「もしかして発達グレー研究所」 凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

アスペルガーは反面教師から学ばない

アスペルガー症候群を含むASDの人は、先輩ASDに学ぶとよいという話があります。

個人的には、本人の許容力と、先輩ASDのキャラによる、と思います。

先輩ASDを「よい」存在と思えるかどうか?にかかっています。

確かに、情報の取捨選択方法を、マンツーマンで教わるメリットは大きいですね。

こだわりのある子は、独学すると、情報過多になりすぎて混乱したり、どストライク以外切り捨てたり、1ヶ所でも違和感がある本・人から学ばない(完璧なものからしか学べない)くせがついてしまい、学びの間口が狭くなりがちです。

発達障害の中でも自閉傾向の強い子が、他者を参考にするかどうかは、全面的なフィット感を感じられるかどうかに依存しがちです。

尊敬できる指導者からは、ものすごくよく学びます。
しかし、ひとたび「こいつ、嫌な奴だな」「価値ないな」と思うと、その人からどんなに有意義な話をされても、無興味状態、全く聞く耳を持たなくなるのです。


完全無欠の素晴らしい人格者から常に学べる環境であればそのままでもいいかもしれません。
しかし、そんな環境にいられるわけがありません。
居たとしても、ごくごくわずかなトップエリートだけでしょう。


百ゼロ思考の強い子、自閉気味でストライクゾーンの狭い子にとって、「ダメな人から学ぶこと」「反面教師から学ぶこと」はとても難しいことです。
自力だけでは、40 50過ぎてもたどり着けないケース多いです。
でも、こだわりの強い子だからこそ、必ず身に付けなければなりません。
そうしないと、学びの機会が激減するだけでなく、将来自分自身の存在価値を見いだせなくなる日が来るからです。


では、ダメな人からでも学べるようにするには、どうしたらよいでしようか。

百ゼロ思考や自閉は、生まれつき固まってしまっているケースもあるかもしれませんが、
総数で言いますと、後天的なストレスによって百ゼロ傾向を強めているケースがほとんどです。

そう仮定し、ストレス調整をはかります。

学校でのストレス負荷を減らしてもらうべきでしょうか?
担任やクラスメイトに負担をお願いするなどして学校でのストレス・負荷を減らすべきかどうかは、個別に、慎重に見ていかねばなりません。

基本的には、単に居合わせたに過ぎない担任やクラスメイトレベルの他者には期待させてはいけません。
他人は無責任です。勝手なタイミングではしごを外すことが多すぎます。
多くの場合は持ち物準備等 家でのフォローに留めていただき、家では、学校内外トータルで負荷と幸福感を見極め、バランスをコントロールしていきます。


学校負荷の強い年は、親子関係を深めやすいです。親の介入で、幸福感受性を高めることがたやすいです。
学校負荷の弱い年は、家で負荷をかけて、能力向上させることに向いています。

いずれにしても、幸福感は、ストレスを打ち消す力があります。
ですから、親も幸福感を徹底的に感じまくりましょう。
一緒にたくさん笑いましょう。
そのためには同じものを楽しむ時間を作りましょう。

一緒に笑うのって幸せだね、笑えなくても、こんな素敵な人がそばにいるだけで尊い。
その人の家族でいられるなんて、私は幸せだなー もちろん辛いことがっかりなこともたくさんあるけれどそこばかり見ずに、根本に立ち返れば、とても幸せでいられる。
と、親の幸福感を刷り込んでいくのも良いかもしれません。


親自身が、心から幸せだと思える気がしないならば、親自身のストレス調整を行うとよいでしょう。
スポーツクラブおすすめです。
行くだけで美男美女がほめまくってくれます。
万年運動嫌いでも、ジムでは運動します。
自己肯定感が上がります。
(とはいいつつ、私は契約して続けられる自信がないので契約してません
子ども連れて公営プールに行きます
スタイルいい人って意外に居ないのでBMI35くらいなら劣等感も感じません)

こんなことも伝えます。
・幸福感のためには、人を傷付けない笑いがよい。
・笑えればなんでもいいという価値観の人たちには押し付けない。
これしっかり刷り込まないと、いじめっ子軍団にひとり立ち向かい返り討ちに遭う蟷螂の斧くんになります。
いじめを止めるには、それなりの人望や組織力が必要です。
正義やルールを振りかざして疎ましがられがちなASDに「いじめを見たら止めよう」という指導ははっきり言って毒ですので、やめましょう。


遊び、美味しいものを分け与え、お互いの喜びになる範囲でだっこやハグをし撫で回し、一緒に寝て、
なおかつ、これらの行動は当たり前のことではなくて、お互いが好きだからするんだよと知らせ続けることで、お互いの幸福感の感受性を高めていきます。


さらに、
「思春期、恋愛対象の愛が欲しくなり、親なんてどうでもいいという日が来たら、かわいいかわいい大好き大好き伝える言動はなるべく我慢するけれど、親は死ぬまであなたのことが大好きで特別なんだよ~迷惑かもしれないけど。ごめんね」、ということも、刷り込むことをおすすめします。



親自身、自分が完全無欠ではないことをアピールしながら関わっていくことは、お子さんの「ダメな先生からも学ぶシステム」の構築に効果的です。

親自らの欠点をさらした上で、完全無欠でない人からも学んでくれてるね、いいね!反面教師からも学ぶと学習効率いいんだよ!と繰り返し実感させていくのです。


時には、「いじめっ子からも学べたね!」「悲しみが深すぎて感情もて余してる子からも学べたね!」というような、非難めいた言い方や皮肉めいた言い方になることもあるでしょう。
悪口ダメ!という綺麗事を押し付けることは簡単ですが、やめたほうがいいです。
必要悪だと割り切って試しに悪口使ってみたよ、どうかな伝わりやすかったかな、などと問いかけて触れさせてみるほうが、お子さんの「ダメなものから学ぶ力」を高める助けになると私は感じています。


ダメな人から学ぶ力(ダメな人を反面教師と見なしてそこから学ぶ力)は、軽視されがちですが、とても大切です。

ダメな人にも価値がある、と認識できるので、
人を責め、自分を責める思考を手放し、「ゆるす、認める」思考につながります。
すると心の闇がパッと明るくなり、
他者からもたらされるストレスもぐっと緩和されます。


お子さんが園児ぐらいのときから、親御さんは、親にとっての反面教師を見つけては、やったラッキー!ぐらいのリアクションを見せてみましょう。
お子さんが高学年になるころには、こなれてきます。
反面教師となってくれる他者の、家族を憐れむぐらいの成長と、ほどよい達観ぶりを見せてくれるでしょう。