「もしかして発達グレー研究所」 凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

個人面談で共通認識を形成する

先生をうまく操縦しようというスタイルの面談術として、最初の個人面談では、先生の考え方を引き出し、記録することに徹する、手土産持参でちょくちょく会う、という作戦もあります。

担任の先生は、保護者が何を話したか、忘れます。メモを取るなりしていたとしても、自分が誰に何を話したかは数ヵ月以内に忘れます。そう思っておいた方が無難です。

先生の話をこちらが蓄えておくと、後日話し合いの際などに役に立つことがあります。

聞き上手に徹しますと、先生の、子どもたちに対する思いであったり、基本ポリシーがにじみ出てきますので、それらを拾い集めて、共通認識を形成していく(ふりをする)のです。

その上でお願い事をしますと、先生のスタイルと違う関わり方であっても、比較的理解を得やすく「やってみます」となる可能性が上がります。

ただ、私は先生にお願い事をするのはとても難しいことなので、頭を使ってほどほどにと思っています。

たまにしか担任に会えない保護者は、担任はずっと変わらないスタンスで接してくれると思いこみがちですが、担任も日々、考えを微調整しています。

たとえば「強く叱らないでほしい/叱るときは個別に/伝わる言葉を選んでほしい」などというお願いをしたとしましょう。
最初は先生も「わかりました!!やってみましょう!!」と思ってくださっても、結構三日坊主と言いますか、すぐに結果が出ない場合は「やっぱりこの方法ではだめだ、言うこと聞きやしない!」と考え始め、新しい指導方法を辞めてしまうものです。

長年培った習性はなかなか解除できません。雑多すぎる集団に恐怖心を与えるかたちで仕事を続けてきた先生は、諭そうと思っても、わりとすぐ、元々のスタイルに戻ります。

(確かに、集団の中に、一人だけ担任に甘やかされているように見える子がいたら、それはいじめの発端になりえますので、そもそも集団のリーダーに個別のお願いをすることに私は懐疑的です)

そうでなくても、先生は忘れます。
記憶力が強いと思われがちですが、有能な先生以外は忘れっぽいと思った方がいいです。

嫌なこと忘れる能力が強い先生は、先生に向いてる、とも言いますし、鬱で忘れっぽくなっているケースも多々あります。

変わった子は毎日クラスで何かしらやらかし、先生やクラスメイトを困らせています。
親は、ちょくちょく顔を出して、真心込めて謝意を伝えなければなりませんし、個別のお願い事をしたならばプライドに配慮しながらリマインドをする必要があります。

たくさんの親からたくさんのお願いをされて、全て覚えて言動に反映できるほどの知的努力を行うことのできる先生が担任でしたら大当たりですが、大当たりを当たり前だと思うのは不幸のもとです。


他の人がしないことでも、しちゃえば?

昔は手土産お中元お歳暮当たり前でしたが、今の方はあまりしないようですね。発達凸凹の親御さんは検討してみては。

ちょうどGW、お出掛けのお土産であれば金額もささやかですし、手渡しならば、お礼状書かなきゃかともなりませんので、ちょうどよいかもしれません。職員室に持って入っても違和感のないA4封筒やコンビニ袋に入れると親切です。

現金は個々の判断ですが、信頼関係が深くなってからでないと、「あの先生受け取ったわよ!!」などと吹聴される実例があり、欲しいけど受け取らないと知人は申しておりました。

羊のリーダーに狼のお世話をお願いするだとか、犬訓練士にナマケモノを預けるというような、「本来の業務以外のこと」に労力を注がせているという思いがあるならば、感謝やねぎらいの示し方は工夫するべきでしょう。