「もしかして発達グレー研究所」愛されキャラに育てよう!by QOLT

生きにくい、だけど自力で生きるしかない「もし発」。己を知り、定型を知れば百戦危うからず!

「もしかして発達、の登校渋り」大切なのは居場所と役割

こんにちは、ただのおばちゃんです
昨日は食べ過ぎたので今日は控えます

さて、集団に適応できないお子さんを
お育てのお母様が
心機一転 居場所を変えるかどうか
考える会におじゃましました

不登校にさしかかったもしかして…なお子さんは
渦中にあってストレス大であるため
客観性、社会性が持てません
(中からの修正ができない)

アドバイスも全部叱責に聞こえてしまいますので
耳ごと捨ててしまえとばかり、聞く耳持たず
(外からの修正ができない)

中からの修正もできず
外からの修正もできず
メンテナンスをシャットアウト
成長見込めなくなります

(こうなる前に、保護者の強権発動で
登校登園停止措置をとることを
私はおすすめしています
不定愁訴を伴う欠席開始直後であれば
何らかの改善が期待できます

残念なことに相談のご相談いただくのは
不登校突入後が多いですが…
それでも長期化前であれば手段があります)

メンテナンスをシャットアウトしてしまった
お子さんに対する不登校対応が
注目されています

保護者世代以上の子ども時代には
不登校の解決=元の学校に戻ること、
というのが至上命題とされていましたが
今は違います

学校と一旦、強制的に距離を置くことで
脳の負荷を下げ
次の居場所を設定します
そして、
次の居場所に移籍する前提で
ソーシャルスキルを訓練するというものです

学校、家庭等の集団において、
「やらかす子」
「ダメなやつ」とひとたび認定されると、
そこからの一挙手一投足
「好ましくない」と見なされやすくなります
こうして指摘や注意を受け続けることになります

そこからの
「普通の人」「可もなく不可もなく」まで
評価を上げていくのはものすごく大変です
なぜかというと、
学校には
ストレスにさらされた未熟な人間が
たくさんいるからです
その人たちの多くは
「自分よりだめなやつ」を見つけて
マウントすることで自尊心を保とうと
必死です

集団内で
「だめなやつ」と見なされたお子さんは
ストレスにさらされた未熟な人間を救う人柱という
役割を与えられてしまいがちです
そうして
ストレスにさらされた未熟な人たちの
自尊心を守るための
マウント対象として、ストレスの捌け口として
知らず知らず身を削って 大活躍してしまいます

「見下され役」がお子さんの居場所における
お子さんの「役割」と化してしまうのです

見下す側は
「ダメなやつに
マウント対象という役割を与える役割」という
歪んだ役割を持つことになります

これらの役割は 「好ましくない役割」です

お互いのために サッと終わりにすべきです


サッと終わらせるには

前述した
深刻化前に強制欠席措置と
ホームスクーリングで
次への準備をするのみです

要するに、
・家や寺子屋で勉強し、学力を整える
・1対1、異年齢交流から、社会性を身に付け直す
・心の居場所(適切な人間関係)における、健全な役割を担う


五月雨登校と呼ばれる、
行けたり行けなかったりという登校の仕方は
一番立場を悪くしやすいです
毎晩あるいは毎朝荒れがちです
「登校する気になるのをひたすら待つ」は
集団適応に困難を持つ子どもについては愚策です

集団に馴染めないから休み始めたお子さんは
集団に馴染むためのメンテナンスをしないままでは
自動的に元の集団に戻っていくわけがありません


「好ましくない役割」が終わるまでの
期間を想定して欠席させるか
転籍などを行うかは個々の事情次第ですが
いずれにしても同時進行で
・別の居場所と役割の確保
・次の居場所に向けた社会性の訓練
・学習の補完
を急いでください

もちろん
もしかして発達障害グレー(もし発)でも、
そのストレスのなかでも成長できるタイプなら
長期間居続けたほうが
ストレス耐性にとってプラスです

転籍するか、残るか、
ストレス量、キャパシティ、メリット、デメリットバランスがポイントです
ここでのメリットデメリットに
「せっかく入ったのに、
もったいないなぁと思う気持ち」は
含めない方がよいかなと思います


今後の成長が見込めないお子さんの場合は
「(数年前と比べれば)成長したね」
と言ってもらえる場所として
不登校のまま在籍し続け
つながりを確保しておく方法もありますが
学校よりも地元の習い事のほうが
適当です


もしかして…の場合
場所を切り替えただけでは
自動的に気持ちを切り替えるとは限りません

しかし
場所の切り替えには
人間関係の切り替えが伴います
ゼロまたはせいぜい先入観、第一印象から
新しい人間関係を始められる効果があります
「ドン底役」の場所に戻るよりは転籍
という選択肢があってもよいと思います

もちろん
同じような行動様式のままでは
どこに行っても居場所が見つからないでしょう

社会性の訓練をして
イメージチェンジを受け入れて
他罰的な考え方を矯正するなどして
集団へ戻る準備が必要です


「個性を伸ばす」「ひとりひとりのために」
そんなの綺麗事です
集団は集団です
集団に忠誠を誓った個人は尊重されますが
集団に背を向けたり、
集団を否定し乱す個人を尊重する暇は
残念ながらありません

個人のために存在する集団が必要ならば
喜び組を雇うしかないのです

学校の先生たちのフォローは
依頼すれば必ずなされるものだと
考える方、多いですが
そんなわけはありません

むしろ
和を乱しがちなお子さんについて言えば
先生が配慮をしようとすればするほど
クラスメイトから疎まれるのは自明です
「何あいつ。うぜえ」
「みんなはやってるのに、ずるい」
こういった現象が起こります

先生が
不登校傾向児を庇えば庇うほど
結果的にお子さんは孤立無援になるのです

このように
集団における「合理的配慮」とは
諸刃の剣です
集団にありながら安易に支援を求めると
風当たりが強まりがちです

ですから
集団に完全に合流できるまで
支援はプライベートで行うようにお伝えしています
集団に合流できてからも
集団からはぐれないように
総合的な判断とケア、サポートをしていきましょう


どんなに頑張りやさんで どんなにまわりが改善を約束したとしても
主となる居場所でみそっかす扱いをされるのは
きついものです

思春期を過ぎると
それまで子どもにとって神であり、
友達であり、恋人であり、支援者であった親が
その役割を担えなくなってしまいます
そんなときは 温かい家庭さえも
居場所としては物足りないものとなります

家庭以外に
尊重しあえる人(精神的な居場所)が必要です
理解ある親戚を家に呼ぶのもいいですね
理解者がいると、
なにかを乗り越えるとき、踏ん張るときの
心の力になります


人間嫌いに見えても
人間をはじめとした
感情を持つ生物との関わりにこそ
心の居場所があると考えています

心の居場所と、
生きる役割を見出だす方法を身に付ければ
人生の荒波も乗り越えられると思います

愛されキャラは
心の居場所と役割が見つけやすいです
愛嬌があれば
人を和ませるという役割が
自動的に転がり込んで来ます

このブログでは
愛されキャラ、愛嬌を引き出す関わりを
おすすめしています


ランキングに参加してみました。
すごいブログがたくさんあり参考になります
おすすめはスカイさんです 蓄積された知恵の数々、素晴らしい
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村