「もしかして発達グレー研究所」 凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

進学塾と模試18グノ、サピ、四谷大塚、募集停止するってよ?

f:id:correct-me:20190923145546j:plainこんにちは、もしかして発達グレー研究所、ただのおばちゃんです。

さて、秋。
おばちゃんのGoogleアドセンス広告には、中学受験塾や、女子学院まであと○日で受からせてあげます的な広告が配信されています。
皆様はいかがでしょうか。

行かせたいときに行かせられないジレンマ

塾って、「行かせ始めたいときに行かせ始める」ことが理想です。
ところが。
案外難しいです。


席が極端に少ない四谷大塚直営校舎はもちろん、サピックスもグノーブルも早稲田アカデミーも日能研も、合格実績のある校舎や、「埋まるのが早い」と話題になるような小規模校舎は、指数関数的?に人が集まります。
おばちゃんとしては珍しく、煽り気味にいきますよ。
各自でご判断お願いします!

「来年でいいや」は命取り。

煽るのは好きではありませんが、読者の方に後悔してほしくないので、書いておこうと思います。


中学受験に真剣な興味があって、まだ入室テストを受けたことがない、計画もしていない方。
「学校のテストは満点だから、スタートは遅めで大丈夫だろう」と思われている方。
今月中に、塾に問い合わせをしてください。


特に、首都圏のサピックス、グノーブル、四谷大塚、日能研、関西圏の浜学園、希学園など、実績のある塾との中学受験をお考えの方。

入室テストは、秋から冬にかけてが旬です。

※早稲田アカデミーは、別の塾の成績表とかでも入れてくれることがあるので、そんなに焦らなくてもいいですが、ExiV校舎など評判のいい校舎にこだわるなら気を付けてね。

新学年で入室希望の場合、遅くても9月中に下調べして、入室テストと入室日程、説明会情報を把握してください。

サピックスの場合

9月22日現在、既に来年2月開始の新学年、満席の校舎がかなり出ています。
4-5年前までは、塾学年で言う新3年(学校学年で言う2年生の秋冬)募集で締め切る校舎は稀でした。
今はザラ。

サピックス新浦安の3年には驚いた。オバチャン、出来たのも知らないうちに、募集停止してた。早。
※2019年11月26日訂正
新浦安校、募集再開しています。


サピックスは、設定曜日増設、コース数調整、講師の人繰り、さまざまな調整をしていますが、拡大には比較的慎重な塾です。
業界でドル箱と言われる地域でも、です。
校舎開設は常に「やっとか!」というかんじ。


今の時期は、入室許可を出した全数が入室しても大丈夫なように見積もって、随時締め切りしていますので
入室できる枠がない校舎 学年では、「募集しません」と言われます。

今回のテストでは入室テストを受け付けていません、また問い合わせてね、って意味の案内です。


辞める子がいればまた募集します。
でも、「いつ」「何人」「どれぐらいの成績なら」みたいなことは、はっきり言えません。

「枠は空かなそうです、ごめんね。(他のとこで実力つけておいてね。5-6年とかコース増設とかで空きが出たとき入れるよ)」という意味ですよ、とはっきり言ってしまいたくても、言えないのです。

もしかしたら、すぐドサッと辞めるお友だちグループが発生するかもしれませんからね。


「サピックスだと底辺コースだったから個人のところにするわ」
「アルファに入れるまで、何回も受ける」
みたいな事情により、入室許可が出ても、その回で入室しない場合、サピックスの読みによっては席が余るケースもあります。

テスト、締め切られてて、申し込めなかった……と思っても、そのテスト結果による入室申し込み期限後のテストから募集再開することがあります。
いずれにしても、「誰がいつ辞める」なんてことは、分析の鬼 SAPIXでも読みきれません。
確実なことはなにひとつありません。

