「もしかして発達グレー研究所」 凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

押し付けられる主観に拒絶反応起こしてませんか?

サバイバルハック、裏ルールです。

☆規範も規格も所詮は主観!

反省、態度、友情、約束、絶対、団結、思いやり、ちゃんと、しっかり、がんばれ、相性、全力で、心を込めて、優しく、楽しく、元気に、ダメ、本気で、もういい、嘘、等々…


会社、学校、保育園、幼稚園、療育園などの集団で好んでやりとりされるこれらの概念、一見「規格」「規範」「規準となる概念」です。
しかし、実際には、どのように運用されているでしょうか。
実は、各々の主観に委ねられた、不確かなものに過ぎないのです。

多数派のひとりひとりが、これらの概念や規範をいちいち了解しているのかと問われれば、答えはnoです。

定型の子どもたちは、より強い人、偉い人の示す規格…
つまり誰かの主観と自分の主観に振り回されて、ほぼほぼ感覚頼みで生きているのです。
無理矢理例えますと、三半規管がぶっ壊れている方が生きやすく、定型と称されがちだということです。


これはこれで、とても危機的な精神状態なのですが、多数派は多数派であるだけで、互いに承認欲求を満たし合うとか、槍玉にあげられずに済むというメリットを享受できますので、やっていけるようです。

☆パトラッシュ…疲れたろ…

一方、
発達障害、もしかして発達障害グレーゾーンのお子さんたちや、HSP繊細すぎる子どもたち、繊細すぎる人たち、すなわち多様発達の方々は、どうでしょうか。

一過性の主観に過ぎず、本来は取るに足らない、しかし一見「規範」を示す言葉の数々から、強い押し付けられ感を感受してしまい、げんなりしてしまったり、イライラ、モヤモヤしてしまったりしていることがとても多いと思います。

しかも、その辛さを誰かと承認し合い、承認欲求を満たし合うという、相互扶助の仕組みを持たないため、げんなり、イライラ、モヤモヤ、晴れることがありません。

☆問題は、発達障害ではなく、ストレススパイラル

前項では、多様発達の人々に限ったような書き方になっていますが、
個人的には、言葉に過剰反応してげんなりイライラモヤモヤしてしまうのは、発達特性由来というよりも、精神的、肉体的ストレス由来だと思っています。

「ストレスが強いと、ストレス感受性が高まる。ストレス感受性が高まると、ストレスがより強くなる」という、普遍的な負のスパイラルの影響は、発達凸凹に関わらず起こります。
また、影響の出方も、一般的に「発達障害の症状」として示されているものと全く同じです。

空気が読めない、何度も同じ間違いをする、忘れ物をする、遅刻をする、やる気が出ない、怒りっぽい、暗い、感覚過敏などのトラブルは、多様発達、典型発達に関わらず、ストレスが強く、承認欲求が暴走しているときには誰にでも起こり得ると私は、見ています。

☆じゃあどうしろっていうの?

辞書的に解釈すると、理想の子であり続けろというメッセージを受け取らざるを得なくなります。

でも、リアルでは、全然押し付けなんて感じる必要はないです。

まずは、演技、そぶり、ポーズ、つまり、見た目を取り繕って、強制や、怒りや攻撃の嵐が収まるのを、冷静に待つ練習をします。

待つときと、その後得られた比較的心の自由なときに、さっきのはどうしたらよかったかな、とふりかえる練習をします。
余裕があれば改善計画にとりかります。

改善できなくても改善できない自分を責めるのではなく、美しい反省の態度は学べているなーと自分を認める、といったところです。

このあたりのバランス感覚の習得が、サバイバルの最適解ではないでしょうか。


なんとなーく続きます。
correct-me.hatenablog.com