「もしかして発達グレー研究所」凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

それでも担任に頼りますか?5

学校はじめ、世の中は、「いじめ、パワハラは心を壊す!人権侵害!ダメ、絶対!」と刷り込むことで、いじめやパワハラをなくさせようとしていますよね。

その刷り込みが効く子もたくさんいるでしょう。

が、そういう子は、たとえいじめられようが、いじめをしようが、歳を取るに連れてそれなりにバランスを取り、たくましく成長するのではないかとおばちゃんは感じています。

問題は、「いじめは悪」という正論が、心の最も深いところにぐっさりと刺さってしまって化膿するケースです。
この現象、あまり知られていませんよね。

「いじめダメ、絶対。」「いじめる側が悪い」の風潮が含む毒

ちょっと変なことを書きますよ。

「いじめはダメ」という教育は、絶対善ではありません。

いじめしよったらあかんで、ということを考え方のひとつとして知る分には、いいのです。別に毒にも薬にもなりませんから。


一部の子にとって、
「いじめは悪」と徹底的に刷り込まれることは、負の感情の緩和システムを取り付けずに、負の感情発生システムといじめ関知センサーだけを搭載させられるようなものです。

「いじめ」の定義が「相手が嫌だと思ったらいじめ」等という、いじめ被害者保護、いじめっ子批判を主とする現代の社会通念こそ、実は絶望の元です。
「いじめられた!相手は悪だ!」「この学校にはいじめがある!いじめを見て見ぬふりする人がいる!悪い学校だ!同級生みんな鬼畜だ!」等という、消し去り難い負の感情を大量生産していると言わざるを得ません。

現代の教育を受けたピュアで繊細な魂の持ち主は、
担任や、世論(と呼ばれる無責任な放言)から「いじめられっ子は正義です、いじめられた側は一切悪くありません、いじめられっ子は改善する必要はありません。変わるべきはいじめっ子のみです。いじめっ子は断罪されるべきです。大人も、同級生も、善意の人は全員いじめられっ子の味方です。」というメッセージを、まっすぐに受け取りながら育ちます。

おばちゃんは、これこそ、デスマーチ序章だと思ってます。



担任の先生の価値観も、世論も、変えられません。
だからこそ、せめて親御さんは、お子さんの百ゼロ思考(この場合は善悪二元論)をほぐしてあげてほしいと切に願います。


「嫌だと思ったらいじめ」、という言葉が独り歩きすることは、価値観の軋轢を悪意としてとらえろ、と子供達の心に叩き込んでいるようなものです。
この思考回路は、お子さんを、ささやかな幸せから遠ざからせます。
猛スピードで。

悪意の感受性がひとたび上がってしまうと、幸せを拾いにくくなる、と思っておいてください。
悪意感受性と善意・幸福感受性は、同じ繊細な感受性のようですが、実際ストレス下での運用ではマッチポンプ式に搭載されている人がかなり多いためです。悪意感受性を下げなければ、善意の感受性は高まりません。(もちろん人によりますよ)


「いじめは悪」で、いじめられていることにいち早く気付いて強者に訴え、強者によって相手側を断罪してもらうことが「良いこと」とされていますが、発達グレーマニアのおばちゃんとしては、手放しで喜べる風潮では決してありません。

良いだの悪いだのの二元論に落とし込んでしまうことで、断罪はしやすくなるのですが、内心で(低俗なストレス処理方法しか知らないんだな、さぞかし不幸な家庭なんだろうな)と憐れんで流せば済むストレスも流せなくなります。

わざわざ二元論にあてはめる理由を考えてみてね

私は、いじめも、いじり・煽りも、多様で多層的だと思っています。

刑法に抵触するような行為が看過されていたり、
穏やかさ優しさにつけこんでエスカレートしていくものであったり、
多と孤が価値観の違いを多層的に受け取ることができない時に起こる軋轢、どちらが一方的に悪いとか、一方的に正しいと断定できない性質のトラブルのことまで、「いじめだ!悪だ!」と決めつけてしまっていたり、
被害者となればかばってもらえる、という心理が介在していたり、

これらの狭間にもスペクトラムとして存在していると考えています。
犯罪と、誤解・軋轢は、いじめスペクトラム上にあるけれども、その境界は、定かではありません。

定かでないというのはこの場合、それぞれの価値観によって境界ははっきりあり、はっきり異なっていて、相互の領域に食い込んでいる、ということです。


その境界を、無理矢理に一本の線として決めて、被害者と加害者という二元論に当てはめるのは、何のためだと思われますか?

