「もしかして発達グレー研究所」 凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

社会通念の嘘と穴

心のモヤモヤを晴らすコツ

もしかして、…な人たちの心のモヤモヤは、そうでない人のモヤモヤよりも、払拭にコツが必要です。その代わり、ピンポイントで的確におさえれば、ピコーン!と反応してくれます。日頃モヤモヤしているがこその、ストレートな反応が期待できます。

様々な事情ひとつひとつ全てに対してピコーン!を狙って関わるのは、気が遠くなる作業であり、「解釈をつけてもらうの待ち」に育ってしまいかねません。

しかし、後天的に植え付けられる「謎の価値観:社会通念」「ありがちなスローガン」に、わかりやすい注釈をつけて汎化を促すことは、おばちゃんはとてもお得な関わりだと思っています。

社会通念に疑問を抱く子は、集団生活において、常にモヤモヤして、実力を発揮できなくなりがちです。

納得できないことに目をつぶることができなかったり、
人を蹴落とすなどのダークな方法で一時的にストレスを発散するなどのサバイバルスキルに疎かったりするだけでなく、
その反動で自暴自棄になることさえあります。

モヤモヤに理屈が提供されることにより、モヤモヤは緩和されます。
そして、ブロックされていた脳の余力が解放され、ボトルネック(律速)のせいで動かなくなっていた歯車が動き出すということにつながるのです。

社会通念と穴の例

社会通念:「人を傷付けてはいけない」
【穴】精神防衛力向上のための自助努力を否定

傷ついたぁ!って自己申告を全面的に認めろということ…?


社会通念:「人が嫌だと思うことは、決してしてはならない」
【穴】少数派の感覚の否定

社会通念の押し付けが嫌等、自分の感覚は無視されているけど…?
or相手が嫌だと思わなければ何をしてもいい…?

社会通念:「ほめて育てよう」
【穴】承認欲求が肥大、暴走するリスクの無視

成長に伴い、誰も誉めてくれなくなって絶望…

※ほめてほしくないところまでほめられたり、ほめてくれても嬉しくない人からほめられたり、作為を感じ、人間不信になる子がいます。
また、人格否定を受け流す力を奪う、難しい関わりでもあります。
ほめられない事はしなくなってしまう、
ほめてくれない人から学べなくなるなど、
悪性度が高い穴です。


社会通念:「正義」
【穴】正義の反対は悪。悪は駆逐されるべき。という百ゼロ思考を全肯定

正義感が強くなりすぎたり、自分を悪だとして自己否定に走ったり…
※これも悪性度が高いので必ずパッチすべきです。正義の反対は別の正義なのではないかという感覚を、社会通念と併存させましょう。


社会通念:「頑張ることが大切」
【穴】頑張らないことを全否定

命よりも頑張ることを優先してしまう
or頑張れない自分を自己否定……


思考力や記憶力が弱いと社会通念も穴も気にせず生きられますし、
社会通念が強烈な支配者によってもたらされるならば
生存本能により穴を補正します。

しかし、大切に育てられた、知能の高い子は、
学校の先生などが当たり前のこととして押し付けてくる
「社会通念の穴」を看過できません。


どうか、この穴の存在を指摘し、
親子で意見を出し合って、共有してみてください。

正義感から同級生を注意して、みんなから返り討ちに合い悲しむお子さんを
ひどいね、間違ってるのはあっちだよね、と迎合してみせるぐらいならいいけれど
「正義の反対は、別の正義なのかもしれない」
「正義ってなんだろう。美徳?ルール?数?力?」
などと考え、学ぶチャンスです。


もしかして発達障害寄り、のお子さんの心のモヤモヤが薄らいでいきます。
百ゼロ思考の緩和につながり、
裏切られても深刻に傷つくことにならなくて済む、
程よい信頼関係を築く足掛かりとなるなど、メリットが大きいお得な関わりです。

蛇足ですが、
社会通念の穴を補う練習は、
難関中学受験の国語論説文や、読書感想文、
推薦入試の小論文などでもものすごく役に立ちます。

1円もかからずお得なので、
是非やってみてほしいなと思います。

読んで下さりありがとうございました!
もしかして発達グレー研究所でした!