「もしかして発達グレー研究所」 凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

子育ての正解を知りたい親御さんへ


子育てに正解はありません。

まずはそこからです。期待させてしまったかもしれません、ごめんなさい。


本屋さん、図書館、ネット書店で見てください。
なぜ、あれだけたくさんの子育て本があるのでしょうか?
子育ては、条件を揃えた実験らしい実験が一切できませんので、相関関係は見えても、因果関係はわかりません。
一卵性双生児600組を別の環境で育てたイスラエルの実験ぐらいしか、私は知りません。どなたかご存じでしたら是非教えて下さい。


都市部を中心に核家族が増え、祖父母や兄弟姉妹など同居家族が減り、子育てノウハウを直接仕込まれる機会が減り、子育て本が多く求められるようになったとき、
「どのような人が子育て本にお金を出すのか」というマーケティングを出版社が行った結果、統計的に効果的だと思われる子育て論であって、変わった子との関わり方はほんの少ししか書かれていないことがほとんどでしょう。

変わった子向けであっても、変わった子のパターンひとつひとつについて説明するのは不可能で、結局一般向けに網羅することはできませんので、読み手側で、「これは使えそう」というものを取り出しながら試行錯誤するのがよいでしょう。


一般論ですが、子育て本に書かれているのは、本を買う程度以上にはお金と教養があり、なおかつボリュームゾーンにいる母親と子どものことであることが多いです。

忙しく、子どもに手間隙をかけられない、なるべく自腹は切りたくない、そういった女性が気持ちよく読み進め、前向きに読み終えることができて、なるべく責任や不安を感じさせないような書き方で書いて、素敵な表紙をつけておくものです。

しかし、発達凸凹に困っている親子が必要としているのは、それじゃない。
全ての親子を対象とした統計的なスタンダードではないですよね。
違和感なく読める子育て本というのは稀でしょう。
15年前は、100ページ中、1見開きあれば、「やった!」という感じでしたよ。
今は、変わった子向けの本がたくさん出ていますが、
それでも、多様さゆえに、
「目の前にいる子のための子育て論」については
なかなか取り扱ってもらえないという感覚があるのではないでしょうか。

そうです、お子さん一人一人について本が書けるほどにお子さんは多様です

まして、
先生はプロです、プロは過ちを犯さないので安心して保育や教育を委ねるべきです…子どもは天使、美しい心…愛情愛情愛情愛情とにかく愛情を伝えましょう…信じてあげましょう…体罰はあってはならないこと、心を蝕みます…時にはお子さんと離れて…

いちいち真に受けないでください
真に受けるのではなく、この手法は使えるかも、やってみようかな、というものをつまみ食いする形で選べばいいのです。


そうしなければ、親御さんがいくら一人の社会人としてはメンタルが強くても、迷える子どもを抱えた迷える保護者としては、心が持ちませんよ。

正解はないのです、
そしてきっと、不正解もないのです

私にはなにもわかりません、
ただ、我が身の悩みの多くを手放した今言えることがあります

子どもが、生きてそこにいてくれることが
尊いことだということです