「もしかして発達グレー研究所」幸せになるためにできること!by QOLT

学校が合わない、生きにくい。そんな子達の青い鳥は?志村!後ろ後ろ!

我が子が志望校に落ちたときを振り返る

こんにちは、ただのおばちゃんです。
我が子が志望校に落ちたとき、
私はものすごく混乱しました。

心の中、混乱の様子
(堂々巡りです、読み飽きたら飛ばしてくださいね)

まさか…
やっぱり…
信じられない…
当然だよな…
そもそも私は第一志望校推しでなかったから
これでよかったのか…
いやしかし自己肯定感を上げるために始めた勉強で、こんなことになってしまうとは…
台無しにしてしまった…
自主性だなんて言わずにきっちり手をかければよかった
習い事を絞らず、続ければよかった…
お金…時間…
塾の先生ごめん…

そして

こんなにくよくよしてしまう自分サイテーだ…

ていうか、親がこんなに悩んでるのに、ボケッとしてる張本人なんなの!?こんなだから落ちたんだよ…
ああ!!だめだだめだ!!子どもを責めるなんて親としてサイテーだ!!子どもは子どもなりに頑張ったんだ…不合格でも、なにか得たはず…飽くまでも本人なりには…いやでももうちょっと頑張れたはずよね…私がもっと頑張らせるべきだった?いや、このタイプの子をうっかり親ブーストかけて完全自由な学校行くと、ブースト切れたとたん失速の激しさでやる気消滅するから…これでよかったんだ…とはいえ…悔しい思いとかなさそうだし、これを糧にとか一切なさそうだ…繰り上げくるのかな…来たらどうしよう…来てほしい、いや、切り替えつつあるのに来ないで…
あー!!どろどろどろどろして、こんな自分が嫌だ!!!!!!!あっという間に切り替えて立ち直ってる家族もいるのに…劣等感…


こんなごちゃごちゃ悩みながら
強がって平気な顔していた私ですが
ばれていました

所長はこう言いました
「一所懸命こどもの幸せを思うからこそだね
子ども、かわいい?
だよね。
悩むほど子どもを大切に思うお母さん、
いいお母さんだよ。
子ども、幸せだよ?」

ランキング参加してみました
よかったらクリック投票お願いします
掲載順位とテンションが上がります
にほんブログ村 子育てブログ