「もしかして発達グレー研究所」凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

発達障害は現代病3 親力で淘汰される

www.asdadhd.jp
www.asdadhd.jp


幼児期までの淘汰は、稀に起こる事象となりましたが、心も体も頭も丈夫に育て上げなければ、大きくなってから、社会の荒波により淘汰されかねません。
そこで、多くの親御さんたちが危機感を抱き、我が子を心も体も丈夫に育てようと、お金と知恵をつかって腐心しています。
それがよいかどうかは別として、そういった子どもたちがたくさんいる中で、昔のように放任で育てられた子は勝負しているというのが現実です。
自分で考え自分で調整する力を持った子であればその環境に磨かれます。
が、発達に偏りのある子は、だいたい集団の下位に定着し、そのうち社会からこぼれ落ちる可能性が高いと言われています。
浮きこぼれもたくさんいますね。

どうしても手間隙かお金がかけられずに発達障害傾向ありの子を育てるのであれば、ゲームも衣食住もDo it yorself(自作)、の時代の子育てを再現しなくてはならないと思います。
www.asdadhd.jp