「もしかして発達グレー研究所」 凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

英語が壊滅的な中高生

こんにちは、もしかして発達グレー研究所 ただのおばちゃんです。

おばちゃんの先生であり教え子でもある凸凹っ子たち。
コミュニケーションも教科も生活も身だしなみもパーフェクト!みたいな完璧超人を目指させなければ、3歩進んで2歩下がる、というかんじで、長期的には健やかな成長を見せてくれます。


広告

英語爆死。というご相談

英語の学習についてのご相談が増えてきました。

園児、小学生のときに対応させていただいた子たちは、落ち着いて、今は、地元中学や中高一貫に通う中学生、高校生。

当方は、お子さんが精神的に成長してくれて、いじめや不登校を回避する力がついた、人間関係も改善して自殺はしなさそうだ、身の丈の幸せを味わいながらほのぼの生きていけそうだ、という見通しを親子さんにつけていただくお手伝いをしています。

高校受験できる気がしない、中卒になってしまうのはさすがにきついのでは、と心配をして中学受験なさったご家庭は、次は、内部進学や大学入試に向けて心配をするフェイズに突入です。


広告

中1の4月からやり直させる?

以前
「中1英語がわかっていないから中1始めから丁寧に教え直してほしい」とのご依頼がありました。

おばちゃんは、変な人なので、
「彼の場合は、中1から丁寧になんて、やらない方がいいと思いますよ」
と言いました。

中1最初からやり直してはいけない理由

彼らは、知ってることに知らないことを混ぜても、聞きませんし記憶しません。

「あーあー、知ってるよ」
って、聞き流します。

彼らの脳は忙しく、興味のないことは入りにくいです。
彼らに、苦手科目をゼロからやり直させるのは、気難しい大学教授にあいうえおドリルを300枚やってこい。と言うのと同じぐらい、すっとんきょうな指示です。
もしかして発達障害?というような点の取り方をする子には向きません。

「そもそも興味がない。しかも、知ってることばかり」
こんな話を聞いてくれるわけがないと知ってください。
あ、指導者が、どストライクな、金髪美人やイケメンラガーマン体型とかなら別かもしれませんけれど。


広告

たしかに、穴のない知識習得を目指すなら中1から丁寧にやり直させるのがよいでしょう。
その過程で、コツコツ学びを積み重ねることの大切さが学べればそりゃ最高ですわね。

でも、すっとこどっこいな点を叩き出す子には、向いてないです。

多少の漏れは甘んじながら、必要に応じて個別撃破するほかないんです。


共通する問題点と共通していない問題点

英語壊滅的、と一言で申しましたが、さまざまなパターンがあります。
問題となるポイントも、改善方法も、様々です。

例えば、古典と英語が苦手という子と、英語と理系が苦手という子、漢字と英語が苦手という子、英語だけが苦手という子では、学習ケアの手法は全く異なります。
声を出すのが好きかどうか、座っていられるかどうか、多様な学び方に対応した一斉教育は存在しません。
一斉教育から転がり落ちたのならば、オーダーメイドしなくてはいけません。

個別の対応となります。ご相談下さい。


ただし、以下の問題点は、共通している可能性が高いと見なしてみてください。

・スマホで翻訳できるのにわざわざ学ぶ意味がわからない、過剰な合理主義

・やっても点が上がらず、学習性無力感により諦めてしまった、過剰な悲観主義

・ほかに楽しいことがあるからリソースを割きたくない。英語が、楽しいことする時間を侵害するものとなっている、過剰な享楽主義

その上で、どの考え方が一番の律速(ボトルネック)となっているのか見極めましょう。

そして、その子に合わせて、律速となっている考え方をほぐします。


続きます。読んでくださりありがとうございます!
もしかして発達グレー研究所でした。