「もしかして発達グレー研究所」 凸凹ハートの幸せを考えるブログ by QOLT

なじめない、生きにくい。そんな子達の青い鳥ドコー?志村!後ろ後ろ!

不登校生活の苦しさ

自分が不登校になるまで、
不登校ってなんだか羨ましかった。
ちょっとずるいなって思ったりもした。
たまに来ると、いいとこ取りしていくし。
図工しか、出なかったり。
保健室の先生と、やけに仲良くしてたり。

なってみると、マジで辛い。
不登校の子たち、今までごめん、って言いたくなった。

家から出られない。
習い事も、塾も、コンビニも、図書館も行けない。
テレビも、つまらない友達ごっこと、強者が煽動する集団いじめを思い出させるものばかりだ。

本を読みたい。


広告


授業のある時間なら、「学校、ないの?」と聞かれるし
授業が終わってる時間なら、クラスメイトに会ってしまう。
無視されたら透明になるし、
「待ってるよ」と言われたら、居なくても平気なくせに、って。
その優しさを素直に受け止められない自分が嫌になる。
本を読みたい。癒してくれる本を。
でも図書館に行く途中、
あのおしゃべりなおばさんに会ってしまったら。
そう思うと、図書館にも行きたくなくなる。


広告


お年玉貯めたから、現金はある。
でも、使いに行けない。

おじさんがクリスマスにって、くれたギフト券
「味気ないかな、ごめんね!」
ってメールといっしょに来た。

返信で
「自分で味付けできるから嬉しい」とだけ書いた。

すごく嬉しかったのに、
それこそ味気ない返事だったかもしれないと後悔したけど、
おじさんは、らしくていい、と笑っていたそうだ。


らしくていい。か。久しぶりに深呼吸できた気がした。


さらっと贈れる大人になりたかったな。
学校、ドロップアウトしちゃったから、もう無理だろうけど。
と呟いたら
「そんなことないよ!」と言ってくれる人はいる。

でも、全然嬉しくない。

未来なんてわからないくせに、無責任だよな、って思ってしまう。



広告
優しさを受け取れない。

そんな自分にまたがっかりだ。


本を読みたい。
でも本はもう、読ませに来てくれない。
何を読んでも、「お前はダメだ」と言われてる気しかしないんだ。

なにがなんだかわからなくなって、自分は今日もゲームに浸る。
否定せずに相手してくれるのは、ゲームだけだから。