「もしかして発達グレー研究所」幸せになるためにできること!by QOLT

学校が合わない、生きにくい。そんな子達の青い鳥は?志村!後ろ後ろ!

発達障害は現代病6 親を超えられない時代

「昔はみんな、普通に成長した」と言われます。
研究で明らかにできる性質のものではありませんので、想像にすぎませんが、今回は6つめの

・景気が上向きだと信じることができた

にフォーカスします
www.asdadhd.jp
続きです

景気がいいと社会は優しい

景気が上向きの時は社会全体のストレスが弱まっておりますので、社会の寛容さも期待できます。
いかにも、不穏になりにくそうですね。ミニスカートもたくさんで、マスコミによる洗脳がうまくいっている時代もそうでしょう。

また、右肩上がりの好景気は、青年期以降の自己肯定感に最も大きなプラスの影響を与える事象を後押しすることにもなりえました。
青年期以降の自己肯定に最大のエネルギーを与えるのは、「同性の親を超える」「異性にモテる」ということです。時代、景気がそれを後押ししてくれたケースは多かったはずです。

現代の日本では

景気は再現できませんが、頑張っても無駄、という誤学習をしにくい環境を用意することで、現代日本にも「頑張ればチャンスをつかめる」に近い環境を再現できます。

また、完璧な親は尊敬されますが、自己肯定感を得にくい子どもを育てるにあたっては、考えものです。
親にはとてもとてもかなわない、と思い込んだ青年期以降のアスペルガー傾向ありの子は、ずっと庇護してもらう、という選択肢を消極的に選びがちです。
誤学習を繰り返すことで、親の庇護を蹴って出ていくのに不可欠な行動力が失われているためです。

お子さんに超えられそうな超えどころを残しておいてあげてほしいなぁと思います。


完璧なお子さんを育てようと思うのでなければ、親は完璧でなくていい、むしろ完璧であってはいけないとさえ思います。

親御さん自身、ダメなところがあって、それを認めて、あんなこんなの工夫をしながら折り合いつけて暮らしている、ということを早期から刷り込んでいくと良いでしょう。

(※親を見て学ぶタイプのお子さん、完璧ポテンシャルを持ったバランスよいお子さんであれば、是非、こうあるべきという完璧な姿を見せてあげてください)

www.asdadhd.jp