それは、ジャッジする者にとって都合が良いからです。


ジャッジする者は忙しいのです。クラスのあちこちで常に起きている何十もの価値観の軋轢を調整せねばならず、一件一件のトラブルに対して十分なコストを割くことなど到底できません。

ところが、被害者だと思っている親子の多くは、担任のジャッジを求めます。
【勝訴!!!】【謝罪させた!!!】という一時的な快感を求めます。
また、加害者に何らかのペナルティを科す事が担任の仕事だ、とも思いがちです。


たとえ担任は裁判長になることを望んでいなくても、善か悪か、被害者か加害者かといった、単純な型に無理矢理あてはめて、次から次へとジャッジしていかなければ、家に帰してもらえないのです。


それでも担任に頼りますか?

子どもから聞いた話

軋轢に苦しみがちなちょっと変わった子どもたち。道徳の時間には「お前は黙ってろ!」だとか、「…ちょっと何言ってるのか先生わかんないや、みんなはわかる?」「わかりませーん 」「だよな、わかんないハイ次の人ー」と言われてしまいがちな、私の小さな先生たちに聞いてみますと、さまざまな意見が聞かれます。

・「いじめは悪」「相手が嫌だと思ったらいじめ」と繰り返すわりには、先生や大人たちはいじめを許容しているように見える

・僕らは、あいつと関わって嫌な思いたくさんしてきた。だから距離を置いた。そうしたら、無視された、仲間はずれにされた、と先生に言い付けて。それで、相手が嫌だと思ったらいじめなんだよ!!と怒鳴られた。きつい

・先生や親も、「僕が嫌だと思うことをしてくる」、だから、いじめっ子。いじめは悪なんだよね??クラスも、家も、悪の支配下じゃん。

・いじめはダメ絶対ダメ!嫌だと思ったらいじめ!って言う先生ほど、私が仲間外れにされて辛かったときちっとも助けてくれなかった。相手にも思いがあるから…あなたも悪いところがある…、って説明された。
私は被害者だよ?被害者に非がないって言ってたの誰?話が違いすぎて不信感で一杯。

・いじめは、あってはならないはずなのに、私はいじめられている。誰も終わらせてくれない。私は、やっちゃいけないひどいことをされるくらい、要らない存在なんだ。見て見ぬふりする同級生もみんな敵


純粋で、自分の価値観における正義か悪かの境目や、言葉に敏感な子どもは、いじめられる以前に、また、加害者として断罪される以前に、ここに例示したような「理不尽さ」を日々感じていると言えます。

彼らの気持ちも尤もですし、先生たちのいい加減さも無理ないのです。どちらが正しいとか間違っているということではないのです。


先生は日常的に、異なる価値観の殴り合いを見てきています。
見飽きています。うんざりしています。
たくさんの経験から
「いじめは悪で、あってはならない!!(だけど、どこにでもあって、無くすことはできなくて、まぁなんつーか仕方がないっちゅーか…いじめっ子もいじめられっ子も成長するし、成長しなくても卒業したりして居なくなるしあとはわからないし)」というように、心理の折り合いを付け終わっていることが多いです。

親御さんはいろいろです。
事実関係はっきりさせて白黒つけてほしい方が多目でしょうか。印象として。

いじめ感受性を高めると、ストレス感受性の高い脳になる

不快な扱いを受けた経験全てに「いじめ」という巨大なラベルを貼ってしまうお子さんの脳コンピューターのデスクトップは、いじめフォルダといじめフラグといじめラベルだらけになります。
負の感情や記憶によるメモリ占有率が上がっていきます。
ポジティブな感情フォルダは使いにくくなる状態になります。

