もしかして発達グレー研究所~凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

英語が壊滅的な中高生

当方は、お子さんたちが精神的に成長してくれて、いじめや不登校を回避する力がついた、人間関係も改善して自殺はしなさそうだ、身の丈の幸せを味わいながらほのぼの生きていけそうだ、という見通しが立つまで、単発でのご相談をお受けしています。

おばちゃんの先生であり教え子でもある凸凹っ子たち。

完璧超人を目指させなければ、3歩進んで2歩下がる、というかんじで、
「あ、なんかこれならちょっとやそっとつまずいても大丈夫そうだな」
と思えるような健やかな成長を見せてくれることが知られています。

決して順風満帆を目指させず、揺らぎながら収まりがついていくイメージを親子で共有していただくのがコツです。

英語の指導にも似たようなことが言えます。

英語爆死。というご相談

高校受験できる気がしない、中卒になってしまうのはさすがにきついのでは、と心配をして中学受験なさったご家庭はありませんか?

次は、進級、内部進学、大学入試に向けて心配をするフェイズに突入です。

中1の4月からやり直させる?

「中1英語、わかっていませんでした。やらせたつもりでしたが…。
中1始めから丁寧に教え直してください」
とのご依頼がよくあります。

おばちゃんは、
「お子さんの場合は、中1から丁寧になんて、やらない方がいいと思いますよ」
と申し上げます。

お子さんのエピソードをお聞きして、指導方針を親御さんにお伝えしますと、一般的な指導と違いすぎるので大変びっくりされます。
同時に
「うちの子、それ、効きそうです!!」
と仰って、実際に当所の手法を取り入れて下さり、
「今までなんだったんだと言うほど順調に学校の英語学習に合流できました!」
と喜んでいただけます。

中1最初からやり直してはいけない理由

彼ら凸凹っ子。色んなタイプがいらっしゃいます。

先生の見た目が好みでないと身が入らない。
先生の声が好みでないと身が入らない。
先生の態度が好みでないと身が入らない。
その先生のときクラスの雰囲気が変わるため身が入らない。


あるタイプは、知ってることに知らないことを混ぜられると、聞きません。そして記憶の扉を閉めます。

「あーあー、知ってるよ」
というモードになり、聞き流します。


彼らの脳にも言い分はあります。脳が忙しく、興味のないことは入りにくいのです。

彼らの脳に、苦手科目をゼロからやり直させるのは、気難しい大学教授にあいうえおドリルを300枚やってこい。と言うのと同じぐらい、すっとんきょうな指示です。


「そもそも興味がない。しかも、知ってることばかり」
小さな大学教授が聞いてくれるわけないでしょう。まずこのことを知ってください。
(あ、指導者なら別。好みにより、巨乳金髪美人やイケメン王子様/ラガーマン体型とかお笑いとして面白いとか、守ってあげたくなるとか。その子の価値観に基づいて評価できる「価値、権威」を持っているかがモノを言います。教え方もある程度は大事ですが。ちなみに、医学的根拠はないのですが、おばちゃんの体験上、野性みのある子は、知性よりも宝石や香りによる権威が効きやすい気がします。原始人を取りまとめる統治者が宝石を求めるのはわかる気がしたわ、超荒れてるクラスに入ったとき(笑)。香りは、飽くまでも、その子の鼻が好むいい香り)


たしかに、穴のない、完全無欠な知識習得を目指すならば中1から丁寧にやり直させるのがよいのでしょうねぇ。
その過程で、コツコツ学びを積み重ねることの大切さが学べればそりゃ最高ですわ。 

でも、すっとこどっこいな点を叩き出す子には、向いてないんです。

多少の漏れは甘んじながら、まずは停止から始動をさせないと。
停止から始動へってときに、それじゃだめだあれじゃだめだと言われてたら永久に漬物石になりますよ。

とにかく転がり始めさせないと。
それから必要に応じて個別撃破するのがよいようです。

共通する問題点と共通していない問題点

英語壊滅的、と一言で申しましたが、さまざまなパターンがあります。
問題となるポイントも、改善方法も、様々です。

例えば。
・古典と英語が苦手という子
・英語と理系が苦手という子
・漢字と英語が苦手という子
・英語だけが苦手という子
では、学習ケアの手法は全く異なります。

声を出すのが好きかどうか、座っていられるかどうか、多様な学び方に対応した一斉教育は存在しません。


一斉教育から転がり落ちたのならば、オーダーメイド。個別の対応となります。と言っても、個別対応に依存させてしまう手法のほうが目先の受験では有効なため、横行してしまってます。
個別指導や名指導に依存すると、お金の切れ目が学歴の切れ目になります。

ずっと個別でなんとかするみたいな王侯貴族方式ができるご家庭は稀です。お子さんの
「この先生の指導なら聞く」
みたいな感覚もどんどん変化していき、結局就職活動や、資格試験のときには誰の言うことも聞けないみたいなことが起こります。


英語に限らず、教育コストを健全化するには
・既存のレール上の走り方を教える(受け取り方を柔軟にする、先生の間違いを許容する、嫌いな先生からも学ぶなど、その子その子で練習すべき点は異なります)
・レールに載せる
・レールに載って走りつつ独自オプション
こんなかんじがよいと思います。

穴がないように積み上げていくのが理想ですが、今は有事、その前提を横置きしてはどうかと申し上げることもあります。

ある程度の穴は、忘れることでも起こるものだし…、と割り切らせて、とりあえずわかることを増やすのです。
間違えることを怖がってしまう子には、まずは間違えても楽しけりゃいーわってノリへの拒絶感を緩和するのも大事です。

先達のしくじりポイント

以下の問題点は、共通している可能性が高いと見なしてみてください。

・スマホで翻訳できるのにわざわざ学ぶ意味がわからない、過剰な合理主義

・やっても点が上がらず、学習性無力感により諦めてしまった、過剰な悲観主義

・ほかに楽しいことがあるからリソースを割きたくない。英語が、楽しいことする時間を侵害するものとなっている、過剰な享楽主義

・先生の発音や教え方、生徒への接し方が気に入らない。過剰な「あるべき教師像」要求。

・英語ガチ勢がいるので負け戦にしか思えない、過剰な勝ち負け思考。


その上で、どの考え方が一番の律速(ボトルネック)となっているのか見極めます。
一番の律速となっている考え方をほぐしましょう。

一番の律速が崩せないなと思えば、別ルートを考えて、攻略法を考えます。

※お子さんの脳の攻略法は、最終的には必ずお子さんが習得すべきものです。お子さんのフェイズによりますが、基本的には親御さんだけの秘密にせず、一緒に考えるのが良いと思います。


続きます。読んでくださりありがとうございます!
もしかして発達グレー研究所でした。


さあみなさんも、冬の乾燥に負けず、口角上げて、顔の筋トレを!
脳の血流と顔の血色、良くして行きましょう。
十度!二十度!!三十度!!!




発達凸凹?成績凸凹?それともメンタル凸凹?
いい子過ぎる、アホすぎる、幼すぎる、達観しすぎる、スタンダードを外れたお子さんの育成戦略を、本音で考えるおばちゃんです。

フツーの子お断り!ご相談承ります。共に悩み、共に泣き、共に背負い、共に調べ、共に語り、共に笑いましょう!
お問い合わせはdoctorqolt@gmail.com

よその親子の様子を追いかけても幸せにはなれないと思うんだけど、ここを押すと、当ブログ知名度が少ーしだけ上がり、日本の教育と未来が少ーしだけ明るくなるかも…なんちゃって。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

続きはこちら!
www.asdadhd.jp


発達障害・グレーゾーンランキング にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村