「もしかして発達グレー研究所」凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

アドラー心理学4社会のダブスタに立ち向かうアドラー

定型(典型発達)が主導権を握る集団では、「感情は、他者によってもたらされるものである」という暗黙の了解があります。

www.asdadhd.jp
www.asdadhd.jp
www.asdadhd.jp
www.asdadhd.jp

「相手が嫌だと思ったらいじめ」「相手の嫌がることをするな」「相手が許してくれて、よかったね」このような雑な指導が家庭でも当たり前のように行われています。

でも、それだから歪むんじゃないの、って話です。


本来、感情には双方向的な作用、相互作用があるはずです。いかようにも、変化するんです。
たとえば、「愛してる」「素敵ですね」という言葉。

大好きな人に「あなたは素敵ですね」と言われたらとても嬉しいと思います。
では、嫌いな人に言われたら?それは、とても気持ち悪い。

同じ言葉、ですよ?
これは「発せられた言葉や感情そのもの」を覆すほどの力が、「関係性」と「受け取り方」というファクターにはあるということを示しています。

関係性は調整が難しいですね、相手に「関係性を考えて言え!」と要求したところで
改善してもらえるとは限りません。
それでも、「精神的距離を取る」ということは自分側でも、できなくはないです。

では「受け取り方」はどうでしょうか。

アドラーの言うとおり、人は、自分で「受け取り方」を調整することができるはずです。
本来的には。
受け取り方って、ほとんどの人がトレーニング不足なんですよ。
園でも学校でも、家庭でも、多くの集団は、感情崇拝。感情絶対主義。

感情に絶大な価値を置いてるので、受け取り方は蔑視。

感情の挙動に、無批判で従うことが、なんだかんだ、よしとされてるんですね。
もちろん感情は人それぞれですので、便宜上、「共感用の、仮想の感情」が、不文律としてざっくり設定されてます、「これをされたら、憤るべき」「嫌なことをされたら怒るべき。 でないと、感情に蓋をすることになる」みたいな論調でね。


「受け取り方」のトレーニングは、感情を信奉する者からしますと、感情という「価値観の拠り所」を「冒涜」することに他ならないのですよ。
ですので、「感情」という御神体を脅かす「受け取り方」というファクターは、平時、ほとんど無視されてます。

そのくせ、メンタルの緊急時にだけ、「まぁまぁ。そもそもあなたの受け取り方もどうかと思うよ…」という調子で沸いてくる。
そりゃ、厄介者扱いにもなりますわ。
そんなわけで、感情主義者からは、「受け取り方重視なんて、ろくでもない邪教」ぐらいに思われてます。


でも、閉じた脳で、冷静に考えてみますとね。

受け取り方の調整って、すごくメンタルコスパがいいのです。

自分の感情に蓋をするのではないのです、逆。
自分の感情を守るために、他からの影響を検閲したり、処分したりっていうかんじ。

言葉や感情は、物理的暴力と違い、どんくさくても、 避けられますし、キャッチもできる。

毎度たとえが下手ですみませんが、
嫌なこと、ってイカを投げつけられるみたいなものなんですよね、
普通怒りますしそれでもいいと思いますけれども、
華麗にキャッチして、
一夜干しにしたらすっごくいいよねみたいな。

受け取り方の調整ってこんなかんじ(ごめんなさい、文章下手なんです)。


これは、 閉じた自分の中で完結できます。

「他者から発せられた言葉や感情が私個人を不快にさせる!!だから変更せよ!!」!
と他者に強要する作業よりも、断然楽で、都合がいいのです。

しかも、相手は一人だけではないですよね?
たくさんの人と出会いますよね。

出会う人々全てに不快な言動をさせないよう要求して回るのはすごいエネルギーを必要とします。コストは、莫大になります。そして、しかも得られるメリットは少ない。

他者を改造することを目指せば、疲弊します。
戦いも増えます。

ホリエモンのように戦い続けるのも選択肢のひとつではありますし、自己主張をするなと言っているわけでもありません。

ただ、メンタルコスパめっちゃ悪くないですか、守備が甘過ぎ。
金持ちの道楽としてなら、攻撃特化で戦い続ける人生も悪くないですがね。

できる範囲で、自分の受け取り方を調整するトレーニングをしたほうが、
庶民が穏やかに暮らす方法として、現実的であることは明白です。

自己主張は、しないのかって?
いやいや、しましょうよ。
でもね、
自分か、相手、または両方のメンタル緊急事態においては、しないほうがいいでしょうね。
ろくなことになりませんから。
建設的な自己主張をするシチュエーションとして、
感情の大波が来ているときは、自己主張の効能は平時よりも格段に下がっています。
感情的になっているときは、自己主張をなるべく避ける。
これが合理的戦略ではないかと。
まぁ、シチュエーションによりますがね。


人間関係のトラブルの多くについて、
合理的解決法である「受け取り方の調整」を軽んじ、
「精神的いじめもいじめである。いじめるほうが一方的に絶対的に悪い!!!いじめられっ子には善!!!一切の改善すべき点はない!!!」
とする社会通念は、攻撃に特化しすぎて防御を完全無視していると言わざるを得ません。


集団では、
「他者を攻撃するな」「相手の気持ちを考えろ」と教育してるんですよ、教育しながら、実質的には「他者を攻撃したり、少数派の気持ちを無視したりしたほうが、簡単に利益(承認)を得られる」
これ、スタンダードです。
示されたルールと、集団を実効支配しているルールが違うんです。

おかしいと思いませんか?
おかしいと思いながら、言語化できず、単独でモヤモヤしてると、ストレスによる問題行動が増えます。


多くのコミュニティは、助長された感情クラスタに支配されてしまっており、このようなダブルスタンダードクロージングにあふれています。

これは、論理を心の支えとする人々にとって、恐怖です。
世界の根幹を揺るがすような恐怖です。
彼らが、幼児の頃から常に無意識に混乱し、見えないストレスをためてしまうのも致し方ありません。


このような世の中の仕組みに混乱している人たちにとって、アドラーの「感情は自己責任」「受け取り方を変えよう」という考え方は実にすっきり明解な答えをもたらします。


※ただし前回までにも申し上げました通り、アドラー心理学がいかに合理的で明快で、浸りたくなっても、社会の多数派である感情原理主義を無視して生きることは非合理的ですし、私は「郷に入っては郷に従え」と考えています。昔の人の知恵ですね。

「お邪魔シマース アンモクノリョウカイ教えてクダサーイよろしくお願いしマース」とまではいかなくても、
謙虚な姿勢、健全なメンタルの持ち主を見出だす「人を見る目」、上手な感謝の示し方、これらを身に付ければ双方、無駄なストレスから解放され、
温かな心の交流により相互のパフォーマンスを高められます。

続きます
www.asdadhd.jp
www.asdadhd.jp
www.asdadhd.jp