「もしかして発達グレー研究所」凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

正義感に要注意!ASDとガールズトーク

www.asdadhd.jp
続きです。
ガールズトーク、と銘打ちましたが、老若男女問わず参考になる方にはなり、ならない方にはならないことを垂れ流す、いつものおばちゃんです。

お付き合い頂きありがとうございます。

☆小中学校で排除される理由ナンバーワンは正義感&正義の押し付け

「正義感が強い」
「自分の価値観以外認めない」
少年少女向け漫画のヒーロー、ヒロインにありがちな性格です。

これ、ヒーローヒロイン級に上方突き抜けができるなら、小中学校で繰り出しても、いいと思います。

しかし、ヒーロー級に上方突き抜けできる子は稀です。
実生活上では、これさえあればまず、小学生、中学校、間違いなく嫌われることができるという激ヤバ個性、ハイリスク因子だと思った方が良いです。

それにも関わらず、先生も親御さんも、だいたいほめちぎります。

そりゃ、我が子が悪より、正義のほうがいいに決まっていますよ。

しかし、自分でバランスをとらないのに、他者からバランスを考えずにほめちぎられた子は、予後が良くないです。

自分の信じる正義へのこだわり、偏りはますます大きくなるからです。


多くの人が「我が子も、清く正しく生きてほしい」と思っていますし
空気を読まない正義感の強さが人々を救うこと、あります
世の中には、ヒーロー、ヒロインの正義が人々を救うという目線で描かれたものがたくさんありますね


しかし、魑魅魍魎の学校生活フェイズでは、
正義感を持った子は、猛烈に苦痛な針のむしろで疲弊します。
正義感の押し付けは疎まれ、排除されるリスクに直結します。
正義感が招く、負の側面のほうが目立ってしまいます。
十分に考慮しておく必要があります。

正義感が強くて真面目な子は、正義原理主義に洗脳されている状態に陥りやすいです。
いったん、脱洗脳してあげることをおすすめします。

正義の呪縛から逃れて、改めて正義を模索するのであればリスクは少ないですが、
幼児期からずっと同じ正義を信じ続けてしまっているのであれば、
早めに本気で脱洗脳したほうがいいかもしれません。


☆正義感が強くても排除されないケース

超人気者だけです。
人間力偏差値70越え、対多数派人気(協調性とも言う)偏差値60越えている子ならば、正義正論を振りかざしても排除が行われることはあまりないでしょう。

人間力、多数派人気、という自分のパラメーターを度外視して、正義正論を振りかざすと、中学卒業までに痛い目に遭います。
他者に対して正義をふりかざさない場合は、嫌われこそしませんが、
自家中毒のような状態になります。
そして、あっという間に心身不調に陥ります。


☆定型高校生は排除せず、避ける

高校ではどうでしょうか。
多くの場合、まわりが「嫌なやつには関わらない」というライフハックを身につけ、わかりやすい排除の形としては表面化しなくなってしまいます。

ASD傾向で嫌われがちだったお子さんにとっては、静かに「やたら読書や勉強又はゲームがはかどる」時代到来、となります。

どんどん、親の心理介入が難しくなって、また、フィクション的な、絶対的な正義へのこだわりを強めていきます。

☆コツがわかれば無理なく嫌われない

正義感だとか、損得勘定なしに、等という言葉は美しいのですが、
上手に使いこなすという観点が抜けていると、生きづらさに直結します。

善悪の二元論でカタがつくほど、人は、単純ではないのです。
集団となれば、なおさらです。

自称正義感の強い、痛い人(自戒をこめてます)に成り下がる前に、親は介入を完了させたいところです。


学校の先生や、療育では、正義に関する指導をうやむやにしがちです。
内心、「頑なな正義感は毒」と知りながら。

立ち歩きをする同級生に注意する、
宿題、時間、約束きっちり守る、というような、正義感の持ち主は
先生サイドは(あっ、この子、心配だな)と思っても言いにくいです。

正義感が強いこと、ルールを守ることはいいことだ、と信じ込んでいる親子に
「あなたの正義感は強すぎていずれ毒になるから、
今のうちに汚れておかないと」などと指導しようものなら
保護者激昂させちゃいますからね。

ネガティブな面わざわざ指摘せんでもいいか、寝た子を起こすなと言うしね、となります。

面談等で
「正義感強くて!助かってます!」などと担任に言われたら、
生きづらさの危険信号点った、と思った方がいいです。


「これから正義の話をしよう」という講義が有名ですよね、
正義ってひとつひとつの価値観と状況によって事実上変わるのです

変化に対応できない正義は、
一定の環境下で毒となります



正義感の調整は、価値観の基盤となる部分への介入が必要です

ものすごく大事なことなのです、
ですから、他人が勝手に行うわけにはいきません
つまり、大事だからこそ、親が自分でやらない限り、誰もやってくれません



それぞれの価値観にそれぞれの正義があり、押し付けることはできないということ…

親である自分は、他者である子の価値観に介入するという大罪を犯してでも、子が「絶対的な正義」を盲信し歪んでいくことを見過ごせない、愚かな生き物であること…

自分の正義は自分を律するために使うこと
他者に押し付けると人間同士価値観同士のパワーバランスが崩れ、潰し合いになること…

様々な絵本、ドラマ、映画、マンガで、正義がテーマとなりますので、それらを楽しむたびにサブリミナル効果のように、少しずつ正義の話をしておくのが良いでしょう。

「正義って言うけど…みんな、自分の正義を信じてやってるんだよね…絶対的な正義なんて、誰にもわからないね…

自分の正義で自分を律して、多数派を敵に回さない、というのが最適解なのかな」

といったゆるい正義感にバージョンアップしてあげられればいいなと思います


心に余裕があれば、多様な価値観を受け入れる寛容さを持たせやすくなります。
多様な価値観を受け入れられる寛容さがあれば、心に余裕が生まれるという良いスパイラルになります。

☆信じるもの

正義感を持つなということではありません。
自分の正義感は、整理して、アップデートして、バランスとって、大切に育てましょう。

しかし、自分の正義がどんなに素敵な正義でも、見せびらかしてドヤるのはやめときましょう。

ドヤらないまでも、正義で自縄自縛になってしまっている子は、
そうですねぇちょっとした悪さ、たとえば、鳩にエサをやるとか、
見下し発言の練習をさせるとか、学校ずる休みして映画行くとか
「道を踏み外してみる」のを励ましてはいかがでしょう

鳩にエサやったらいけないけど、でもこれ承認欲求満たされるなぁ、承認足りてない人がエサやりたがるのも無理ないなぁ
みたいに物の見方を調整していくのです

正義は移ろう、ということが理解できない場合は、
「正義を侵した者を許す力」につなげてあげるのも
いいんじゃないでしょうか。


誰もが、自分の正義を持っていて、それを正させようとする者は命懸けのプロジェクトだと思った方がいい、ということを前者のドヤる正義タイプは知ってほしいです。
後者の、自縄自縛タイプは、親のやらかしを子に許してもらう、というのが恐らく数少ない改善方法になるのかなと思います



正義に限らず、「強く信じる価値」全てにおいて、

小さく偏り、小さくバランスをとるほか、手立てがないのです。

偏ることを前提として、ではどうやってバランスをとっていきましょうかと模索していきましょう。



続きます。
次回のほうがライフハックっぽいです。