「もしかして発達グレー研究所」 凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

学校の怖さ、傾向と対策

ふんわり続きです。


当研究所では、「学校が怖いのはなぜか、無闇に聞き出さないほうがいい」としています

聞き出す介入が向いている、と判断した場合は、別ですが。


☆学校の闇は深いが、傾向と対策は可能

本人が原因を見出だせてないときに、原因を聞き出そうとすると、何が起こるでしょう。

多くの場合、わかりやすい部分、表出した現象ばかりに関心を傾けることになります。

これでは、かえって、問題の本質が見えなくなりがちなのです。
ピントがずれて、真の問題解決からは遠退きます。
問題解決手段としては、やめたほうがいいです。


「学校が怖い、行けないと子どもが言うのです。親も先生も、なにも問題ないように見えるのに」
「では、徹底的に待ち、聞いてあげましょう、話したくなるのを待ちましょう」
これ、あるあるな対応で、枚挙に暇がありません。

バランシング機能がついている子は、待ってればいい、聞いてやればいい、同意です。


でも、そうでない子は、なんで休みたいのかとか、怖いのはなぜかとか、
聞き出そうとするほど病巣が深部に到達してしまいます。

原因がわかっていて言語で表現できるのなら、学校という非動体、非生物を、怖いと表現するに至らないです。

一見いじめ問題であっても、
問題の本質は、いじめでもなんでもなく、
適切な表現ができないことと百ゼロ思考のネガティブスパイラルそのもの。

いじめがなくならない!だとか、
環境がよくない!等と他人のせいにして騒いでいる場合ではないのです。

慎重に関わらねばなりません。
「怖い、って、どういうこと?
いじめられてるとか、無視されているとか、そういうこと?」等と掘り下げようとすると、
対話の主題が「いじめをやめさせること」となり、親は「我が子を守ることこそ使命」にシフトしてしまいます。

原因は他者であり、本人は被害者だ!という気持ちを刷り込んでしまいやすい「いじめ」という概念は横置きしませんと、本人の側の改善に取り組むことが難しくなります。



「学校が怖い」と言う子の、物事を言語化し処理する能力は
問題の本質を認知し、表現するには、あまりにも不足しています。
こんなミッションに特攻させていたら、命がいくつあっても足りませんよ。

訓練と、目的達成。
同時に行える心理的状況かどうか、よくよく考えてみてください。

数パターン想定すれば済む話です。聞き出すことにこだわるのはやめましょう。
話したり共感されたりしてもスッキリするとは限らない、むしろストレスためてしまったりしがちなのが、発達障害です。


ふんわり続きます
(ひとつのエントリが長すぎるとご指摘頂いたので、切ります。スター下さった方、ごめんなさいね)
www.asdadhd.jp