「もしかして発達グレー研究所」凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

会話は言葉のキャッチボールなんかでは全然ない

f:id:correct-me:20181004140837p:plain「会話は言葉のキャッチボール」という比喩表現があります。

☆言葉のキャッチボールとかありえなくね?

園や小学校にかぎらず、療育の現場でもしばしば聞かれます。ほとんどの人が納得して使っているようです。

うちの子はおしゃべりは好きなのですが、言葉のキャッチボールができないんです、という声もよく聞きます。


ちょっと考えてみてください。
キャッチボールって何でしょうか。

ここでひっかかる子がいます。

☆キャッチボールと会話、似てるところと違うところ

キャッチボール=やりとりするボールが、そのままの形、性質を保ったまま両者の手元を正確に行き来する
…というイメージがあれば、なおさらです。

言葉は、往路と復路で、変化します。
その変化をコントロールすることはできません。

ボールと、言葉は、違います。
ボールは形状はほとんど変わりません。


会話と、キャッチボール。確かに似た性質を見いだすことはできます。

球技経験者でない限り、両者の手元を、狙い通りに正確に行き来することはありません。
球威、コースはコントロール不能です。
たとえベストだと思うところに投げたとしても、相手がキャッチするかどうかは、受け手次第。

片方だけが気遣っても、受け手がダメなときはどーやってもダメ。そう、言葉に近い性質は確かにあります。


でも、「言葉はキャッチボール♥」という定型文を発する人は、無自覚に、発信時の気遣いだけを、無闇に強調しています。

「会話はキャッチボール♥」という人は大抵ピッチングの話しかしてないんです。たぶんね。

キャッチャーの心構えや「受け取り方も大切」という話、「キャッチボールの相手してもらえることへの感謝」を盛り込んでいる人は激レアなんじゃないかなと思います。

☆思いを言葉に、言葉を思いにする、そのたびに変化してしまう面倒くささ

ボールはほぼそのままの形で往復しますが、言葉と、込められた思いは、複雑怪奇に入り乱れます。


Aさんの思い→Aさんの言葉→Bさんの思い→Bさんの返事→返事を受けた新たなAさんの思い

Aさんの思いを基準とします。Aさんの思いを言葉にする時点でズレる可能性がありますが、ここまでは変化のコントロールがある程度効きます。

そのAさんの言葉ですが、Bさんが受けとるときに大きく変化してしまうこと、当然あるのです。

また、それに対してBさんが返答するわけですが、ここでも、言いたいこと思ったことはそのまま言わないのが社会のマナーですから、ここでもまた大きく変化して、オブラートに包んだり、逆のことを言ったりしてしまうのです。

もう、何がなんだかわからなくなりましたね。


そうなのです、「会話は言葉のキャッチボール」という定型文は、ボールのコントロールが出来ないけれども、お互いに配慮し謙虚に努力する人同士の、「投球」の営みである、という美しい前提からできています。

実際の会話は、上述したような、オブラートやら、傷付けないための配慮という名の嘘やらお世辞やらを身に付けないと、こなせません。

「会話は言葉のキャッチボール」
そもそも、言葉Aと言葉Bのキャッチボールなのか、人と人が言葉をかけあうイメージなのか、そこも不明瞭です。

この定型文、きつい言葉をつかう子(ここでいうピッチャー)とその周囲(キャッチャー含む)は四六時中聞かされます。
そして、一部の子にとって、会話の本質を強く誤解させる原因となります。

☆言葉のマナーとキャッチボールのマナー

「会話は言葉のキャッチボール」という表現を納得してもらうためには、まず、ここで言うキャッチボールは、不完全なものであることを踏まえ、キャッチボールのマナーから話さなければなりません。

・ピッチング時は、相手に負担を与えずに受け止められる球速、軌道でしか、投げてはいけない。

・ピッチング側は、キャッチ側が負担なく受け止められるボールを投げることに失敗したら、すぐ謝る。


キャッチ側がボールをキャッチできなかったら

・ピッチャー側は、ボールの投げ方が悪かったのだと認識し、投げた方がすぐ謝る。

・ボールを落としたキャッチャー方も、キャッチする能力や努力が不足したことを認め、すぐ謝る。

・お互いにキャッチボールに習熟しており、相手側が強い球威を望んでいるならば、全力投球が許されることがある。 ただし、それでもキャッチ側にとって取りやすいところに投げるのがマナー。
取りにくいところに投げられたとき、キャッチャー側はピッチャーを責めないで、走ってボールを拾いに行くことも楽しむ


キャッチボールについて、ここまでの前提理解があって、やっと「会話は言葉のキャッチボールである」という例え話ができる可能性が出てきます。


言葉は ボールと違い、返事として変化して帰ってくるので、もしかして、なお子さんにはなかなか分かりにくいたとえのようです。

むしろ自分のやっているキャッチボールをイメージし、
「投げたいように投げる」
「なるべく強く遠く!」「いいボールを投げたのに、相手が落としたら相手のミス。相手が走って取りに行くのは当たり前」
といった勘違いを強めるとさえ思います。

☆キャッチボールよりプレゼント交換に近い

それよりも、プレゼント交換だと表現した方が分かりやすい、と言われることが多いです。
この表現についてはまたにします。

f:id:correct-me:20181004182844p:plain

典型発達は、言葉でラッピングした空のプレゼントボックス(空気)を贈り合うことで、敵意がないことを示したり、喜びを感じたりしています。

多様発達のうち、自閉のあるものは、しばしば、コンビニ袋で実用品を贈ろうとします。

言葉や綺麗事にラッピングされた箱の「やりとり」に配慮や善意を感じ合う文化と、
実用性やコスパという「コンテンツ」に価値を強く感じる文化。
かなり違うんです。

異なる価値観。ぶつけ合うからもめるんです。
地政学的にトルコみたいな事情ですかね、そりゃゴタゴタするわな。

そんなとき、「こっちの文化に従え!!!!」と罵り合うのではなくて、
相手の文化を教わりましょう

許せる範囲が広がるように、世界を広げていきましょう

自閉スペクトラムが、ほしくないプレゼントもらったら、過程(プレゼントしたいという気持ちと行動)を喜ぶ、ラッピングを学ぶ

定型(感情原理主義)が実用性や返礼ストレスを考慮した金券を贈る的な言葉がけをしつつラッピングなしでも怒らない(笑)