「もしかして発達グレー研究所」 凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

ほとんどのいじめには双方向性がある~ドラえもんに見るいじめ観から

f:id:correct-me:20181004140800p:plain

微妙な風潮

現実のいじめ問題や、いわゆるいじめによる自殺について、
「やられる方にも非がある、はNGワード」という風潮、同調圧力を感じて懸念しています。
嫌だと思ったらいじめ、という言説と合わせて、
「加害者が一方的に悪い」
「被害者には非はない」
「相手が嫌だと思ったらいじめ」
「学校にも責任がある」
などなど……
被害者を神聖視 不可侵な存在とする向きが強まっています。

実際の対応は別として
部外者たちはポリティカルコレクトネスをかざすチャンスかのごとく「被害者は一切悪くない!」の大合唱です。


広告


確かに、被害者だとされる側に一切の課題がないいじめも、存在するでしょ

でも、やられる側は一方的な被害者であり非もないし課題もない!、改善すべきはいじめた側のみ、とする考え方ですと、いじめを引き寄せかねないと思います。

それでも
「いや、何があってもいじめは、いじめる方が悪い、
いじめられる方は、何も悪くない
変わる必要があるのはいじめる側だ!!
いじめられる側の自助努力に言及するのは、いじめっ子側の論理!論ずる価値はない!」

と、良識人は声を揃えておっしゃいます。


確かに、
「いじめられている」と言い出しにくい子にとって、そのときは励まされるでしょうし、嬉しい援護射撃かもしれません


でも、おばちゃんは「いじめは絶対悪」という定型文こそ、いじめの闇を深めている諸悪の根源だと思います

いじめる側の論理や感情を知れば予防ができる

いじめは悪だ!というレッテルのせいで、
「いじめてしまいそう」「いじめてしまった…」と言い出しにくくなってしまっています。

「自分は悪だ、もう善人には戻れない」と思い込んで極度の承認不足に陥り、抱えきれないストレスを 弱い者優しい者幸せそうな者美しい者気に入らない者相手に発散してしまったりもします。


広告

発覚したときには
被害者保護者側は猛り狂っています
それは当然ですね
いじめと言うからには、
被害者がいわゆる悪さを先にしたからやり返された、ということではないですから
通り魔に遭うようなもので
被害者側が理不尽な痛みに苦しむのは無理ありません

おばちゃんが強調したいのは、
どっちが悪いとか良いとかではなくて、
痛みの処理を加害者側の対応に委ねるのはおすすめしませんよ、ということです

いじめる側とされた子の保護者も、担任も、パニックになり
いじめっ子の心理の闇と向き合ってる場合ではなくなってしまいます
パニックになるので、とりあえず謝らせようとか、なかったことにできないかとか、
「え?そっち?」という方向への思案ばかりしてしまいます

また、いじめっ子は、バレたらやばい、という思いからか、ばれずにやるスリルが楽しいのか、
次に起こすいじめはより大人から見えにくいものとなり、深刻化の一途を辿ることさえあります


「いじめっ子が悪、変わるべき!引っ越すべき!」「いじめられる子は善。変わらなくていい」
この言説は、奇しくもいじめられる側となりやすい子(相互承認供給システムに加盟しない子)の防御力や回避能力を高めること等自助努力を否定することに繋がってしまっています。
いじめは悪であり滅ぼされるべき、という趣旨の定型文が飛び交うとき、
メンタル丸腰状態の親子、いじめられた!と先に言うとかばわれてほめられると学んでしまった子、いじめ被害を回避せず引き寄せてしまうタイプの子など、のちに圧倒的に生きづらくなる子が激増しているような気がします


いじめはいじめる側さえいなければ、なくなる。
という考え方で、いじめ撲滅を考える人たちは、
「軍隊と核がなければ平和になる」と同じで、非現実的です


いじめる側が悪い、ということ自体は否定しませんが、いじめる側にしか非も、課題も、ない!いじめっ子は一方的に悪い!と言わんばかりの社会通念は、弊害が大きすぎます


いじめられっ子の予後のほうが、いじめっ子の予後よりも悪くなりがちなのはよく知られていますよね

もしも、いじめっ子が、あなたは正しい、あなたは変わらなくていいと声掛けされたことを真に受けて、他責に終始して自助努力を軽視してしまったとしたら……
いじめられたことのせいではなく、その後の対応により予後が、悪くなることもあるだろうと思うのです


名作ドラえもん において、ジャイアン、スネ夫はいじめる側、
のび太はいじめられる側、としたとき、
本当に、のび太には一切改善すべき点はないのでしょうか?


続きます。

www.asdadhd.jp