「もしかして発達グレー研究所」凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

得意がない?!発達凸凹1 正確さこだわる子

こんにちは、ただのおばちゃんです
ASDで 特技はなにもありません
Fラン卒で収入ゼロです
ところが
社会性の適度な低さが
今となってはかえって身を助けてくれています
寛大な人以外は私を避けてくれるのだと思います
わからないものです…

さて
「高機能、高IQの話は聞きあきた!
得意なものがなにもない
ほんとの発達障害 学習障害の話をして!」
というお声がありました

ちょっと待って!
高機能は答えのあるテストの点こそ取りやすいですが、
それも捉え方によっては凹なのですよ。

凸と凹は表裏一体です
これを踏まえて綴ってみます

※「本人内比較での凸は必ずある、知的障害とガチ定型はまた別」
と恩師に言われたことがあります。
おばちゃんも同じ考えです。
他者比較で凸がなくても、本人内で凸があったり、
本人内で凸がなくても他者(下方)比較で凸があったりするはずです。
「凸がない」と思っていらっしゃる親子さんは、
比較の対象を調整してみてください。


ASD 自閉症スペクトラムの傾向を例に考えてみます

かつてはアスペルガー症候群と呼ばれていて
わかりやすかったのですが
今こう呼ぶ場面が増えています

(最新の医療現場では、もちろん宗派が色々ですので一概には言えませんが、
ADHD という診断名も控え、ASD
自閉スペクトラム障害
(特性強め、でも不都合が少ない場合は
非障害性自閉スペクトラム)
に集約しようという動きが強まっていると聞きます。

現場では
アスペルガーとADHD併発、というように
昔の呼び名で出ています~みたいな機関もありますし、
自閉は治らない!として、
ADHDとみなして扱う機関・専門家も存在します)

特技、強み、凸、と言うと
まず
数字、1対1記憶に強い子が目立ちますよね

WISCを含む各種テストのスコアにつながりやすいため
高機能と言われることもあります

幼児期から顕在化する
数字や図形や文字、記憶の能力は
人によるばらつきがあります。
明確な凸がある場合、
高い数値が出やすいです
(偏差値みたいなものですから当然ですね)

いわゆる学習、国旗、国名、元素記号など
イコールで繋ぐことができる知識への強い興味と
学習能力は、いかにも特技っぽく、
看板でマークを覚えたり
車や鉄道の名前を覚えたり
小さい頃に
「おおー!すごい!」
と言われて育つことができるのは
ほかの領域に凸を持つ子より断然多いです

この、=(イコール)で繋がれた物事を記憶する脳タイプは、
実は自閉との関連が強いです

数字、図形、文字
コンピュータ、法律等、
問いに対して
ある程度決まった答えのある事柄に強いというのは
一見羨ましいかもしれません。

しかし、感情に支配された現実社会に生きる以上、
諸刃の剣となります

フィールズ賞だとか…ノーベル賞だとか…大きな賞をとらせたければ
ひたすら
特性を伸ばした方がいいのかもしれません

脳のキャパには限りがあるため
コミュニケーション能力を伸ばすと
論理性に則った学力面の切れ味やこだわりが
失われやすくなります

それでも、脳における
「遊び(ブレーキやハンドルの遊びと同じ意味)」の領域
つまりコミュニケーションの領域は
確保したほうがいいと
もしかして発達研究所では考えています

コミュニケーションのための脳と、脳のアソビ(余力、しばしばワーキングメモリと共通)は
感情原理主義社会における円滑な人間関係に不可欠だからです

数字、図形、記憶等、
特定のものばかり強すぎて
コミュニケーションの脳が寄り弁状態であれば
脳全体の領域を増やしながら
配分を整えてあげたほうがいいかもよ、と考えます


知能の凸を使って
コミュニケーションの凹を軽く埋め
凸凹のバランスを整えます
「変だけどいい奴」というラインのバランスを優先する派です

凸凹というのは
筋肉みたいなもので、
きき足だけ鍛えても、パフォーマンスはさほど上がりません

角が取れて小さくまとまる、
変わった子にとってはいい言葉だと思っています
(角をとったほうが、長期的に凸を引き出しやすくなると思います)

羨ましく思いがちな「知的に凸」ですよね、
学校などでも、まさに羨ましがられ妬まれます
嫉妬を避け、周囲の承認欲求を満たす等、
ゲスで高度なライフハックを身に付けないままですと
悪意の標的になり排除されます
自殺リスクが高いのも頷けます


次からは、いわゆる「凸がない」と言われてしまいがちな子達のお話に移っていきます。
自分が一番うるさいくせに「うるさい!!!」
と言い出したり、
耳を塞ぎ辛そうな顔をするお子さんの話、
音に強い子の話です
得意がない?発達凸凹2 騒ぐ子、耳を塞ぐ子 - 「もしかして発達グレー研究所」凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT