「もしかして発達グレー研究所」凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

学校の闇は深すぎる~先生は鬱です

うつ病にも色々あります。
多忙、暇、金持ち、貧乏、関わらず、遣り甲斐を感じられていないとき、睡眠等生活リズム、交感神経 副交感神経といった自律神経のバランス、ホルモンのバランス、血行、免疫力、からだの
ダメージと心のダメージが合わさることをきっかけに、どーんと発症することが多いかなと思います。


「この仕事は成功する!」「このプロジェクトでたくさんの人が喜ぶ!」「自分が引きこもりしてると、大好きで大嫌いな親を困らせることができる」
良くも悪くも、自己効能感と結果が伴っている最中に鬱になるという話はあまり聞きません。(気付かないだけかもしれません、大プロジェクトを無理繰りやりとげてほっと肩の荷が降りたときというのも、不適応を起こすことがありますからね)

それまで、自己効能感があったのに、急激に「良かれと思ってやってるAI開発、このせいでクビになる人がいるのかな…自分もそうなるのかな…」
「喜ぶ人だけじゃないよなぁ…」

こんなコンフリクト(葛藤)と、気力体力遣り甲斐絶好調のピークを超えたあたりで、どーん、と落ち込むケースが多いです。


学校の先生というのは、「子どものため」と思えば思うほど葛藤に苦しまなければならない仕事です。

子どものために厳しくしたら親が怒鳴り込み、
子どものために優しくしたら、中学高校の教諭の強い指導を苦に自殺したといったニュースがまいこんでくるのですよ?


バランスをとろうにも、はっきりいって、無理です。
先生にできることが少なすぎるのです。

縛りがありすぎます。



時間的、金銭的、立場的、思想的な縛り


「学校の先生は教育のプロなのに」と保護者はよく言いますが、
実は、子どもを励まし伸ばすためのツールは、親が圧倒的に一番持っています。

他人である教師は、厳しい制限の中でしか、関われません。

パフェやケーキや釜飯、ハグや頭なでなで等スキンシップや旅行、体験、プレゼント、添い寝。
オフィシャルな立場では決してとれない、強力な手段がたくさんあります。
親は、我が子のニーズを知るための試行錯誤も許されていますし、我が子の情報を第三者に提供して助言を受けることもできます。
タイミングよく、有効なメンタル助け船を提供することができます。
親は、ちょっとやそっと子の機嫌を損ねても、手段をたくさん持っていますので、関係のメンテナンスが容易です。


学校の先生にできるのは、いったい、どんなことでしょうか?

ぶっちゃけ、言葉がけ、ぐらいのものじゃないですかね?

その先生に憧れてるとか恋してるとかなら絶大な影響があるでしょうけれど、
それって博打ですよ。

メンタルを保護しながら適宜 必要な言葉を受け取り 処理しきれない言葉はポイ捨てするプログラムを実装していない子は、
言葉がけによって、かえって傷付いたりモヤモヤしたり絶望したりして、人間不信を深める子は、記憶力もよいことが多いです。

関係修復に取り組む時間も手段も限られていますので、実質、一度失った信頼は戻ってこないのです。
関係構築がうまくいかなかった子のことは忘れるのがセオリーとおっしゃる先生がいたぐらいです。


結局、先生って、得意分野が学校、集団なのですよ。個は、守備範囲外。

羊飼いの少年ペーターと、あらいぐまのラスカルの飼い主ぐらい、集団相手と単体相手では、属性が違う(ごめんなさいまた変なこと言ったかもしれない)。


地方都市は別としまして、首都圏は教員以外にも仕事ありますから、
集団指導ってなんだかんだスゲーいいよなー!と思ったか、
なにがなんでも公務員!と思ったか、
デモシカ先生(先生にでもなるかぁ、先生にしかなれない、という職業選択感覚)がほとんどだと思った方がいいです。

個別対応と集団指導のバランスの重要性をよく知っている若者のうち、思慮深い者は、東京通勤圏では、公教育を仕事に選びません。
学校教諭が子どものためにできることは少なすぎる、とあらかじめ見えてしまうからです。



集団をまとめる立場として、個を尊重するというのは、すごーく難しいです。
情報を処理する脳の余力が、対象人数分必要なのです。

浮きこぼれ、吹きこぼれ、落ちこぼれ、はぐれ雲、といった個の尊重が、集団の機能を上げることにつながるならば、先生にとっても、やりがいのある取り組みとなりますよ。

しかし、現実の担任の立場としては、集団の機能を落とす(全体的に緩ーくなるか、バラバラになる)ことにつながるリスクを重く見なければなりません。

集団に属さない1人を救おうとして、30人を迷子にさせるわけにはいかないからです。

集団構成員やその親は、集団の利益が損なわれてしまうことを懸念します。


お子さんひとりの相手しながら別のことをするってだけでも結構メモリ使いますよね。
それを何十人+授業とか… 神でなければ無理ゲー。


より有力な教育ツール・教育資源を持つ保護者たちに、個別対応せよという難題を押し付けられ、先生たちの多くは、学習性無力感にさいなまれています。


※時々見かける多動な先生は、あまり深く考えずに、教員になり、多動と謙虚さを活かして、集団と浮きこぼれたちをうまく誘導してくださいます。

多動の先生、大切にしましょう
授業がテキトーでも、それも個性です
人の得意不得意を許容し合い、補い合う世の中を望んでいるのですから、
「先生、あなた全然ダメ」と仰りたくなる気持ちもわかりますが、
ろくでもない他者と付き合わねばならぬとき、どう折り合いを付けてどう補うのかを発達に心配のあるお子さんに示すことこそ、大切な勉強だと
おばちゃんは思います


続きます。