こんな脳になってしまうと、サクサク動きませんし、どんなにハイスペックでも、なかなか使いこなせなそうですよね。


やめてみませんか?嫌だと思ったらいじめ、ってレッテル。
いじめ、という言葉を使った時点で善悪二元論から離れにくくなってしまいますから…

「いじめは絶対悪」が及ぼす影響

いじめは絶対ダメ、いじめるほうが絶対的に悪い、と刷り込まれたせいで、被害を受けやすい子から見える世界は、あり得ないほど醜い、地獄絵図になります。
「絶対悪を野放しにする世の中」に対し、絶対的な不信感を抱きます。

このことを、自他の境界が曖昧なお子さん、変わったお子さん、おとなしいお子さん、正義感が強すぎるお子さん、社会性凹のお子さんと、彼らを守る立場の大人は胆に銘じておいてほしいと思います。


また、非のない者と、非のない者を不当に低く扱って溜飲を下げる者、つまりいわゆるいじめっ子といじめられっ子は、そのときたまたま力関係的に上位下位だったためにいじめられる側いじめる側に分かれたというだけというケースも散見されます。

いじめかどうかとか、誰がいじめたかとか、基本的には大した情報ではないと思ってみてはいかがですか。平時から。
いじめっ子もいじめられっ子も、問題の渦中にあるときはいっぱいいっぱいです。
メモリに余力ないです。
視野は狭く、思考は固まります。

ふつーの担任が、職務上の制限や時間や周囲を気にしながら、無理矢理子どもの視野を広げようとしても、大した効果はありません。神レベルなら別ですがね。

でも、親ならば、スキンシップで肩を抱き寄せるとか、ハグするとか、ちょっと奮発したおやつを出すとか、旅行に連れ出すなどの裏技を使えますよね?

それでも担任に頼りますか?

おばちゃんこの話始めると長いんです…もうちょっとでやめます!もっと聞きたかったら連絡ください

どうしてもいじめ予防をしたいなら、「いじめは悪!」をスタート地点にしないでほしいと思います。

「相手が嫌だと思ったらいじめ」だとするなら、これはいじめ、これはいじめじゃない、などというジャッジも意味をなさないほど、この世はいじめだらけです。

繊細な子が、生きていたくない、死にたい、と思ってしまうのは「いじめは絶対悪」なのに「無くならない」、このことに絶望するためです。

悪だと決めつけるよりは、いじめはダサいとかキモいと設定して、いじめエンガチョ いじめエンピ~バーリア! とした方がよっぽどまし。


私自身、いじめをどうしたら無くせるかということはわかりません。
減らすことはできます。
双方共に、心の繋がりがほしい子が多いですから、執着をほどいて、「まし」な繋がりに誘導すればいいだけです。

でも、局所的にいじめを減らせばいいかというと、それも絶対善ではないと思います。
ひどい経験も、保護者がうまく立ち回れば、いい経験に変えられます。
ひどい経験をいい経験とすることができたとき、同時に、しなやかな精神が得られます。
一生使えるハッピー製造装置です。

親に神通力がある間に、大好きな親のヨシヨシで立ち直れるうちに、さんざんひどい目に遭いながら身につけるのが最も古典的かつ現実的な方法だと思います。
このタイミングを逃すと「出会い」という名の運次第になってしまうと思います。


発達障害風味のお子さんを持つ親御さんに、私は「ふつーの」育て方はおすすめしません。

どうせ、ふつーの感覚は学校生活で繰り返し刷り込まれ極化します。
バランスを意識させた方がいいと考えています。
もちろん異論は認めます!でもバランスをとれるように導いてください、ここは譲りません。


いじめとは、価値観のせめぎ合いにより何が起こり得るのか、という問いに体する、曖昧な答えのひとつにすぎません。

もしかして発達グレー研究所の門を叩く親子は、いじめをしても、いじめられても、傍観者になっても、断罪する側になっても、全くおかしくありません。あるあるです。

我々は、罪だとか正義だとか振りかざせるほど立派な人間ではないので、
価値観はオセロではなく集めて楽しむコレクションカードに近いものだという感覚、負荷調整力、ストレスの処理方法や客観視の力、何手か先を想定するという力、避けるか戦うかリスクとベネフィットを見極める力、を身に付けるように関わるだけです。

長文お読みくださりどうもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

関連記事です
www.asdadhd.jp
www.asdadhd.jp
www.asdadhd.jp
www.asdadhd.jp
www.asdadhd.jp