「もしかして発達グレー研究所」 凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

学校の闇は深すぎる~先生は鬱です

うつ病にも色々あります。
多忙、暇、金持ち、貧乏、関わらず、遣り甲斐を感じられていないとき、睡眠等生活リズム、交感神経 副交感神経といった自律神経のバランス、ホルモンのバランス、血行、免疫力、からだの
ダメージと心のダメージが合わさることをきっかけに、どーんと発症することが多いかなと思います。


「この仕事は成功する!」「このプロジェクトでたくさんの人が喜ぶ!」「自分が引きこもりしてると、大好きで大嫌いな親を困らせることができる」
良くも悪くも、自己効能感と結果が伴っている最中に鬱になるという話はあまり聞きません。(気付かないだけかもしれません、大プロジェクトを無理繰りやりとげてほっと肩の荷が降りたときというのも、不適応を起こすことがありますからね)

それまで、自己効能感があったのに、急激に「良かれと思ってやってるAI開発、このせいでクビになる人がいるのかな…自分もそうなるのかな…」
「喜ぶ人だけじゃないよなぁ…」

こんなコンフリクト(葛藤)と、気力体力遣り甲斐絶好調のピークを超えたあたりで、どーん、と落ち込むケースが多いです。


学校の先生というのは、「子どものため」と思えば思うほど葛藤に苦しまなければならない仕事です。

子どものために楽しくしたら他の先生のメンタルを逆撫でし、
子どものために厳しくしたら親が怒鳴り込み、
子どものために優しくしたら、進学先の学校での強い指導を苦に自殺した…などなど

学校の先生は、利害の異なる人や組織に包囲され、常に見つめられ、心理的に縛られてしまっています。
バランスをとろうにも、はっきりいって、無理です。
先生に許されている挙動が、少なすぎるのです。



時間的、金銭的、立場的、思想的な縛り


「学校の先生は教育のプロなのに」と保護者はよく言いますが、
実は、子どもを励まし伸ばすためのツールは、親が圧倒的に一番持っています。

他人である教師は、厳しい制限の中でしか、関われません。

パフェやケーキや釜飯、ハグや頭なでなで等スキンシップや旅行、体験、プレゼント、添い寝。
オフィシャルな立場では決してとれない、強力な手段がたくさんあります。
親は、我が子のニーズを知るための試行錯誤も許されていますし、我が子の情報を第三者に提供し、助言を受けることもできます。
タイミングよく、有効なメンタル助け船を提供することができます。

親は、ちょっとやそっと子の機嫌を損ねても、子どもとよりを戻すチャンスとツール(お金)を持っていますので、関係のメンテナンスが容易です。



学校の先生にできるのは、いったい、どんなことでしょうか?

ぶっちゃけ、言葉がけ、ぐらいのものじゃないですかね?
しかも、記憶力凸、バランス力凹の子相手ですと、一度言葉選びに失敗したら、再構築は困難でしょう。

その先生が憧れ対象とかであれば、絶大な影響があるでしょうけれど、
色恋みたいなものですから冷めたら憎しみになることもあります。
博打です。
博打に、大事なもの賭けますか?



・メンタルを保護しながら適宜 必要な言葉を受け取る
・処理しきれない言葉はポイ捨てする
このプログラムを実装していない子は、
先生の、良かれと思った言葉がけによって、かえって傷付いたりモヤモヤしたり絶望したりすることも。
「ひねくれてる」と自覚すれば治るかというと、今度はひねくれてる自分が許せない、となり、さらに人間不信を深めがちです。


学校の先生は群れのリーダーに過ぎず、個体との関係修復に取り組む時間も手段も限られています。
実質、一度信頼を失うと、修復チャンスないです。

「関係構築がうまくいかなかった子のことは忘れるのがセオリー」とおっしゃる先生を、最初は私もビックリし許せませんでしたが、
そういうメンタリティでもないと続けられないのね、と思うようになりました。

※この考え方は一部の公教育の流派に深く浸透しているようです。
彼らにとって最大級の贖罪は「記憶すること」です。「今回のことは、ずっと記憶に留めておきます」「教員生活を通して、考え続けていきます」と述べることで贖罪になる文化圏なのです。



