「もしかして発達グレー研究所」 凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

バカ死ねガイジ1言われる前提で心を丈夫に

お父さん、お母さん、

 

あのね、お子さんね、

死ねってよく言われるよ?

 

死ね、いっぺん死ね、言う人は口癖のように言いますよ。

 

バカ、もね。

あと、ガイジ、障害者、もね。

 

先生も、言う人は言いますよ。

うちの子、毎日のように言われてましたし。


スクールシャドーとして教室に入っているときにも、頻繁に聞こえてきましたよ。

 

ストレス下で感情的に高ぶると、理性なんて吹っ飛ぶんですね。

よくあることみたいですよ。 

 

だから

「悪い言葉だから言っちゃダメ」

「言う人が悪い、あなたは悪くない」

なんて一般論を安易に教えちゃダメですよ。そんなこと吹き込んだら、人間不信になるだけですよ。というお話です。

 

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<ins class="adsbygoogle"
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-3700285536979585"
data-ad-slot="3419153491"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>広告

 

親御さんも、集団指導者も、


バカ、死ね、ガイジ、障害者、等の悪口というのは、上から目線の罵倒と侮辱の意味だぞ!

忌み嫌え!言うな!

言われたら怒れ!

 

思い込ませてるんですよね

大人が良かれと思って子供に吹き込んでいることも、無意識下のこともありますが、いずれにしても思想に染み込んでいることは、定型文として繰り返してしまいがちです


「この言動は、嫌だ不愉快だという感情のトリガーである」

「嫌なことをされたらやり返すべきだ」

 これは本当にありがちな

「定型文の誤謬」として、お子さんに学んでもらうのが賢明です。

本当は発達云々抜きにしても皆で共有した方がいいと思うのですが。


悪口をはじめとする「言葉」や、態度は、

発信側の意図よりも、

受信のときに意図して、受信側にとってお得な解釈をする方がいいです。

 

まさか、悪口や罵倒をNG扱いすれば

この世から消えると信じてるんですか?

甘い、バリのスイーツより甘いよ…!

 

社会通念上言っちゃいけない理由を

「言われた人は傷付く!

だから言ってはいけないよ」

って説明してますよね

 

いや…雑だろそれ

 

「言われた人が傷付くから言ってはいけない」という説明では、

言われる側(受信側)の受け取り方は

「傷付く、一択」になります。


ないわー…



傷付くと得をする!


意外かもしれませんが、傷付いたと言うと得をするボーナス期間が、人生には何回かあります。

ひどいこと言われた、傷付いた…と言うと、優しく共感や同情をしてもらえて、承認欲求を満たすことができます。


もちろん、学年100人中100人が不当でかわいそうだと思うひどいいじめや言いがかりであれば、盛大に「傷付いたことを主張」することでさぞかしちやほやしてもらえると思います。


しかし、これはバグ技です。

・傷付いたかどうかは、言われた人側の判断に完全に委ねられ自己申告制

・傷付いた!と言えば、良心的な人が優しくしてくれる 


「傷付いた!」と言いふらすことにより、簡単に承認を得られるので、誤学習によって「承認不足のとき、傷付いたと言って騒ぐ」というクセがついてしまうことがあります。


ただしそれも、期間限定。

相手の学習力が成長するなどの変化により、「ひどいことをされたと訴えて善意の承認を得る」というこのバグ技を使えば使うほど疎まれ、嫌われるフェイズに突入してしまうのです。 


 

バカ、死ね、ガイジ、障害者、オカマ、男女、○○菌、クソ野郎などの悪口や、いじわるを言わない、これはいいと思います。

でも、理由は、相手が傷付くから、に終始しない方が分かりやすいかなと思います。


上述したように、傷付くかどうかは自己申告制で、ものすごくいいかげんな基準でしかないためです。


「言うと、自分の徳/価値が下がるから。」、こっちの方が、言っちゃいけない理由として、分かりやすいって子が結構います。

※自分の徳や価値が増えて何になるの?と疑問に思う子が多いので、ご家庭の価値観に合わせて答えて差し上げてください。

たとえば自己肯定感の話をなさるとか、なんらかの信仰をお持ちならばそちらに結びつけるのもよいでしょう。


そして、身を守るために、言われ慣れておきましょう。言われ慣れることは、こちらのメリットになります。


この考え方をインストールしておきますと、

言ってる人は自身の価値を下げながらこちらに利益をもたらしてくれてるようなものです。

滑稽で笑けてくることこそあれ、「傷付いた、死にたい」って方向には到底行かないのです。


いかがでしょうか、

子育てに正解はないけれど、

お得であることは間違いないですよこの思考のインストール。

 

では、どうやって?

続きます

 

www.asdadhd.jp