「もしかして発達グレー研究所」 凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

いじめる側にしか非がないのか~ドラえもんにおけるいじめ

ほとんどのいじめには双方向性がある~ドラえもんに見るいじめ観から - 「もしかして発達グレー研究所」凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

正義感でいじめを語ると悲劇が起こる

いじめる側親子と学校に非があり、いじめられる側の親子には非がない、とするのが、いじめに関する「正しい見解」のようにされています。

テレビなどマスコミは、いじめられた子が自殺して裁判になって、なおかつ他に目欲しいニュースがないタイミングであれば初めてニュースにします。

「かわいそうに」「悪者が悪い」「大人は何をしていたのか!救えたのではないか」と思いたくていじめ自殺のニュースを見る人に忖度して、マスコミも基本的に「死者に鞭を打たない」ということを正義として、視聴者のニーズに応えます。


失意の中で亡くなった子どもを案じ弔う気持ちは美しいですし、それが日本人らしい優しさだとも思います。
さすがの私もそんな中で「でもさぁいじめられっ子が一方的な正義みたいな風潮はどうなの」とは申しません。

ドラえもんの登場人物と人間関係

「ドラえもん」に照らし合わせてみましょう。

ジャイアンとスネ夫の言動

ジャイアンとスネ夫は、しばしばのび太を煽り、バカにし、除け者にし、物を取り上げ、時には殴って服従させようとしています。

コロコロコミックや小学生等への連載当時の価値観はともかくとしまして、2018年現在の文部科学省下その他教育機関の表向きのスタンスは「相手が嫌だと思ったらいじめ」というものです。

ジャイアンたちの言動は、現在の基準に照らし合わせると、歴としたいじめであり、のび太はいじめられている、と結論付けられてしまうでしょう。
でも、それは表向きの理屈。綺麗事ではありませんか。

のび太はジャイアンスネ夫に賠償請求できるのか?

客観的で現実的な立場にある読者は、どう考えるでしょうか。
「ジャイアンとスネ夫は、野比親子に精神的かつ肉体的な損害を与えたことについて、謝罪と反省をし、賠償もしくは転校すべきだ。学校と教師、教育委員会は、重大ないじめを看過した責任を認めるべきだ」という意見を抱くでしょうか?

恐らく、「のび太とその親にも改善すべき点がある」という意見も出てくるのではないでしょうか?

のび太と野比家は無策すぎる

客観的に見て「のび太とその親は、自助努力が圧倒的に足りていない」と言わざるを得ません。

小学校四年生にして、健康上、経済的問題、家庭の事情などの理由なく遅刻をする、宿題しない(させない)、テストは0点、出来ないことに対する努力を一切せず、すぐ泣く、同級生男子に対するマウンティング行為(「そんなのぼくだってできるよ!」等)、根拠のない威嚇、同級生女子に対する下心、不潔(フケで遊ぶ、鼻水を垂らして泣く)。

発達上の不具合があるとしても、これだけ秩序を乱せば、
嫌われるのは無理ありません。
他者がどうとらえるかは他者に委ねられています、つまり「のび太のおかげで多様性が学べてよかったなぁ♥」とは思ってくれません。

野比夫妻は、問題を抱えた子の放課後生活を、無責任な他人(ロボット)に丸投げし、ほぼ放置状態にしています。

ジャイアンスネ夫の改心を促すのは愚策

ジャイアンスネ夫の社会性や衝動性,排他性にも、改善の余地がないわけではありません。

しかし、のび太親子は、「いじめられたくないならば」、相手に求める前にまず最大限、のび太側でいじめられないための工夫や努力をすべきです。

腐心してジャイアンスネ夫の言動を改善させたところで、一時しのぎにすぎません。
のび太が変わらなければ、必ず行き詰まります。


のび太親子には、自衛、自助の精神が圧倒的に足りていません。

野比玉子さんは「親には無理」と思っているのかもしれません、しかし、学校や友達にはもっと無理です。自覚すべきです。

のび太がのび太のまま野放しであるならば、周りに違和感や不快感を与えるでしょうし、やんわり距離を置こうとしてもしつこくのび太が付きまとってきたとしたら、強めの拒絶や排除もされて然るべきでしょう。

親か教師が熱心な学校、お金持ち向けの学校、レベルが均質すぎる進学校、底無し沼な底辺校、など、それぞれ背景は異なりますが、学校というのは基本的に高ストレス環境です。
たとえそこにジャイアンとスネ夫がいなくても、悪意を呼び込む属性(あるいは悪意を受け取りやすい属性)を解除しない限り、平穏には暮らせません。

悪意を呼び込む属性を解除すれば、いじめられるリスクは激減します。

悪意を呼び込む属性や妄信的なピュアさを持ったまま、
集団に属させるのは愚行です。

車の運転技術が壊滅的な人が首都高を走るようなものです。
あるいは、ナンバーが1の高級ベンツに法定速度厳守のひょろひょろ若造が美人な彼女乗せて名古屋やなんばをうろつくとか。
そりゃ怖い思いするでしょうよ…生きた心地しないでしょうよ…

もちろん煽り運転は厳しく罰せられるべきですが、
わざわざ流れを乱し、煽られに行くほうにも、「非がある」と私は思います。



補足
いじめられる側は悪くないという考え方も一理あると思います、
でも、いじめのターゲットになりにくくする・ターゲットになっても大丈夫なようにする、という「守備」を放棄しているなら話は別です。

我が子がいじめられてると知って慌てて「子を守るため戦う」言動に出ると、親は、
感情的になり、長期的な視野を保てなくなります。

反省させるため、と称して、一時的にダメージを与えることや、何の効力もなくかえって憎しみを植え付ける謝罪・賠償等にこだわると、どうなるでしょうか。

まともな周囲からも「いじめは気の毒だけど、訴訟だのなんだの言い出すのはさすがにどうなの」「ちょっとねぇ。やり過ぎよね…怖~関わりたくないね」と受け取られ、好意的に見てくれる人がいなくなる、という莫大なデメリットがわからなくなるのです。
ほとんどの弁護士は、着手金で満足します。考えたとしても、示談に持ち込めるか、または裁判になって勝てるかどうか、まで。
「謝罪と賠償と引き換えに失うものの大きさ」まで考えられるのは親だけです。
引っ越せばいいと思うかもしれませんが、裁判すると、住所もさらされます。


いじめは、防ぐものです。戦うものではありません。


続きます。
https://www.asdadhd.jp/entry/2018/06/12/のび太を客観視してみると