「もしかして発達グレー研究所」凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

笑顔力アップ!1口角上げ

こんにちは、ただのおばちゃんです。
痛ましい災害が相次ぎました。
募金をはりきりすぎました…


今回は、募金ではなく、無料でできる、社会貢献。世界一簡単&効果的な筋トレの話です。


※重い自閉症の方や、笑顔に騙された経験等から来る二次障害で、笑顔を怖がる人がいらっしゃることはご理解くださいね※


「人間は見た目ではない」は綺麗事

「人は見た目ではない」という綺麗事を吹き込まれて育ってしまうと、ASD傾向がある場合は、

笑顔なんて、目力なんて、「所詮見た目」じゃないか、馬鹿馬鹿しい

と思い込んでしまうことがあります。


確かに、見た目は、性格や育ちなど多様なパラメータのひとつにすぎないという意味では「人間は見た目(だけ)ではない」と言えます。

でも、脳は、顔に表れるなんらかのものを感じ取って、心理に反映させています。
「好意的です」というメッセージを示せる笑顔は、悪意を嫌う人達と繋がるための、強力なツールのひとつです。


多くの場合、
明るい笑顔は、善意を呼び寄せます。
力強い笑顔は、悪意を跳ね返す助けになります。


明るく力強く笑うことなんて、精神的に沈んでいるときには無理だ…ということは、私も実感しています。

そりゃ、「笑えれば苦労しない」ですよね。
笑えない、楽しくない。だから笑えるわけなんてない…

確かに、精神的にどん底のときは、顔の筋肉1本動かすのも苦痛です。

でも、身体中の筋肉のなかで1ヶ所動かせるならば、騙されたと思って、口角を上げてみてください。


もし余裕があれば、口角の上げ下げの練習をしてみてください。
(そして、お子さんにハグしてもよいか聞いて、OKならば、ハグしてみてください。
感覚過敏等でハグが不穏のもとであれば気をつけてあげてくださいね)

1円もかかりません。


20歳を超えるあたりから、人間の顔つきには性格が出ると言われています。

実は、たとえ性格も元の顔だちも微妙でも、口元と目元のコントロール能力さえ身につければ、好印象に見せることができます。



表情筋は、小さい分、大胸筋や上腕二頭筋等よりもずっと楽に鍛えられるので、ちょっとお得な筋肉なのです。


人間の持つパワーのなかでも筋肉、とりわけ表情筋には、悪意を跳ね返す力があります。

身体中の筋肉を鍛えれば当然自然に笑顔も力強くなります。
いきなりマッチョになるのは大変ですが、表情筋など顔の筋肉だけであれば簡単に効果が出るのでとってもお得です。
無料ですしね!


いじめが拡がるのを見ればわかるように、悪意や無関心には、拡散性があります。
しかし、笑顔にも、拡散性があります!

思い立った時、必要なくても口角を上げましょう。モゴモゴしたり目を回したりするだけでもOKです。
笑顔に特化した表情筋を育てましょう。

そして、あなたの属する小さなコミュニティに「好意的です」のメッセージを波及させてみてください。
これ、世界一簡単な社会貢献だと言えます。


※表情筋がとても弱っていて、無理矢理に笑顔を作る期間がある場合は、トイレやお風呂などプライベートな場所で練習することをおすすめします!
弱すぎる表情筋がつくる笑顔は「裏がある」「目が笑ってない」などの不信感を招きかねません。


今回は皆さんよくご存じの、口元中心でしたので、ざっくりお話ししました。


次は、「えっ?」と驚く方の多い、「笑顔と目」に関するノウハウです。