結局、先生って、個の教育は、守備範囲外なのです。

例えるならば、ヤギ飼いの少年ペーターと、あらいぐまのラスカルの飼い主ぐらい、属性が違う(ごめんなさいまた変なこと言ったかもしれない)。


地方都市は別としまして、首都圏は教員以外にも仕事ありますから教育に適性のある人も、他業種に流れてます。塾はもちろん、どんな業種だって、感情的にならずに人材育成できる人を求めています。


集団指導ってなんだかんだスゲーいいよなー!と思ったか、
なにがなんでも公務員!と思ったか、
デモシカ先生(先生にでもなるかぁ、先生にしかなれない、という職業選択感覚)
この3パターンがほとんどだと思った方がいいんです。

先生だから尊敬すべきとか、悪口いっちゃダメとか、もう通用しないですよ。

パワハラがマスコミにあれだけ叩かれているご時世に、目の前で子供相手にやっちゃうんですもの、これって犯罪じゃないの…?と思うのが自然でしょ。親は、反面教師から学ぶメンタリティの育成に力を注ぐぐらいがちょうどいいと思います。
たまに尊敬できる先生に出会えたら、儲けものぐらいがいいですよ。

個別対応と集団指導のバランスの重要性をよく知っていて、なおかつ優秀な若者は、東京通勤圏では、公教育を仕事に選ばなくなってきてきます。

学校教諭が子どものためにできることは少なすぎる、とあらかじめ見えてしまいます。
他にやりがいを得られる仕事があります。
優秀で善良な教員ほど、トラブルを背負い込む羽目になったり、妬まれて足を引っ張られたりして心身の健康を害しています。

こうして、東京、神奈川の教員人材は枯渇の一途を辿っています。

セクハラOKにでもしないと、かえってまともな人材入らないですよ。


現代っ子の個性は、30年前の個性とは比較できないほど多様です。
個を尊重するのがすごーく難しい。
そもそも情報を処理する脳の余力(例、ワーキングメモリ)が、対象人数分必要ですが、そんな頭のいい人は今や教員なんていうババ抜きゲームに参加しません。


浮きこぼれ、吹きこぼれ、落ちこぼれ、はぐれ雲、といった個の尊重が、集団の機能を上げることにつながるならば、先生にとっても、やりがいのある取り組みとなりますよ。
しかし、現実の担任の立場としては、集団の機能を落とす(全体的に緩ーくなるか、バラバラになる)リスクマネジメントを優先せざるを得ないのです。

集団に属さない1人を救おうとして、30人を迷子にさせるわけにはいかないからです。
(1人が、将来、30人分納税してくれる人に育ちそうなら、個体を優先するのもありかもしれませんがね~)

集団構成員やその親は、集団の利益が損なわれてしまうことを懸念しますので、優先順位は多数派が当然上ですよ。



子育てしていたら、お子さんひとりの相手しながら別のことをするってだけでも結構メモリ使うっておわかりになるのではと思いますよ。
それをクラスの何十人+授業+隣のクラスの親や子からの妬みへの配慮+同僚への配慮+管理職への配慮+教育委員会への配慮+etc...

ものすごく処理能力が高い、そうですね中学受験で言うと女子学院合格ぐらいかな~、事務処理の神でなければ無理ゲーです。


より有力な教育ツール・教育資源を持つ保護者に、うちの子を個別対応せよという難題を押し付けられ、先生たちの多くは、学習性無力感にさいなまれています。


※時々見かける多動な先生は、あまり深く考えずに、教員になり、多動と謙虚さを活かして、集団と浮きこぼれたちをうまく誘導してくださいます。

多動、不注意、の先生も大切にしましょうね。
授業がテキトーでも、脱線ばかりでも、それも個性じゃないですか?学力は家庭で1対1のほうが伸びますし。
人の得意不得意を許容し合い、補い合う世の中を望んでいるのですよね?
個性やら多様性ってものの光と闇を知るのにもってこいですよ。

「先生、あなた全然ダメ」「担任、ハズレ」と仰りたくなる気持ちもよーくよーく、わかりますが、無い物ねだりはメンタルに良くないです。絶対。世直ししたいなら、子育て終わってからがよいかと。


先生は、残業代も出ず、何かすればどこかからクレーム、仕事を頑張るほど家族との溝は深まり、鬱病になっても休みを取らせてもらえない、悲愴なワンオペ戦士です。


続きます。