「もしかして発達グレー研究所」 凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

私は毒親?

毒親になってしまわないかという恐れにとらわれている親御さんへのメッセージです。

☆厳しい親と毒親の曖昧な境界線

大人の当事者と話をしていて興味深い話がありました。許可を得て掲載します。

「勉強や仕事がうまくいかず、自己肯定感が低かったときは、両親との折り合いが悪かった。
毒になる両親のせいで人生がうまくいかないと思い込っていた。」

「しかし、人生の歯車がかちっとはまり、順調に回りだしてからは、自然に親を客観視できるようになった。
悪いところもあったけれども、尊敬するようにもなった。」

実はこれ、私自身も経験があります。


毒でしかないスーパー猛毒親は確かに存在します。

しかし、そのなかでもスーパー猛毒親と、大人になった子どもが「毒親だった」と主張するケースとが、一致しないことがかなりあるようです。


客観的に見て熱心で懸命な親だったのに、歯車が噛み合わず人生がうまく行かなかった子側が親のせいにしているケースも、
客観的に見て超毒親なのに、子側が気付かず無理矢理レールにのせられたら結果オーライで、なんやかやいいつつ今も親子仲良し、というケースも、
あると感じます。

この現象はなぜ起こるのでしょうか。

☆子供側の現状によって、対親評価は変わる

私見ですが、親の関わりの多様性もさることながら、受け取り側の受け取り方の偏りも、自ら偏りと歪みを極めた?者として、注目すべきだと考えています。


反面教師から学ぶ力の有無と、ストレス状態によって、変わって認知される可能性が高いということです。

毒親だとして親を批判していた子でも、人生が好転すると、とたんに親を好意的に見始めることはよくあります。
親子何不自由なく幸せな親子関係を楽しんでいたのに、子の人生が暗転すると、とたんに親を毒親だと批判し始めることは、もっと多いでしょう。


そんな曖昧なものに振り回される必要があるでしょうか。
子どもからの評価と、親のすべきことは別、と割り切るのも一つのアイディアです。

支配することが目的となっているろくでもない親というのは確かにいくらでもいますが(自戒を込めて…)、

・親の限界として、子ども時代を支配してしまうことを詫び、
・親の価値観以外の価値観をカードとして集めさせ、
・親の支配から逃れられるだけの能力を身に付けさせ、
・親を含む他者の毒を、自力で解毒できるように思考に介入する

これが毒親の所業でしょうか。


☆自らを反面教師として差し出す親は毒親か

反面教師から知恵を習得する感受性をインストールされた子ども側は、割り切って反面教師として活かすことができるでしょう。

猛毒の反面教師から学んで成長した事実は、かえって自己効力感をもたらしてくれるようです。

もちろん、的確な介入が出来ていれば良い意味で「歯車が回る」という感覚を親子で互いに感じさせ合うことができます。

親は、自らの介入が的確とは限らないと自覚するからこそ、混乱します。
この関わりは、愛ある厳しさなのか、支配なのか。
介入を行う親として、サポーターとして、私自身もいつも悩み苦しむテーマです。

☆毒親になりたくないというわがままを押し付ける親が一番毒

毒親になってはいないだろうかと常に自戒しながら関わろうとするのは、親として、もちろん大切な心構えだと思っています。

しかし、毒親にならないことばかりを気にしているのはいかがなものでしょうか。

本来であればがっつり思考に介入すべきときに「子供の人生は自由。親が口出しすべきではない。」として、小さな頃から美しく突き放す保護者が増えています。
発達凸凹当事者であり発達凸凹のファンとして、ひそかに懸念しています。

指針が必要なタイプの子にとっては「自由にさせる親」こそが超猛毒親になり得るかもしれません…。


誰にでも通用する子育て手法など、存在しないのです。
続きます
www.asdadhd.jp