「もしかして発達グレー研究所」 凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

得意がない?発達凸凹6 「試着で着心地チェックしても無駄無駄ァ!」 皮膚過敏

皮膚が過敏な方いらっしゃいませんか
かなり多いんです

試着ではわかりません!?

触覚凸に限らず
思慮深いお母様は
お子さまに試着させて着心地を確かめてから
子ども服をお求めになるそうです
話を聞いて
感心しておりましたら
それじゃだめだよ!と
その方のお子さんに教わりました!

試着して着心地良かったのにダメって
どういうこと?と
驚きましたよ

理由はのちほど綴りますよ

自分でも気付きにくい

このお子さんは自分で特性に気付けましたが
なかなか難しいことです
触覚凸、人数としてはかなり多いですよー
凸な特性としてではなく
凹だと認識されやすいのが
辛いところですね

他者にはもっとわからない

触覚にも
当然個人差がありますが
一般的には
部位ごとの平均的な触覚の強さプラスマイナスα
程度の範囲で収まります

指先や口唇はとても敏感で背中はやや鈍い等
このように示せるのが普通です
想像しやすいですし
さほど生きにくさにつながらないですよね

地味にHP削られてます

しかし
各部位の触角の鋭さが
一般的な傾向と大~きく違うお子さんは
地味に24時間とても大変です

例えば、
指先と同じくらい背中やお腹、脇等の触覚が
敏感なお子さんがいらっしゃいます
服着て歩くということが
ずっと
紙ヤスリで擦られているようなものだったり
合わない靴はまるでオランダ土産の木靴のように
大きなストレスだったりします

手指が鋭敏すぎると
お箸、スプーン(固くて痛いから)持たない
鉛筆、ペン(同上)書かない
消しゴム(の感触が気持ち悪くて)使いたくない
紙の感触が嫌、つるつるしたのは気持ち悪い、
ざらざらしすぎも気持ち悪い等々

舌など口の粘膜が過敏ですと
ストライクゾーンが狭いわけですから
食べられないものが多くなりがちです
刺激による不快感を逃がすために
口を開けたまま食べることを
やめられない子もいます

ほとんどの部位が鈍感なのに
背中や頭皮や足の裏、お尻等
特定部位の刺激にひどく敏感であるなど

千差万別ですとてもとても書ききれませんし
たぶん読みきれないのでこのへんで

答えはないけど緩和は狙える

多様すぎて全て網羅することは困難ですが、
傾向がわかれば
対応の仕方が見えてきますよ

子どもは自分で工夫をしたりお金で解決したり
言語化して吐き出したりすることができませんので
ストレスをためてしまいやすいです

子どもの触覚過敏は
気付かれていないか
「困った特性」として認識されていること
スッゴク多いです

感覚過敏は
手帳をお持ちの方では
投薬で緩和することも多いですが
まず
おうちでできることからしてみるといいですよ

薬が値上がりしたり、薬の手に入りにくい海外へ赴任したりしてもできる
工夫の仕方を身に付けてあげられますよ

私の先生が教えてくれた方法

私の先生(先程のお子さんです)によると
新品の着心地がいいものと
洗濯後着心地がいいものは
違うことが多いそうですよ~
試着には意味がないというのはこのことだったのですね

触覚過敏の先輩に
洋服や洗剤の銘柄を聞いてみるのもいいそうですよ
(個人差ありますが それでも傾向はありますね)
水質との相性もあるので簡単ではないですが

もちろん保湿も大事です
お風呂上がりにタオルで拭く前にぬりぬり
安くても荒れなければいいので濡れたまま塗っておくべしという説です
これ結構おすすめです
食用のオイルがいいという子もいます
個人差、もちろん忘れないで下さいね

かゆみはゆとりを奪う

かゆみや痛みが緩和されると
変わります

その感覚を処理することに忙しかった脳に
ゆとりが生まれ、
集中力がつきやすくなりますし
記憶力も上がります

服全部換えるのは大変ですね
保湿がおすすめですよ
無香性か、お好きな香りでないと逆効果なので
気を付けてくださいね

ベタベタ、ニベニベ(笑)した保湿剤が
安くて続けやすいかな
保湿という名前でなくても保湿に使えるものあるようです

将来本人の収入で買えそうな価格帯の中で探すといいと思います

自分で塗るよう小さい頃にならしておかないと
身に付かないかもしれません
無理強いは禁物です
保湿剤は適温にしておくと導入しやすいです
特に冬は温めて塗ると
ヒヤッとしなくてよいですよ

蛇足

皮膚感覚と車酔いとの関連は
わかっていませんが
なんとなく、傾向あるかなぁと感じています
また触覚凸のなかにはかなりの確率でアレルギー体質のお子さんがいらっしゃいます


触覚凸を伸ばしていけば仕事にできるかというと
難しいと思いますが
商品開発などの仕事の中で活かすことはできます
趣味として陶芸やそば打ちを楽しむのも
いいかもしれません

好きな感触のものを
身に付けたり持ったりすることで
穏やかな気持ちになれることが多いです
落ち着けるさわり心地のものを
見つけてあげてください

加齢に伴って
触覚凸の尖りが収まることがほとんどですので
こじらせさえしなければ大変なのは子ども時代が最大です

凸が劣等感に繋がらないように
凸とのつきあい方を考えていく意識をもつように
してあげたいものですね

www.asdadhd.jp