「もしかして発達グレー研究所」 凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

御三家特攻、神風は吹いたか

【とっちらかり受験15】

f:id:correct-me:20200202175452j:plain
こんなに深く刺さるなんて。
とっちらかり受験14はこちらから
www.asdadhd.jp
とっちらかり受験1はこちらから↓
www.asdadhd.jp


2月1日校合格発表は、2月2日14時。

合否に関わらず、

我が家の場合は

悲喜の感情のるつぼに分け入るメリットがないと判断し

周囲の感情のピークが落ち着く、

でも熱気はある、14時15分を狙って到着。



広告

喜びを噛み締めている親子、

無言でたたずむご夫婦、

何より合格者を狙う取材の人の背中が

たくさんたくさんあって、

進路を阻む(不吉)。


番号を探しながら掲示板に近付いていくと、

我々家族は、目がいい順に……

まるで伝染したかのように……

表情がdeath maskになっていった。


何回かの深い呼吸をした。

あざとい母親は準備してきた通りであろう、

声のトーンで言った。

「帰ろっか」

言われなくても帰るに決まってるじゃない。

鼻で返事して、

来た道を戻った。


さっきかき分けた背中は

帰り道には笑顔になっていて、目に刺さった。


……階段は下を向いていても、不自然じゃないな。

エントランスの階段が、

こんなにも急に見えるなんて。

この木は桜だな、

咲くのを見ることはないんだろうな。

あの子も落ちたっぽいな。

情報量が多すぎる。処理が追い付かない。


広告


アスファルトの継ぎ目を見ながら歩いていると、

鉄緑会と書かれた封筒が目の前に現れた。


行きのときは、帰りにもらおうと思ってたけど、

手を伸ばす気には全然なれなかった。


横路に入ると、やっと声が出た。

「こんな思いをするなんて……

怖すぎる……

こんなに怖いなんて思わなかった。

本気にならなきゃダメなんだ、受験は……

私の特攻は特攻って言えない、

本気が入っていなかったんだから……



パパや先生がずっと言ってくれてた

本気でって言葉の意味が、やっとわかった……

本気でやらなくちゃ……怖すぎる」

吐き出せて、少し楽になった。


怖いもの知らずの私に

怖いなんていう感情があったことに、

母親は内心驚いていたと思う。


本気こそが、

本気の、たゆまぬ努力こそが

受験の怖さを拭ってくれるんだと

身に滲みて思い知ったんだ、

ああ、これでよかったんだ、と

母は内心満足しているだろう。


華々しい合格はなくても、

この子が中学受験を通して学んだことは、

確かにあった、

そんなふうにお気楽に思ってるに違いない。


……よかったわけないじゃない!

学びがあっただなんて、

そんなの負け犬の言い訳に過ぎない、

私は、こんな終わり方は嫌、

勝ちたい、勝ちたい、絶対に勝ちたい。

でも勝つために

どうしたらいいかわからなくて

ただむしゃくしゃが止まらない。


広告

私が不合格から学んだことなんて、

どうせみんなが不合格にならなくても知ってる、

ありきたりのこと。

後悔先に立たず。

本気を出してもうまくいかなかったらとか、

本気を出して成功したら、さらに上を

目指し続けなくちゃ負けな気がして怖くて、

本気を出し惜しんだ、

だけど、

出さなかったら

もっと恐ろしいことになったというだけの こと。


やっとわかった。

だから、今は。

振り返っちゃだめだ。

切り替える。前に進む。

今できること、

目の前のこと、ただひたすらに、本気で。


過去を悔やんでも

本気でなかった時間を取り戻せるわけじゃない。


「だから意味があるんだね、

常に本気でやることに。

最後の一秒まで本気でやることに……」

言葉にした。

口にすれば、

切り替えられる気がして。

覚悟が決まる気がして。

でも、心の傷が深くなるだけだった。


先生の激励の意味が

不合格の烙印と同時に初めて、心にささった。


まずい、立ち直れない。


広告

読んで下さりありがとうございました!

もしかして発達グレー研究所でした!


とっちらかり受験生の応援、

どうもありがとうございます。

皆様のぽちりがあれば頑張れます。

どうぞよろしくお願いいたします!