SAPIXに限らず、どうしてもここがいい、という塾があるならば、先手を打つよう心がけてください。

入室説明会

各塾の入室説明会日程のページをご覧ください。

某塾Sを例にとりますと、満席に近い学年、校舎が複数あり「入室説明会は実施していません」と書いてあります。

入室テストの説明ページもわかりやすいです。一覧で「○校と△校は、現在×年生の募集を停止しています」と出しています。

この表示のところは、次のテストで募集再開する可能性があります。

「○校○年生は入室テストを実施しません」という記載がある校舎は、今後も、大々的な募集をしない可能性があります。
適宜問い合わせをし、様子を見てください。

満席でも、オープンテストが始まるころ、すっと入れる可能性はゼロではありません。

学力セレクションが甘い

実は、おばちゃんの周辺地域では、新1 2年生の時点では四谷大塚直営校舎は、入室基準が一番厳しいと言われています。
50パーセント、2人に1人が落ちます。
中央値で切られる……受かれば、大したものです。

募集が途切れるというイメージはあまりないので、テストで振り落とす、ということなのでしょうね。

直営の近くなもので、入れても良さそうなのに落とされた……って心の悲鳴が聞かれることも。

11月3日、全国統一小学生テストなど、模試を希望の場所で受けるためにも、情報収集&申し込みは早め早めがおすすめですよ。


あ、学力浮きこぼれくんでメンタル弱くなければですけど、小3 11月までに全国統一小学生テストにトライしてほしいな~、小4の6月のテストと決勝で成績優秀だと、アメリカアイビーリーグ視察旅行プレゼント~♥️

入室基準点

四谷大塚直営校舎ほどではないとの噂ですが、グノーブル、サピックス、日能研、早稲田アカデミー、入室テストでのセレクション、一応あります。


真偽のほどはわかりませんが、
サピックスの某学年が、関東最大手塾で一番入室テストの合格基準がゆるいとささやかれています。

新小4の9月以降のテストはセレクションあるものの、1-3年生は、ほぼ早い者勝ちらしいのです。(地域により年々前倒し&難化)

テストに不馴れだったり、学校のテストでぼろぼろ落としているようだと受からないこともありますが、
「他のすべての入室テストに落ちたけど、ここだけ入れてくれた」
なんて声をやたら聞くのは、意外にもサピックスです。

もちろん、タイミングや、
「意外だからネタになる、意外だから広まる」というバイアスもあるので、一概に順位付けることは難しいですけどね。


広告

募集停止は怖いよ

オバチャン、SAPIXに対してひとつだけ、もやもやしてることがあります。

「各校舎で入室基準は統一」と案内されたのですよ。
さすがにそんなわけないと思うんだよね……


空きが少なくて、希望する子が多い校舎は、基準が上がるのでは、と思うのですよね……

私の質問が悪かったのかな。
言葉のあやというのもありますしね。

今年度の入試が終わったら聞いてみようっと。


ともあれ、

渋谷、自由が丘、大井町、白金高輪、練馬、巣鴨、お茶の水
横浜、宮前平、大船、武蔵小杉
新浦安

これらは、まぎれもなく中学受験熱の高い、激戦エリアです。

中学受験親子は地価の高いところに住んでいるんだなーと、つくづく感じますね!

通わなくてもテキスト買う&予約料のつもりで、籍だけ置いて……テストぐらいは受けつつ……みたいなこともできるようですよ。



広告


ビルオーナーが、近隣トラブルを避けたがるため、サピックスの新規物件探しが難航しやすい、というのも、激戦地化しやすい土地柄ならでは、です。

人口密集地域のはじっこエリアや地価の高いエリアは、四谷大塚、サピックス、早稲田アカデミー、日能研、グノーブルなど銘柄に関わらず、席数が足りなくなりやすいので要注意です。

通塾には早すぎる?

お子さんはまだ通塾には早いと思っても、今すぐにチェックしたほうがいいかもしれません。

サピックスならば、1年生2年生は週に90-100分、ろくに復習いりません。
3年生も週2時間、これでも、フルコース版です。
4年生の通塾も平日週2回。
平日3日は習い事できます。5年になると、自然に平日の習い事は絞ることになりますが、それでも土日はあいてます。


低学年は遊ばせたい、勉強以外の習い事させたい、そうお考えですか?

