「もしかして発達グレー研究所」凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

新担任の崖 優しく見下してあげよう

社会的な強者を、強者として認めることをしない子達は、学校に行くだけで混乱します。

ここで言う社会的強者とは、学校の先生や、テレビに出てくる人たちなど、たくさんの人達から認められていたり、人気があったりする人達です。


「社会的強者をほぼ無批判に受け入れる感性」は、社会の荒波を乗り越えるにあたりとても役に立つものです。

「社会的強者のことほどかえって厳格な基準をもって選別してしまう感性」の持ち主は
「長いものには巻かれろ」という行動規範を持たないわけで、社会的強者だからといって従う
代わりに、「自分の価値観から鑑みて有能であれば尊重/服従する」という行動様式を持っていることがあります。


人間は、本能的に群れを作るのですが、その際、「群れをつくるパワー」の強い者の価値観に基づいて、ヒエラルキーを形成します。この、群れる生物としての本能は、学校集団と深い関わりがあると思います。

同調圧力は、相互承認供給システムに付帯した機能です。
自分の価値観をベースに言動を選択している子は、相互承認システムに参加しない子が多いです。
このため、クラスメイトなどの承認を受けるチャンスが圧倒的に少ない状態にあります。
しかし、同時に、助けたい存在がいると頑張れる、という特性をひそかに隠し持っていることが多いので、それを活かしましょう。


また、本能を抑え込む前頭葉の働きは、個人差が大きいです。
あまりにも強く本能を抑え込んでしまって不具合を起こす子と、本能を解放しすぎていて不具合を起こす子がいます。
後者のほうは、多くの場合「自分よりもヒエラルキー下位の者」を必要としています。

綺麗事として「人を下に見てはいけない」と教えることに社会通念上はなっていますが、それは、綺麗事や建前から本音を拾わないピュアな子を陥れる罠のように感じます。

もちろん、いわゆる見下した言動を人前で取ることは控えるよう徹底すべきです。
しかし、「見下す」という感覚がわからないとか、絶対悪と認識しているような、ピュアすぎる子に対しては、
敢えて「内心で見下すのは、あり」「面従腹背、あり」「そうやって、悪意から身を守り、バランスを取っている」といった生きる知恵を教えるという選択肢があってよいと思います。

いじめ、いじめられも同様です。
純粋すぎると生きにくいのは明らかですから、毒を以て毒を制す感覚は、身を守るために持っておいてほしいと思うのです。


「いじめは絶対にしてはいけないことです。人権侵害です」
「相手が嫌だと思ったらいじめです」
という、いじめっ子側に向けて発信された綺麗事を真に受けて、
「自分は嫌だ。だからいじめられている」
「相手は、絶対にしてはいけないことをしている。自分は人権侵害されている」と思ってしまうことが、かえってお子さんご自身を窮地に追い込んでしまうケース、多いです。


目下の世話をする、目上に従う、という、社会的に「当たり前に、無言で要求される望ましい言動」は身に付きにくいですよね。

多くの場合、精神的ストレスの感受性が高いために、さらにストレス感受性が高まるという連鎖反応が起きているのです。

定型の人たちがするように、見下すことを自然に身に付けて、メンタルをどうにか保っているんだよ、やってみよう、といったかんじで、
自然に身に付けられない崇高すぎる子には、教えてあげればいいじゃないか、教えないのは大人側がエゴなのではないか、というのが私の考えです。
(ピュアな心をちょっと汚すと、かえってピュアで居続けることがたやすくなるのです)


こうして自分に余裕ができますと、先生のヒステリックな言動や支離滅裂な行動を、冷静に眺めることができるようになります。
冷静でいられれば、「ましな言動」を選択するためのワーキングメモリが解放されます。

パニックを起こしている最中は、大人であってもヒエラルキー最下位にふさわしい場合が見受けられます。
「お気の毒に」
「自分は勉強頑張って、もうちょっとましな仕事に就くぞ!」
「この事を、身を賭して教えてくれた先生は立派」と思ってあげるよう、促してみてはいかがですか。

ゲス、上等です。
サバイバルですから。