「もしかして発達グレー研究所」 凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

多動性が自閉を緩和する?!

ADHD単発は、実はあまりいないのではないかという考え方が現在主流になりつつあります。

ADHDはASD(自閉症スペクトラム障害)を併発しているということです。

なぜ、ADHD単発は少ないのに、今まで当たり前のようにADHD単発の診断が多数あったのでしょうか。

このことについての研究は私には見当たらないのですが、多動がある子はそのお陰で、頭ぶつけたり殴られたりどやしつけられたり虐待を受けたり、または薬によって脳が全体的にダメージを受けたりします。
脳のダメージというと一概に悪いことのように思われがちですが、後天的に育つべき理性のため頭蓋内の余地や脳の余力ができるのだとすれば、脳のバランスが良くなり自閉が穏やかになる可能性もあるのではないかと想像しています。

もちろん誤学習のもとに気付き、避けるシステムは必須です。これって誤学習にならないかな?こんなとき、どうしたら誤学習を防げるかな?そんな視点を刷り込んでいきましょう。