ええ、低学年は、遊んでばかり 本読んでばかり 旅行しまくり、でいいようなカリキュラムになってます、サピックス。

ただし、親御さんがムキになってテスト結果に一喜一憂するとすれば、いただけません。

サピックス6年生でも、外部の子が2人、同日別室でテストを受ける、みたいな出来事はあります。

また、サピックス偏差値65とれるなら、いずれ どこの塾でもすき間にぽっと入れることがあるような気がします。

ただ、オフィシャルな入室説明会が行われない=入室枠が大量に用意されにくいということで、積極的に行く必要あります。
引っ込み思案な親御さんは、注意してください。


広告

募集停止の塾

早稲田アカデミー、四谷大塚、日能研、グノーブル、サピックス、いずれにしても、ホームページで「募集を停止しています」またはそれに準ずるメッセージがあったら、そこは

・塾自体の評判・実績(見かけか本物かは問わない)がいい

・講師、カリキュラムなど中身の評判がいい

言うまでもないですね。

・集まる生徒の質が高い、実績が出ている

これもね。


・もともと入塾制限している

できる子しか入れない、辞めさせられない以上は高学年での出来を見てから取りたい、ハングリーマーケット戦略~選抜が厳しいらしい!と聞くと挑戦させたくなる心理をついている~など。


・教育熱心な家庭の多い地域なのにテナントや地域柄などの関係で競合が少ない

先にも書きましたが、適当なテナントがなくて、律速(ボトルネック)になってるケースはすごい多いですよ。
不特定多数の子供が出入りすることというよりは、親の車の駐停車トラブルを避けたいビル経営者は多いです。


・店じまいの準備

あまり聞きませんがあるにはあるでしょう。
今だと青葉台かな。元々、低学年は定員が少なくしてあるのですから、低学年募集停止=店じまいの準備と決めつけるのは早計ですけどね。


のどれかかなと思います(いつものことながら、ほかにもあると思います、よかったら教えて下さい)。


広告


*とりあえず、準備して安心したい方

せっかちな親子さん、優柔不断すぎる親子さんは、ノリで申し込むのもありかもー!?
四谷大塚 10月5日~10月6日
サピックスなら10月14日
グノーブル10月20日、
早稲アカ11月3日ほか(受けなくてもいれてもらえるケースあり、要問い合わせ)、

わかっていて秋冬のテストを受けないのはもちろんいいのですが、知らないまま通りすぎるというのは避けてほしいなと思います。

中学受験、上から入るか、下から入るか。

内部生が受けていない回か、受けている回(組分けテストやサピックスオープン)かで、問題の難度、手にする成績にちょっとした違いがあります。


とりあえず気分よく入りさえすれば、中でがんばるだろう……という子は、入り口で自信をなくさせるよりはということで、内部生が受けていないタイミングのテストで入室テストを受けることをおすすめすることもあります。

が、基本的には、下から追い上げていくほうが成長に繋げやすいだろうなという子のほうが、上位コースに居続けるべき子より割合的に多いと思います、たぶん。

セオリーはない。隣の花は赤くない!住めば都と思おう!

塾選び。志望校選び。個々のケースには意見をお伝えしていますが、シンプルなセオリーはありませんので記載は割愛します。

学年の違う、子供のキャラ似てる、家庭事情似てる、そんなそんなママ友作って、よくよくご相談ください。

同級生でも、ご家庭の金回りと両親と子供の頭のよさと勉強熱心さ不真面目さが似ていて、お子さんが全員異性or志望校が異なるのであれば、いい塾ママ友達になれる可能性が上がるかもしれませんね。

そういう人いない、って方に、レンタルママ友サービス・ただのおばちゃんトークが人気です。お問い合わせ、ご予約、お待ちしています。