でも、

今は、違う。

叱られたらムカつくだけ。

なぐさめられたら、

憐れまれている気がしてみじめなだけ。


母は

「合否はどうあろうと、

反省すべき点はたくさんあると思う。

ただし、

明日明後日役に立つ反省以外は横置きしよう。

今は、一秒一秒を、

テスト中レベルの集中力で、

穴埋めをこなすこと。

最後まで諦めないこと。

諦めなーい、感謝、ビリーブ!」

うるっさいな!

そんなのわかってるよ!

冷静な、理解ある親ぶっちゃって、

ほんとバカみたい。

お願いだから、口を開かないで。

そんなのわかりきってる。

聞きたくないってことがわからないなんて最低。


広告


「塾への報告電話、自分でする?」

は?するわけないじゃん。

とびきり嫌な感じで言ってやった。

怒るかなと思いながら横目で見ると、

母は平然と

「あっそう、

じゃ私がかけとくから先に家帰ってて。」

と小さく言った。

言われなくてもそうしますけど!

って態度で示してやった。


しばらくすると、

母親が家に帰ってきて言った。

「サピックスに行くからコート着て。

先生がすぐ来てって。お話したいって」

はぁ?!!頭おかしいよこの人たち!

電話したくないのに、

会えるわけがないじゃない!


最新の不合格と近未来の不合格、

2つもぶら下げて、どんな顔して

会えっていうのよ……!


「コート着て。行かなきゃ。すぐ来て、って。」

「なにそれ……あり得ないんだけど」

どいつもこいつもデリカシーなさすぎ!

猛烈にムカつきながら、

投げ捨ててあったコートを着た。



通いなれた塾へ向かう。

期待に応えられなかったこと、

真面目に取り組まなかったこと、

素直にならなかったこと、

親にしてほしいサポートしてもらえなかったこと、

申し訳なさと、後悔と、他責の念とが、

泥の渦のように心を飲み込んでいく。


2月2日午後4時

                                        • -


読んで下さり、ありがとうございました。

もしかして発達グレー研究所でした!

悩める親子さんの幸せを本気で応援しています。

とっちらかり受験15はこちら
www.asdadhd.jp

とっちらかり受験1はこちらから
www.asdadhd.jp

ポチりとひと押し、流し読み、お願いします!


広告